風邪を引いている時、お風呂に入るべきか否か

風邪を引いた女性

風邪を引いている時は、身体を温めて安静にするのが一番です。お風呂もその意味で、効果的です。

風邪だからお風呂は一切ダメ、というのではなく、その時の体調に合わせて、軽度であれば入ってしまいましょう。

お風呂に入れば、血行が促進され、自然治癒力も向上します。つまり体調回復のためにも、風邪を引いている時には、積極的にお風呂に入る方が良いのです。

しかし、どんな体調の時でもお風呂に入って良い訳ではありません。場合によっては、悪化を招くこともあります。そこで、風邪を引いている時にお風呂に入って良いかどうかの見極め方や、入る前の準備などをご紹介します。

スポンサーリンク

風邪を引いている時は、お風呂が悪いとされる根拠

お風呂

民間療法として、「風邪を引いている時は、お風呂に入ってはいけない」と一般的に言われています。その根拠は、一体何でしょうか。

その根拠として、次の2つが考えられます。

  • 湯冷めをしてしまう
  • 体力を消耗してしまう

お風呂に入っている間は、温かい。しかし浴室を出れば、室温は当然低い。浴室を出た瞬間から、体温は下がり始めます。この部屋の温度差や、浴室を出てから布団に入るまでの時間が長いと、湯冷めしてしまいます。

また、お風呂に入るという行為は、意外と体力を消耗します。健康な時には気になりませんが、風邪を引いている時には注意が必要です。

風邪を引いている時でも、お風呂は有効

風邪を引いている時でも、お風呂に入ることで、体調の回復を期待できます。
その根拠として、次の2つが考えられます。

  • 湯船につかることで、血行が促進される
  • ウイルスの除去にも役立つ

風邪が重度でない限りは、風邪の治療の一貫として、積極的にお風呂に入ると良いでしょう。

風邪の状態で、お風呂に入る時の注意

どんな風邪の状態でも、お風呂に入って良いという訳ではありません。
次の場合は、避けましょう。

  • 発熱が高い場合
  • ひどい頭痛がする時
  • 起き上がれない、あるいは普通に立っていられない場合

この状態でお風呂に入ると、風邪の症状が悪化するおそれがありますので、注意は必要です。

お風呂に入る前に、準備しておくべきこと

湯冷め対策のために、次のことを入浴前にしておきましょう。

  • 寝室に布団を用意しておき、入浴後すぐに布団に入ることができるようにしておく
  • 脱衣場や寝室を温めておく
  • できることなら、布団の中も温めておく

湯冷めしてしまっては、お風呂の効用も逆効果になってしまいますので、必ず準備しておきましょう。

ユニットバスボンくん お風呂ラクラククリーナー N-AL
山崎産業
売り上げランキング: 574

まとめ

最後に、風邪とお風呂の関係をまとめておきましょう。

  • 必ずしも「風邪≠お風呂」ではない
  • お風呂に入って良い状態かどうかを見極める
  • お風呂に入っても良いと判断した時は、事前に
    湯冷め対策

    を必ずする

また、お風呂の水温については、個々人の好みもあると思いますが、熱過ぎるお風呂は禁物です。人間の身体は通常の体温に戻そうとするので、熱過ぎるお風呂を上がった後は特に急激に体温が下がり、湯冷めしやすくなります。

水温は、ぬるすぎず、熱すぎず、を心がけましょう。

本当かどうか真偽の程はわかりませんが、風邪を引いている時にお風呂に入るかどうか悩むのは、日本人だけだそうです。しかし、体調を見極め、上手にお風呂と付き合えば、早い回復が期待できるでしょう。

「風邪≠お風呂」と思い込んでいた方も、悩んでいた方も、これからは積極的に利用してみると良いかもしれませんね。
参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment