風邪が原因で耳が痛いと感じる場合の考えられる病気

風邪の男

風邪が原因で耳が痛いという場合は、中耳炎か、耳管狭窄症、もしくは耳管開放症の疑いがあります。

これらの病気は風邪の菌が耳の中に入ることによって感染し、難聴や、耳が聞こえなくなってしまう原因となるので注意する必要があります。特に中耳炎は小さな子供がなりやすい病気と言われており、小さな子供は耳の異常をうまく伝えることができないために症状が悪化してしまう、ということも考えられます。

親の方は、小さな子供が風邪を引いた時には、耳に異常が見られないかに十分注意しましょう。頻繁に耳を触るようになったり、不機嫌になってなかなか寝付かない場合は耳に何か異常があるのかもしれません。なるべく早く病院へ連れて行きましょう。

風邪が原因で起きる耳の病気を効果的に治療するためには、それらの病気の特徴についてよく知っておく必要があるでしょう。では中耳炎、耳管狭窄症、耳管開放症とはどのような病気なのでしょうか?ご紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

風邪が原因で起きる耳の病気

耳が痛い医師

風邪を引いた時に耳に痛みがある、または聞こえにくくなる、耳の中で異音がするという場合は耳の病気を疑いましょう。「そのうち治る」とそのままにしておくなら、耳が聞こえなくなってしまうかもしれません。では風邪が原因で起きる病気について詳しく見ていきましょう。

風邪が原因で起きる耳の病気:中耳炎

中耳炎という言葉はよく聞きますので、実際に中耳炎になったことがない人でも何となくイメージがつかめるかもしれません。中耳炎は風邪によって引き起こされる耳の病気として代表的なものです。この中耳炎には急性のものと慢性のものがあります。

急性中耳炎は主に小さな子供や乳児に起こりやすいと言われています。風邪の症状が続いた後、突然耳の奥が刺すような痛みに襲われて、聞こえにくく感じるようになります。また耳だれが出ることによってこの病気に気付く場合もあります。

急性中耳炎の場合の治療方法としては、症状が軽い場合は鎮痛剤の投与で改善されます。症状がひどい場合には鼓膜を切開して中にたまった膿を取り除きます。また抗菌薬の点滴を受ける必要がある場合もあります。鼻炎がある場合は、中耳炎の治療と並行して鼻炎の治療もおこなわれます。

慢性の中耳炎の場合は、風邪を引くたびに中耳炎になるというのが大きな特徴です。急性の中耳炎を何度も繰り返していたり、しっかりと治療できていなかったりする場合に慢性の中耳炎を発症してしまいます。

慢性の中耳炎の治療方法としては、耳の洗浄や薬物による治療方法と、外科的な治療方法に分けられます。まず耳の痛みに関して詳しい検査行ない、それに基づいて治療方法を検討していきます。まずは病院で相談しましょう。

風邪が原因で起きる耳の病気:耳管狭窄症、耳管開放症

耳の中には耳管という中耳の中を換気するための器官が存在します。この器官がうまく働くことによって中耳の中が喚起され、中と外の圧力を平衡に保つことができるようになっています。この調整機能がうまく働かない状態になってしまうことが、耳管狭窄症、または耳管開放症です。

主な症状としては耳閉感があります。また難聴を引き起こしたり耳の中で自分の声が響く、といった症状がみられます。また、滲出性中耳炎という中耳炎が長引くことが原因で起きる病気が併発することもあります。

この病気の治療方法として、耳管狭窄症の場合は耳管を正常に開かせるための治療が行われます。これは耳管の炎症を取り除く治療をすることによって行われ、耳管の通気を行ないますが、あまりにも症状が改善されない場合は鼓膜換気チューブが留置されます。

耳管開放症はその逆で、耳管を正常に閉じるための治療が行われます。耳管に炎症を起こして耳管が閉じるように促す治療方法や、耳管内への脂肪やコラーゲンの注入、ピンの挿入などが行われます。症状が軽い場合は生活指導や精神安定剤の投与によって様子が観察される場合もあります。

ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク  150枚入
ユニチャーム
売り上げランキング: 124

まとめ:風邪による耳の痛みに気付いたら早めに病院へ行きましょう

この記事では風邪で耳が痛い場合に、考えられる病気についてご紹介させていただきました。参考にしていただけたでしょうか?

風邪を引いた時に耳が痛いという症状がある場合、その症状を長期間そのままにしておくなら耳が聞こえなくなる原因となる可能性があります。風邪を引いた時に耳が痛いようであればなるべく早く病院へ行き、適切な治療を受けるようにしましょう。是非この記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment