お腹の風邪?風邪の症状とお腹の不調が重なったときの対処法

風邪をひいた女性

お腹の調子が悪い、寒気がするなどの「お腹の風邪」。普通の風邪と何が違うのでしょうか。

お腹の風邪とは、医学的には「感染性胃腸炎」を指し、通常言われている風邪とは別のものなのです。

お腹の風邪の原因やメカニズムを理解せずに、ただ薬を飲んで栄養を摂るだけでは適当な対処とはいえません。メカニズムに基づき適切な処置をすることが、お腹の風邪の早期治療に結びつくのです。

そこで、本記事では、お腹の風邪と普通の風邪の違いや、お腹の風邪の対処方法についてご紹介していきます。身近にお腹の風邪をひいている人がいるという方や、お腹の風邪にかかりやすい方は、ぜひ本記事を参考に、お腹の風邪のひきにくい対処をしていきましょう。

スポンサーリンク

お腹の風邪と普通の風邪の違いとは

腹を出して寝る猫

医学上の風邪は「ウイルスなどの感染による上気道の炎症」と定義されています。つまり、「風邪」はのどや鼻などの呼吸器に炎症を伴うものとされ、「お腹の風邪」といったものは存在しません。

ではなぜ胃腸の不快な症状を「お腹の風邪」と呼ぶのでしょうか。風邪もお腹の風邪も「ウイルスなどによる感染」「他者に感染する」という部分が大変似通っており、似た症状が現れることもあるため、便宜上「お腹の風邪」と呼んでいるのです。

このお腹の風邪は、医学的には「感染性胃腸炎」に分類されるもので、ウイルスなどの経口感染で起こり、下痢・嘔吐・腹痛・発熱などの症状が現れることが特徴です。

お腹の風邪:感染性胃腸炎とは

感染性胃腸炎の原因は、細菌、ウイルスなど様々な原因がありますが、こちらではよく確認される細菌性胃腸炎とウイルス性胃腸炎の2つをそれぞれご紹介していきたいと思います。

細菌性胃腸炎とは

主に夏に多く、「食中毒」と言われることもある、細菌による胃腸炎です。感染後1日以上経ってから起こりやすく、下痢、腹痛の症状が現れ、重症化すると発熱や血便、意識障害が現れることもあります。この細菌性胃腸炎は他者に感染するものと感染しないものの2つにわけられます。

他者に感染する細菌性胃腸炎

  • サルモネラ菌:主に加熱不足の卵、肉、魚、から感染する。発熱(40度を超えることも)、嘔吐、腹痛、下痢がおこる。症状は酷く、強い腹痛が繰り返し現れ、血便や水様便が認められることも。
  • 腸管出血性病原性大腸菌(O-157など):主に糞便などに汚染された食肉や水から感染。腹痛、嘔吐、下痢、発熱、鮮血色の血便が認められる。
  • 腸炎ビブリオ:主に魚介や刺身から感染。腹部不快感、激しい下痢(血便)、嘔吐、腹痛がおこるが、2日ほどで症状が治まりやすい。
  • カンピロバクター:主に鶏、生レバーから感染。腹痛、血便、発熱、筋肉痛、だるさが現れやすく、風邪と間違われやすい。1週間程度で症状がおさまることがほとんど。

こちらの中には細菌が増殖して症状を引き起こすものと、体内の細菌が毒素を出し症状を引き起こすものがありますが、どちらも細菌が体内に侵入することで症状がおこるため、消毒や手洗いなどで直接の接触は避けましょう。

他者に感染しない細菌性胃腸炎

  • 黄色ブドウ球菌:主に弁当、調理パンなどから感染。吐き気、嘔吐、腹痛、下痢が認められる。
  • セレウス菌:主に米や麺類から感染。腹痛に加え、嘔吐、下痢どちらかの症状がおこる。症状は軽く、2日程度で自然回復する。
  • ウェルシュ菌:主にカレーなどの加熱調理食品から感染。熱はなく、腹痛、下痢、嘔吐が認められる。2日程度で症状は治まる。
  • ボツリヌス菌:主に発酵食品やレトルト食品などから感染。めまい、頭痛、言語障害、呼吸困難、視力低下などの症状がおこる。毒性が強く、早期の対処が望ましい。

他者に感染しない細菌性胃腸炎は、細菌が出す毒素を口にいれることにより起こります。同じものを摂取しない限り、感染はしないのが特徴です。

ウイルス性胃腸炎

冬から春にかけて多くみられ、主に「お腹の風邪」といわれる、ウイルスが原因の胃腸炎です。腹痛、下痢、嘔吐、発熱、関節痛などが現れます。人から人へ感染することが多く、集団生活では注意が必要な胃腸炎です。

主なウイルス性胃腸炎には、ノロウイルスやロタウイルスなどがあります。

  • ノロウイルス:乳幼児~成人まで幅広く発症する。カキなどの生の海産物から感染する。嘔吐、発熱、下痢などの強い症状と風邪のような症状が現れる。ウイルスの感染力は強く、海産物を取っていなくても人からうつる場合もあり、近年は毎年冬に流行している。感染予防が重要。
  • ロタウイルス:主に乳幼児に発症がみられ、大人は感染しても比較的症状が軽い。感染者の便や唾液などから感染する。嘔吐、腹痛、発熱、激しい下痢のため脱水症状がみられやすく、白っぽい便が出るのが特徴。冬から春におこりやすい。

これらのウイルス性胃腸炎は感染力が強く、ウイルスがついたタオルや感染者がさわったものでも感染源になります。こまめな手洗いで予防しましょう。

お腹の風邪:感染性胃腸炎を防ぐには

お腹の風邪はどのように予防し、治療していけばいいのでしょうか。

予防法を下記に記しました。

  • 調理器具を清潔にする
  • 調理の際は、しっかりと加熱する
  • 手洗い、うがいをこまめにする
  • 感染者の周囲や触れたものは直接触らない

もし、ウイルス性胃腸炎の感染者が身近におり、どうしても触れなくてはならない場合は、塩素系漂白剤を薄めたものでふき取り、廃棄をします(もしくは塩素系漂白剤につけ置き洗い)。触れたあとは、十分な手洗いやうがいをしましょう。

治療法には下記のようなものがあります。

  • 病院に行き、細菌性胃腸炎の場合は抗生剤を処方してもらう
  • 下痢止めは極力使わない
  • 様子をみて、水分が取れそうなら経口保水液などで水分摂取を心がける
  • 吐き気、嘔吐、下痢の症状があるときは無理に食事をしない

ウイルス性胃腸炎には特効薬はありませんが、もし症状が辛いようなら、漢方薬などを使って症状の緩和をはかるのもいいでしょう。症状が重くなるようであれば、肺炎などの二次感染の危険もあるため、病院へ行き診察を受けましょう。

ゲルマ・ウェーブパワフル腹巻 男性用
コモライフ
売り上げランキング: 4,195

まとめ:お腹の風邪にはご注意を

ここまででお腹の風邪と普通の風邪の違いや対処方法についてご紹介してきました。お腹の風邪は感染性胃腸炎と呼ばれ、風邪とは違う対処をしなくてはならないことがわかりました。

お腹の風邪はじっとしていることもできず、辛いものです。ぜひ本記事を活用して、感染性胃腸炎の予防と治療に心がけましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment