風邪のキツさを軽くするプリンの効果

広告ロゴ
プリン

普段の生活の中の、ちょっとした油断をつかれてひいてしまうのが、風邪。学校や職場、家の中の仕事に支障が出たり、他の人にうつさないか気を使ったり、症状は軽くても気が重たくなるものです。

特に体が弱っているときに風邪をひくと、熱が出て食欲も落ちて寝込んでしまう事もあります。

昔は「風邪は食い負かせ」といって栄養のあるものをたっぷり摂る事が大事とされてきましたが現代ではどうでしょう?

実は現代の風邪対策、一番効くのは、美味しいものを少しだけ食べて気持ちをラクに過ごす!事だったりします。今回はその、気持ちをラクにする過ごし方の中でも定番の、「プリンを食べる」をご案内します。

スポンサーリンク

-風邪はどうして起こるの?どう治すの?-

考える

最初に風邪の仕組みをおさらいしましょう。風邪は鼻や喉の上気道が微生物(主にウィルス)に感染されて起こります。このウィルスを熱で撃退しようとして喉や鼻粘膜が腫れたり、体温が上がったりするのが風邪の症状です。

市販の風邪薬は、この腫れや発熱を日常生活に支障のないレベルまで下げる効用があります。ウィルスに直接効いている訳ではありません。ウィルスを撃退するのは、最終的に自分が持つ自然治癒力。免疫酵素の働きとなります。

自然治癒力を高めるためには、まずは体力が必要です。昔々は栄養が不十分な時代も長く続いて「風邪は食い負かせ」と栄養第一の食事が良いとされていました。しかし現代では風邪に負けるほどの栄養不足を起こしている人は稀です。

現代では、その人が本来もつ抵抗力を損なわない様(体内にある免疫酵素が十分働く様)、消化の良いものを摂りながら十分な水分補給をする事が大切と言われています。

風邪を撃退する体内の酵素は、普段消化酵素として主におなかの中にいます。風邪をひいたから、と栄養価があまり高いものを摂りすぎては、食べたものを消化するために消化酵素の働きが必要になり、かえって免疫酵素の働きをジャマする事さえあるからです。
(難しく言わなくても、風邪のときにこってりしたモノは欲しくなくなりますよね)

風邪の時には日ごろ以上に栄養価の高いものを探すのではなく、消化の良いもの、自分が食べやすいものを少し摂りながら安静にする方が適切です。

どうしてプリンは風邪のときの定番ごちそうなの?

風邪をひいた時に食べたいものは?という質問で、必ず上位に来るのがプリン。どうしてでしょう?

実はこんな理由があります。

  • 冷たくて、食べるときに喉の炎症を抑えてくれる
  • 柔らかいので、飲み込む時に痛みが少ない
  • 一食あたりが少量なので消化の負担も少ない
  • そして、美味しいから!

プリンが嬉しい理由

特に喉の痛みがある風邪の時に食べたくなる食品のほとんどは、冷たくて、柔らかいもので小さいもの、に限られてくると思います。その中でもプリンは味もしっかりついているので、特に嬉しい一品なのでしょう。

風邪のときにオススメのプリン

小さいお子さんが風邪で寝込んでしまっているときや、大人の人でも家で1人寝込んでいる時、プリンは嬉しい栄養補給食です。

お薬ではないので鎮痛や解熱作用のあるプリン、というのはありませんが、風邪の時に食べると嬉しいプリンをいくつかご紹介します。

  • カスタードプリン: 定番です。玉子と牛乳と砂糖で作るので少量でも栄養十分。よく冷やしてゆっくり食べると喉にもやさしいです。
  • 豆乳プリン: 牛乳よりも、さらに消化の良い豆乳を使ったプリン。市販品もありますし、ご家庭なら少しのゼラチンを加えることで上手に仕上がります。
  • マシュマロプリン: 全卵の代わりに水で溶かしたマシュマロ(白身)を使います。固まりにくいので、ふわふわのままどうぞ。喉に優しいですよ。
  • ブラジルプリン: ちょっと体力ある人向け。砂糖の代わりにコンデンスミルクを使います。よく冷やして、こってりしたのを少しだけどうぞ。
  • バナナプリン: 牛乳とバナナと生クリーム、そして少しのゼラチンでプリンっぽい食感に仕上げます。バナナはとても消化がよい果物です。

風邪の時のプリンは元気の素です

風邪の時のプリンは、飲み込みやすくて喉を冷やしてくれ、気持ちも嬉しくなる「元気を湧かせるためのたべもの」です。どうぞお好みで、お好きな味のプリンを少しだけ、ゆっくりと食べてください。

とろけるプリンとなめらかレアチーズ 6号
中島大祥堂
売り上げランキング: 2,283

まとめ:風邪退治の応援食にもプリンをどうぞ!

風邪をひいた時にプリンってよく言われますが、体に負担はかからないの?風邪に効果はあるの?お子さんに与えていいの?お土産に選んでいいの?

考え始めると、ちょっと気になる話題ですよね。でも基本を忘れなければ大丈夫。安心してプリンを選んでください。

風邪は、自分の力で治すもの。風邪薬は症状を抑えるだけです。自分の力を発揮するのに大切なのは3つ。発熱に伴う水分補給と、大丈夫だよ。という元気。そして安静です。

お見舞いする相手の方にも、そして自分自身が風邪をひいたときも。プリンでも食べて元気だすか!と思って、お好きな味のとびきり美味しいプリンを、よく冷やして少しだけどうぞ。

そして声にだして伝えてください。「どうぞ、お大事に」

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。