風邪の時におすすめのおかゆの効能とおいしい食べ方

おかゆ

風邪の際には、おかゆが消化、栄養摂取などの観点から非常に良いものとしておすすめすることができます。風邪の際、おかゆを作るにあたっては、炊き上がっているご飯を利用することが簡単におかゆを作ることができます。また、おかゆと一緒にビタミンCと水分も摂るようにしましょう。

スポンサーリンク

風邪の時にはおかゆを食べたい

風邪の女性

風邪をひいてしまったら食事はおかゆが良いと言われます。おかゆは柔らかいため消化に良く、しかも水分が豊富ですので、風邪の体をうるおしてくれます。お腹の調子が良くない時でもおかゆであれば栄養を摂りつつ、胃に負担がかかることを避けることができます。
そのため、風邪をひいてしまったときはおかゆは非常におすすめできる食事ということができます。

もちろん、風邪の際に健康に良い食事はおかゆだけではありません。おかゆ以外にも風邪の時には、煮込みうどんやたまご酒、ポカリスエットやみかんなどが健康に良くこれらのものを体調や好みに合わせて摂られるのが良いでしょう。いずれも、消化、栄養分、水分、ビタミンCなど風邪の治癒には欠かすことができない食べ物です。

ただ、どのような方でも共通しておすすめすることができる風邪の際の食事として、本稿ではおかゆの簡単なつくり方・おかゆに良いトッピングなどをご紹介します。

風邪の際のおかゆの簡単な作り方

おかゆの簡単な作り方としては、まず、炊きあがったご飯・ご飯の2倍から3倍の量の水を用意します。そして鍋(なるべく厚手のもの)にご飯と水を入れて、コトコトと煮ます。
はじめは強火で煮て、沸騰してきた後は、弱火で20分程度煮続けます。吹きこぼれないように見ていなければなりませんので、風邪の際にご自身で調理される際などには暖かい格好で調理をされるようにしてください。20分程度煮込むとお米がとけた感じとなりいかにも「おかゆらしい」感じとなってきます。

お米が溶けて、おかゆが出来上がった感じになったら、火を止めます。火を止めたらお粥を蒸らすためにふたを乗せたまま5分程度放置します。そして最後に塩などで味付けをしておかゆの完成となります。これが炊き上がっているご飯を利用したお粥の作り方となります。もちろん冷えてしまったご飯などを利用されてもおいしいおかゆとなります。

もちろん、おかゆはおこめからでも作ることもできますが、風邪の際にはあまり手をかけておかゆを作っていますと、体調が悪化してしまうこともありえますので、炊き上がっているご飯からおかゆを作られたほうが良いということができます。

仮に、おこめからおかゆを作られる場合には、おこめを1、水を6~10程度の割合でといで1時間程度、そのまま水につけておきます。その後、弱火で1時間程度煮て調理をします。おこめからおかゆを作る場合には、手間ひまと時間がかかってしまいますので、風邪の際には、おかゆは炊き上がっているご飯を利用される方がスピーディにおかゆを作ることができます。

おすすめできるおかゆのトッピングと合わせて摂りたいもの

風邪の際に食べるおかゆの味付けとしては、塩で味付けをしてお好みの味で召しあがれば良いということができます。ただ、塩味だけでは少しさみしいという感じもしますし、風邪の治癒のために効果があるトッピングをすることがよりおすすめできます。

風邪の治癒のためにおすすめすることができるおかゆのトッピングとしては、例えば、玉子を入れることがおすすめです。たまごは大変栄養価が高いので、風邪の際には「もってこい」のトッピングということができます。温泉たまごをおかゆに入れることも栄養価が高くなり、風邪の治癒に効果的です。

その他には、にんにくみそ、もずく、うめぼしなどがスタミナをつけるとともにおかゆの味を大きく引き立てます。

また、おかゆとともに、風邪の際に摂ることがおすすめできるのが、みかんとポカリスエットです。つまり、ビタミンCと水分です。風邪の際には、ビタミンCをとることで回復が早くなるとともに、風邪の悪化を防止します。また、水分を摂ることで新陳代謝を促し風邪を早く治すことにつながります。

そして風邪の際、もっとも重要なことは十分な睡眠をとられることです。睡眠中、脳と体が休息をとり風邪からの回復を早めることになります。風邪の際にはおかゆとビタミンC、水分をとってゆっくりと休むことが早めの回復の為には何よりも重要ということができます。

味の素 玉子がゆ 250g×9個
味の素
売り上げランキング: 1,000

まとめ:風邪の際におすすめできるおかゆのつくり方・食べ方など

以上、本文で述べました風邪の際に食べることがおすすめできるおかゆの作り方のポイントなどをまとめますと以下のようになります。

  • 風邪の際には、おかゆを食べることが消化促進・栄養と水分の摂取のために効果的です。
  • 風邪の際におかゆを作られるにあたっては、おこめからおかゆを作るよりも炊きあがったご飯を利用して作るほうが簡便につくることができますのでおすすめできます。
  • 風邪の際には、お粥と一緒にみかんやポカリスエットなどを摂りましょう。つまり、ビタミンCと水分をしっかりと摂ることが早めの風邪からの回復には欠かすことができません。その上でしっかりと睡眠をとられることが大切です

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment