風邪の治療にお灸をするときに効果のあるツボ

マッサージ機

お灸とは、温熱によってツボを刺激して血行をよくし、体を温めて人間が本来持っている自然治癒力を高めて健康をサポートするものです。お灸は専門の先生に行ってもらうもので難しそうなイメージがあるかもしれませんが、ツボややり方が分かれば誰でも簡単にできます。

体の自然治癒力を高めるということなので、内服液のように無理に症状を抑えるものではなく、自分の免疫力を引き出して病気を治すことができます。そのため、薬が苦手な方でも薬を飲まずして自分の自然治癒力で病を治すことができます。

風邪に効果のあるつぼにお灸をすれば、風邪の症状を和らげたり、治したりすることができます。そこで、風邪の治療にお灸を用いる際に効果的なツボを紹介します。お灸をするときの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

①風池(ふうち)

風邪の女性

風池のツボは、頭を支える太い2本の筋肉の生え際のあたりにあります。これは、風邪のツボと呼ばれており、熱っぽかったり、咳が出たりするという風邪の症状に効きます。目や鼻、耳、頭痛にも効果的です。

②合谷(ごうこく)

合谷のツボは、手の甲を上にして親指と人差し指の間のくぼみを押さえ、少し痛みがあって気持ちいいところです。これは、風邪のひきはじめに効果がありますが、この他にも肩こりやストレス、目や鼻、歯の痛みなど、首から上の症状にも効果的で、万能のツボと呼ばれています。

お灸初心者の方は、合谷のツボで試してみるのがおすすめです。

③足三里(あしさんり)

足三里のツボは、膝のお皿の下のくぼみから指4本分下に下がった向こうずねの外側にあります。これは病気予防や体力増強に効果がありますので、風邪予防をしたいときにお灸をしてみてください。

④中府(ちゅうふ)

中府のツボは、鎖骨の外側の下約3cmのところにあります。大胸筋の上端とも言えます。風邪をひいたり咳をしていたりしていると、よく痛みが出るツボです。このツボをほぐすと風邪の症状がだんだん治まっていきます。

⑤尺沢(しゃくたく)

尺沢のツボは、ひじを伸ばした時にできるひじの内側中央のくぼみから外側に1~2cmの場所にあります。風邪をひいているときは、必ず固い圧痛が出ますので、このツボも丁寧にもみほぐすと風邪の症状が次第に軽くなっていきます。

その他の風邪に効くツボ

風邪をひいて胃腸の調子が悪くなったり、手足が冷たくなったりした場合には、手三里(てさんり)や三陰交(さんいんこう)などのツボにお灸すると、風邪の症状が治まり、体がぽかぽか温まってきます。手三里はひじの内側から指2本分くらい手のひら方向にあります。三陰交は、くるぶしから指4本分くらい上のあたりにあります。

また、風邪が体の奥にまで入り込んでひどくなっているときには、背中の肺兪(はいゆ)や大杼(だいじょ)というツボに圧痛が出てきます。これらのツボにお灸をすると呼吸が楽になって血のめぐりもよくなり、体の状態がよくなります。

ツボの見つけ方

ツボの位置にも個人差がありますので、ツボの位置を説明してきましたがこれはあくまでも目安であり、だいたいの場所と考えてください。ツボにはいくつか特徴があります。

・他の場所よりも冷えていたり、ほてっていたりする。
・皮膚の色がその部分だけ白っぽかったり、赤かったり、黒っぽかったりと色が違う。
・押してみると痛かったり、小さな硬いしこりのようなものがあったり、へこんでいたりする。
・周りよりもカサカサしていたり、ざらついていたりして滑らかでない。

これらの特徴も手掛かりにツボを探してみてください。

お灸をするときの注意点

お灸のやり方としては、千年灸などを一か所あたり1~2個すえましょう。裏紙をはがして火をつければ、ツボの上に乗せるだけでお灸ができますので非常に簡単です。

お灸をするときの注意点もあります。できるだけ入浴する時間から離して据えるようにします。入浴の前後すぐは、皮膚が柔らかくなっていて、すえた部分に水ぶくれができることもあります。

もし、お灸をすえて水ぶくれができてしまったら、水ぶくれを破らないようにしてバンドエイドなどで患部をカバーしましょう。だいたい3~7日間で治ります。

また、背中など手の届きにくいツボにお灸をする場合には、火を使わないお灸や棒温灸で行うとやりやすいです。

経絡・ツボの教科書
経絡・ツボの教科書
posted with amazlet at 14.01.11
兵頭 明
新星出版社
売り上げランキング: 55,658

まとめ:お灸でツボを刺激して風邪を治そう

お灸は、ツボを温めて刺激し、人間が本来持っている自然治癒力を高めるものです。これは風邪の治療にも有効であり、体中にいくつも風邪に効くツボがあります。それらのツボにお灸をすえることで、風邪の症状が和らいだり、よくなったりします。

入浴の前後は避けて行い、もし水ぶくれができてしまっても患部を破らずにバンドエイドなどでカバーするようにしましょう。初心者でも使いやすい火を使わないお灸もありますので、やりやすい方法でお灸の治療を行ってみましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment