のどの風邪を早く治す方法

風邪の女性

寒さが厳しくなって、のどの風邪に悩まされる人が多くいます。中にはつばを飲み込むだけで痛みが出るものもあってつらいです。のどが痛いと全身もつらくなりますので、できるだけ早く治したいものです。

そこで、のどの風邪を早く治す方法を紹介します。できることから取り入れて、少しでも早くのどの風邪が治るようにしましょう。

スポンサーリンク

のどの風邪の原因は?

風邪の女性

のどの風邪は、どんなことが原因で起こるのでしょうか?

原因は、乾燥した空気を吸うことでのどの粘膜が乾き、乾いた部分に風邪の菌が付着して炎症を起こすというものです。そのため、のどを潤すことが予防や治療の方法となります。

いつもマスクを着用する

マスクは病原菌からのどや身体を守るだけでなく、乾燥からも守ってくれます。マスクを着用することで、自分の吐く息でマスクと口の間に湿気が生まれ、のどの加湿ができます。

食事以外のときは就寝中でもマスクを着用することをおすすめします。特に寝ている時は、無意識に口が開いている人が多く、のどが乾燥しがちです。立体型のマスクなら息苦しくなく着用できます。

のどを温める

ハイネックのニットで首を覆ったり、家の中でストールやマフラーを着用したりして、首の冷えを防ぎましょう。首の乾燥を防止し、のどの痛みや咳に効果があります。
また、首には大きな血管が通っていますので、首を温めることで全身が温まり、体調回復も早まります。

鼻呼吸をする

口呼吸をすると、大気中のウイルスや細菌がのどに侵入しやすくなります。のどの風邪をひいているのでただでさえのどにウイルスや細菌が多くいるのに、さらに大気中のウイルスまで侵入してきてはのどの免疫機能も対応しきれなくなります。その結果、のどが赤く腫れ、余計に症状が悪化します。

鼻呼吸をすると、吸った空気を鼻の中で加湿しますし、ホコリなどのごみも取り除いてくれます。

肩のエクササイズをして血行をよくする

肩の血行がよくなると、のどの痛みが和らぎます。両ひじで左右に大きな円を描くようにぐるぐる回すと、肩の血行がよくなりますので、肩のエクササイズをするようにしましょう。
また、うなじの付け根にカイロを貼るという方法でも、血行をよくすることができます。

生姜汁や塩水でうがいをする

うがい薬を使ってうがいをするのもいいですが、うがい薬がない場合は、塩や生姜汁を少量入れたぬるま湯でうがいをすると、のどの粘りが取れてさっぱりします。ぬるま湯の方が冷水よりも痛みが少なくうがいができます。
塩の量は、海水よりも少し薄い塩水になるように調節しましょう。

のど飴を食べる

飴をなめることで、唾液が分泌されて、のどに潤いを与えるサポートをすることができます。はちみつが入っているものが理想的です。

熱い緑茶を飲む

緑茶にはカテキンという殺菌作用のある成分が含まれています。飲むだけでものどの痛みを和らげますが、ぬるめの緑茶でうがいをすることも合わせて行えば、効果が高まります。熱い緑茶でのどを温めることも、のどの痛みの緩和につながります。

のどに蒸気を当てる

これは、お風呂に入りながらできる方法です。口からお風呂の蒸気を吸い込むように深呼吸をすると、殺菌作用とともにのどを潤す効果が得られます。発熱をしているときにはお風呂は控えますのでできませんが、風邪の症状が軽いときに有効な方法です。

のどの痛みに効き目のある食べ物や飲み物を摂取する

のどを潤したり、殺菌したりする作用のある食べ物や飲み物を摂取することで、のどの風邪の治りを早めることができます。

例えば、ハーブティーの中でもカモミールがのどの風邪におすすめです。カモミールは身体を温め、発汗を促進する効果があります。
また、マシュマロを食べることもおすすめです。マシュマロの中に入っているゼラチンは、のどの腫れや炎症を柔らかく覆ってくれますので、痛みを和らげます。のどが痛いときにはマシュマロを3、4個くらい食べてみてください。

粘膜が弱って腫れることで、のどの痛みが出てきます。のどの粘膜の修復や免疫力を高めるためには、ビタミンが欠かせません。大根やはちみつ、梨、レンコン、ネギ、クレソン、パイナップルなどに含まれているビタミンを摂取して、のどの痛みを取るようにしましょう。

ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク  150枚入
ユニチャーム
売り上げランキング: 212

まとめ:のどの風邪には潤いと殺菌が出来る方法を試そう

のどの風邪は、のどの粘膜が乾燥して弱り、そこに病原菌が侵入することで起こります。そのため、のどの風邪を早く治すには、潤いと殺菌ができるような方法をとることがポイントです。

例えば、のど飴を食べたり、常にマスクを着用したりしてのどの潤いがキープできるようにしましょう。また、ビタミンを多く含む食べ物や飲み物を摂取したリ、生姜湯や塩水でうがいをしたりしてのどの殺菌ができる方法を利用するとのどの風邪の治りも早くなります。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment