風邪の時にレッドブルを飲むべきか?そのメリットとデメリット

栄養ドリンクを飲む男

風邪の際にレッドブルを飲むことにはメリットとデメリットがあります。レッドブルは覚醒効果がありますので、「風邪でも無理ができる」と言うメリットがある一方、風の回復を送らせてしまうというデメリットがあります。

スポンサーリンク

レッドブル・世界でもっとも売れているエナジードリンク

元気な男

栄養ドリンク・エナジードリンクが流行しています。忙しいビジネスマンを中心に様々なニーズに沿った栄養ドリンクが開発・販売され、利用されていますが、近時、世界でもっとも売れていると言われるエナジードリンクがレッドブルです。レッドブルは世界で52億本を売り上げたと言われます。

レッドブルはオーストリアのRed Bull GmbHという会社が販売元であり、世界中で愛飲されています。

レッドブルは、非常に気持ちを「シャッキリ」させるエナジードリンクであり、仕事や勉強、研究などに集中したいときなどに非常に適していると言われます。最近はどこのコンビニエンスストアでも常備されており、275円のものと200円のものがあり(2013年末現在)それぞれサイズが違います。また、シュガー入りとノンシュガーのものとがあります。レッドブルに刺激されてか類似のエナジードリンクも多数販売されている傾向にあります。

このようなレッドブルですが、風邪の際にレッドブルを飲むということはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

風邪の際にレッドブルを飲むことのメリット

まず、風邪の際にレッドブルを飲むことがお勧めできる場合としては、風邪でも仕事や勉強に集中しなければならない時です。例えば、風邪でも人前でスピーチやプレゼンをしなければならないとき、風邪でも大切な試験がありどうしても集中しなければならないとき、などはレッドブルを使用することをおすすめすることができます。

レッドブルに含まれるカフェインはコーヒー1杯分と言われ、覚醒効果があります。風邪の際に、頭がぼんやりしてしまうことに対抗することができます。

また、アルギニンという成分は、食事に匹敵するエネルギーが含まれていますので、レッドブルを飲むことで栄養も確保することができます。

つまり、風邪の際にレッドブルを飲むことで無理をすることができるというメリットを期待することができます。

風邪でもどうしても休むわけなにはいかないという場合には、レッドブルを利用するメリットは高いということができます。

風邪の際にレッドブルを飲むことのデメリット

風邪の際にレッドブルを飲むことのメリットはそのままデメリットともなりえます。つまり、レッドブルに含まれるカフェインは脳を覚醒して、眠ることができなくなります。

風邪の際には、栄養を取って深く眠ること、休むことが必要不可欠ですが、その休むこと、眠ることがレッドブルを飲むことでなかなかできなくなってしまいます。

そのため、風邪の際にレッドブルを飲むことは風邪の回復を送らせてしまうことにつながります。これが風邪の際にレッドブルを飲むことのデメリットということができます。

確かにレッドブルはエナジードリンクとして大変有名ですので風邪に対しても効果があるように感じられます。しかし、レッドブルは風邪の際の治療・回復はそもそも念頭においていないということができるでしょう。このことはレッドブルのホームページにおいて、FAQに、風邪の際の服用を念頭に置いた記載がないことなどからも推測することができるということができます。

風邪の際にはじっくりと休んで体の自然治癒力によって風邪を回復することが何よりも大切です。この点からすれば、風邪の際にレッドブルを飲むということはよほど無理をしなければならない場合を除いては控えたほうが良いということができるでしょう。

なお、レッドブルは、コーヒーと同じ成分であることに着目して、1日5本以上飲むことは健康に良くないことを示唆しています。著者自身の経験としてどうしても無理をするために1日に3本程度レッドブルを飲んだことがありますが、少し気分が悪くなってしまった気がします。

1日1本から2本程度が良いのではないかと個人的な感想としては感じるところです。

レッドブルエナジードリンク 250ml×24本
レッドブル・ジャパン
売り上げランキング: 137

まとめ:風邪の際にレッドブルを飲むことメリットとデメリット

以上、本文で述べました風邪の際にレッドブルを飲むことのメリットとデメリットをまとめますと以下のようになります。

  • レッドブルは世界で52億本飲まれているエナジードリンクですが、風邪の際に飲む際には注意が必要です。
  • レッドブルを風邪の際に飲むことのメリットとしては、カフェインによる覚醒効果やアルギニンによる栄養効果で「無理をすることができる」ということを挙げることができます
  • 一方で、レッドブルを風邪の際に飲むことのデメリットは、カフェインにより深く眠ることができずに、風邪の回復を遅らせてしまうことを挙げることができます。そもそもレッドブルは風邪の際の服用を前提としていないということができると言えます。

エナジードリンクは大変便利ですが、一方で体に無理をさせてしまうというデメリットもあります。風邪の際にはレッドブルを含めたエナジードリンクは控えられて、しっかりと休むことがもっとも大切といえます。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment