ヒートショックプロテイン入浴法で風邪予防

眠れない女性

風邪予防の方法には、うがい・手洗いや免疫力アップの食事を摂るなどが言われています。テレビの情報番組で、入浴法を工夫するだけで風邪予防ができるということが紹介されていました。それは、人の体内にある「ヒートショックプロテイン」を生かした方法です。入浴の仕方やタイミングなどによっては、湯冷めして風邪をひいてしまうこともありますので、風邪予防に効果のある入浴方法でお風呂に入りたいものです。

そこで、風邪予防に効果のある、ヒートショックプロテインを生かした入浴方法を紹介します。入浴の際に実践してみてください。

スポンサーリンク

ヒートショックプロテインとは?

風邪の女性

ヒートショックプロテイン(HSP)は、ヒート(熱)というショック(刺激)を加えることで増加するプロテイン(たんぱく質)のことです。これは、人間だけでなく、ほとんどの生物の細胞内に存在しており、さまざまな外的要因によって傷ついた細胞内のタンパク質を修復するという働きがあります。

風邪をひくと、体内のタンパク質がウイルスなどによって傷つけられ変化してしまうのですが、ヒートショックプロテインは、傷ついたタンパク質を正常な形に戻すことで健康な状態に回復させてくれます。また、ヒートショックプロテインは風邪のウイルスを撃退する免疫細胞を活性化させる働きもありますので、風邪予防にも効果が期待できます。風邪のウイルスが体内のタンパク質にダメージを与えても、ヒートショックプロテインがすぐに修復してくれますので、早めの回復が見込めるということなのです。

ヒートショックプロテイン入浴法の効果

ヒートショックプロテインはもともと体内に存在しているものですが、加齢に伴って減少していきます。また、傷ついたたんぱく質があれば、より多くのヒートショックプロテインが必要になります。そのため、体内に常に多くのヒートショックプロテインがあると、治癒力が高まり、風邪予防になります。

ヒートショックプロテインを増やすためには、加圧や低酸素など体に少しストレスをかけるといいと言われています。その中でも手軽にできて、一番効果的なのが体を温めることです。つまり、入浴をすることなのです。もっと効果的にヒートショックプロテインを増やす方法として、「ヒートショックプロテイン入浴法」があります。

ヒートショックプロテイン入浴法の効果としては、免疫力アップが挙げられます。体を温めることで、リンパ球が増えます。リンパには免疫増強効果があり、風邪のウイルスなどに感染しにくくなります。また、治癒力も高まります。

風邪予防の他にも、美肌や疲労緩和、運動能力の向上、行動力アップなどの効果もあります。

ヒートショックプロテイン入浴法の準備と方法

ヒートショックプロテイン入浴法を行う前の準備として、体温を数回測り、自分の平熱を確認しておきましょう。入浴中も体温を測るとより効果的です。また、入浴の前には水分補給をしておきましょう。

方法については、まず、40℃の湯なら20分、41℃の湯なら15分、42℃の湯なら10分湯船に浸かります。お風呂のふたを使って首まで覆い、入浴中のお湯の温度が下がらないようにします。体温は38℃が理想的です。

次に、入浴後は上がった体温を維持するようにします。タオルケットやバスローブなどで10~20分保温します。この時に冷たい飲み物を飲まないようにしましょう。

保温の時間が終わったら、自然に体温を戻します。この時には冷たい飲み物を飲んでも大丈夫です。

入浴時間は合計でも有効です。途中で湯船から出て休憩してもいいです。ただし、体温が下がらないように気をつけましょう。

ヒートショックプロテインの効果が最大に現れるのは、入浴法を実行してから2日後と言われています。週2回行うのが理想です。即効性があるものではないので、長く続けることで少しずつ免疫力アップしていきます。

また、長く続けていくと耐性ができてきますので、思うように体温が上がらないなどということがあります。効果の薄さを感じた時は、ヒートショックプロテイン入浴法を1~2週間くらい休んでください。

ヒートショックプロテイン 加温健康法
伊藤 要子
法研
売り上げランキング: 43,411

まとめ:ヒートショックプロテイン入浴法で免疫力を高めて、風邪予防をしよう

体内にある熱ショックタンパク質であるヒートショックプロテインを生かして風邪予防をする方法があります。それが、「ヒートショックプロテイン入浴法」です。ヒートショックプロテインの熱のショックを与えることで増えるタンパク質で、傷ついたたんぱく質を修復するという特徴を生かし、入浴で熱によるショックを与えるという方法が風邪予防に効果があると注目されています。

入浴法としては、40~42℃の熱めのお湯に決まった時間入り、その後10~20分体温が下がらないように体を保温するというものです。

体の免疫機能を高めて、風邪予防をしましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment