風邪の時に食べたいにんにくの調理方法のポイントと注意点

風邪で寝込む女性

風邪の際には栄養を摂ることが大切となります。栄養のある食べ物としておすすめできるものの一つとしてにんにくが挙げられます。にんにくはなぜ風邪に効果的なのでしょうか。また、にんにくが風邪に良いとしてもどのようにして食べれば良いのでしょうか。

本稿では風邪の際のにんにくの摂り方についてまとめました。また、風邪予防に効果があるにんにく注射についてもご紹介しています。

スポンサーリンク

風邪を治すためには栄養を取らなきゃ!

にんにく

風邪を早く治すためには栄養を取ることがとても大切です。
風邪を直接治す薬は現在の医学では開発されていません。風邪を治すのは体の自然治癒力です。そして体の自然治癒力を高めるためには、十分に睡眠とともに栄養を摂ることが欠かせません。

風邪の際におすすめできる栄養のある食べ物の一つとしてにんにくが挙げられます。にんにくはイメージとしても活力・エネルギーがたっぷり含まれているというイメージがあるのではないでしょうか。

実際、にんにくは栄養が高く、風邪の回復を早めます。
ただ、にんにくが風邪に良いとは言っても、すりおろした生のにんにくなどを食べてはかえって胃を壊してしまうことにもなりかねません。にんにくはどのようにして食べることが風邪の治癒には効果的なのでしょうか。

風邪の際におすすめできるにんにくの食べ方はお鍋・スープ

風邪の際に、にんにくを食べるという場合には、にんにく入りのお鍋やスープがおすすめできます。

例えば、一例としては、餃子鍋・餃子スープなどがおすすめできます。

そもそも風邪は風邪の原因となるウィルスの感染によって上半身の気道(空気の通り道・のどや鼻など)が炎症を起こしている状態です。にんにくにはビタミンB1が豊富に含まれており、体を温めて代謝を高くします。

同時にお鍋やスープの形で摂ることで温かく、体に優しい料理となります。
風邪の際にはにんにくをお鍋やスープなどの形にして食べてみることがおすすめできます。

もちろん、鍋やスープでなくてはならないというわけではありません。要は、風邪の際には、にんにくに火を通すということが大切ということです。火を通さずににんにくを食べてしまうと胃腸に対する刺激が強すぎてかえって体調を悪化させてしまいます。火を通した形でにんにくを食べることがポイントです。

また、お鍋の場合の注意点としては、家族全員でつつくという形は取らない方が良いということです。風邪が家族中に蔓延してしまう可能性があります。風邪をひいてしまわれた方だけの1人前用の餃子鍋・スープなどを作ってあげることがおすすめです。

にんにくを避けたほうが良い風邪のケース

このように、にんにくはビタミンB1を豊富に含み、風邪の際には摂取することが一般的にはおすすめできますが、場合によってはにんにくは食べない方が良い風邪もあります。その代表として、胃腸風邪のケースが挙げられます。

胃腸風邪は風邪のウィルスが胃腸に達してしまい、下痢や吐き気などを生じます。この場合には当然、風邪のご本人もにんにくなどを食べたいとは考えないでしょうし、ご家族などが勧めることも避けるべきです。

胃腸風邪でお腹の痛みや下痢・腹痛などを訴える場合には、水分を補給して脱水症状とならないようにしてあげることが重要ですので、スポーツドリンク・アセロラドリンク(アセロラには非常に多くのビタミンCが含まれています)などを摂るようにしましょう。

風邪予防にはにんにく注射もおすすめ

少し食べ物のにんにくとは違う話となりますが、風邪の予防に役立つものとしてにんにく注射というものがあります。これはにんにく注射という名前がついていますが、にんにくそれ自体を注射するというのではなく、にんにくに含まれているビタミンB1を注射することで風邪の予防や疲労回復の効果が期待できるというものです。個人クリニックなどで
施術を行ってくれるところが数多くあります。

にんにく注射は一時期、非常に著名なスポーツ選手などが利用しているということで話題になりました。風邪の治療ではなく、予防という目的ではありますが、にんにく注射というものも合わせて知っておくと風邪予防のためには便利です。

小林製薬の栄養補助食品 熟成黒にんにく黒酢もろみ 90粒
小林製薬 (2009-10-07)
売り上げランキング: 360

まとめ:風邪の治療・予防は何より栄養と睡眠

以上、本文で述べました風邪の治療・予防とにんにくについてポイントをまとめますと以下のようになります。

  • 風邪を早く治すために、栄養のある食べ物としてにんにくがおすすめできます。にんにくはビタミンB1を豊富に含み、代謝を高めるので、風邪を早く治すために役立ちます
  • 風邪の際のにんにくの食べ方としては、火を通して食べることがとても重要です。生のままでは胃腸を悪くしてしまいます。また、胃腸風邪の場合には、かえって逆効果となってしまいますので注意が必要です。おすすめできるレシピは餃子鍋や餃子スープなどの温かい食べ物です
  • 風邪を予防するためににんにく注射というものもあります。ご興味がある場合には近くのクリニックに尋ねたり、インターネットで調べてみることがおすすめです

風邪の治療は何より栄養と睡眠です。にんにくのスープを飲み、病院から処方された薬を飲んでぐっすりと眠るということが風邪を治すためには「王道」と言うことができます。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment