風邪をひいているときに、お酒が絶対にダメな3つの理由

風邪の女性

眠れない時に眠気を誘う、消毒や解毒のイメージもあるお酒。しかし、風邪の治療にお酒は効果はありません。

なぜなら、お酒を飲むと免疫力を低下させたり、水分不足に陥ったり、深い睡眠をえられなくなってしまうからです。

お酒は肝臓をはじめとして、内蔵を酷使します。また水分補給どころか、脱水症状に陥ることもあります。

お酒には、解毒や入眠に効果があるので風邪を治療するのに役立つ、というのは根拠の無い迷信のようなものです。お酒に頼る以前に、効果自体がありませんので、成功法で治しましょう。

スポンサーリンク

風邪をひいている時に、お酒がダメな理由

お酒を飲むことで、風邪が回復に向かうどころか、様々な害悪を生じさせてしまいます。その大きな要因は、下記の3つが挙げられます。

お酒が引き起こす弊害
  • 免疫力の低下
  • 水分不足
  • 不眠状態に陥る

以下で各項目を説明していきます。

影響その1:免疫力の低下

当然のことながら、風邪の最中は、免疫力が低下しています。免疫は様々な臓器から作られます。お酒は当然にアルコールが含まれ、その分解には肝臓を酷使します。ただでさえ免疫力が低下しているのに、アルコールの分解で臓器に負担をかければ、免疫力の回復は後回しになってしまいます。

影響その2:水分不足

風邪の女性

風邪をひいたときには、汗をよくかきます。そのため、水分をよく摂るようにと言われます。アルコールも水分なので、水分補給という名目で風邪の時にアルコールも効果的だと思われるかもしれません。

しかしそれは、ビールをはじめとするアルコールには利尿作用があり、全くの逆効果となります。また、アルコールの分解には水が必要となります。水分補給どころか、アルコールは体の水分を奪ってしまうことになります。

影響その3:睡眠の質の低下

普段からお酒の力をかりて寝酒をする人に多いかもしれません。風邪をひいたときは、アルコールを飲んで早く寝てしまおう、と思われるかもしれません。しかしアルコールは、入眠を早める効果はある程度ありますが、深い眠りを得られにくくなります。つまり、質の良い睡眠を取る助けにはなりません。アルコールは眠たくはしてくれるかもしれませんが、数時間後に体に対して覚醒作用も働くといわれています。なので、アルコールを飲んで寝たとしても、質の良い睡眠は得ることはできないのです。

これでは風邪をひいたときに悪影響になります。良い睡眠は免疫力回復に役立っているからです。風邪の時にアルコールを飲むだけでも免疫力が低下しますが、それに加えて睡眠による免疫力回復も出来なくなってしまうのです。

一生風邪をひかない体のつくり方 (知的生きかた文庫)
村上 一裕
三笠書房
売り上げランキング: 68,216

まとめ

風邪の時に、お酒がよくないことについて説明してきました。
もう一度、その理由3つをまとめておきましょう。

風邪を引いている時に、お酒がダメな理由
  • 免疫力の低下を招く
  • 水分不足に陥る
  • 安定した深い睡眠を得られなくなる

水分としてお酒を飲む人、睡眠のためにお酒を飲む人、案外多いかもしれません。しかし、単純に水分として機能はしてくれませんし、お酒の力で寝ることができたとしても、その内容は本来の睡眠ではありません。

お酒に頼らない治療を心がけて、治していきましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment