風邪のひき始めに効果的!皮ごとまるまるみかんで風邪を治す方法

みかん

 

みかんを食べると手が黄色くなるってみかんを敬遠していませんか。みかんってすごいパワーがあるのです。食べないなんてもったいない。そしてその皮も捨ててしまわないで利用しましょう。

こちらでは、みかんを皮まで丸ごと使って風邪を予防する方法をご紹介します。

スポンサーリンク


みかんの持つすごいパワー

ビタミンCが豊富

バナナ

みかんにはビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCには、発がん物質ががん遺伝子を目覚めさせる作用(酸化作用)をおさえるはたらきがあります。最近よく聞く活性酸素の害から身体を守るともいわれているのです。ビタミンCにはこのほか、血管などを柔軟に保ち、老化を防ぐ効果もあります。ビタミンCは水に溶けやすい性質があるため、野菜やいちごなどの場合、洗ったり調理したりする過程で失われてしまうことが多いです。その点、みかんはそのまま食べることができるので、ビタミンCも丸ごと摂ることができるのでお得な果物です。

ただ、確かにビタミンCにはそうした働きがありますが、量的にミカン1個や2個ではそのような効果はさほど期待できません。みかんのビタミンCは、100g中に33mg位しかなく、ビタミンCの一日の必要量2000mg~3000mgをみかんから摂取するためには60個から90個ものみかんを食べなければなりません。みかんは水分を87%含みますが、昔から『成り木のものは体を冷やす』と言われるように、体を冷やしてはいけない風邪に対し逆効果になります。風邪のときに、水分摂取は大事ですが、必ず温かいもので水分を補給するようにしましょう。焼きみかんにして食べるといいですね。

皮がすごい

古くから、みかんは風邪の特効薬として使われてきました。漢方ではみかんの皮は陳皮として用います。皮に含まれるナリンギンという成分が腸のぜん動運動を活発にし、消化吸収をよくし、中枢神経を鎮静させ、のどの炎症を抑えるのに一役買う効果があります。胃のもたれやみぞおちのつかえ、消化不良などに効く健胃剤となるそう。陳皮を煎じると咳、痰、風邪、ぜんそくなどのどの病気に良いとされています。

みかんの白い筋も食べよう

実はみかんの白い筋、アルべドは食物繊維が豊富な上に、ビタミンPが含まれています。このアルベドには、ミカン本体に含まれる栄養価よりもすぐれたビタミンが含まれていて、例えばビタミンPに関しては300倍も含まれているのです。ビタミンPは、ビタミン様物質と呼ばれるもので、みかん由来のポリフェノールがヘスペリジンです。毛細血管は、組織と栄養や酸素のやりとりをしていますので、適度に透過性が保たれている必要があるのですが、ヘスペリジンはこの透過性が良くなり過ぎるのを抑えます。シミやしわなどの肌老化を防いでくれるのです。さらにアレルギー反応に対しては、花粉症やアトピー性皮膚炎の症状を緩和すると考えられています

また、中性脂肪を減らし血圧の上昇を防ぐ効果もあります。ヘスペリジン入りの餌を食べたマウスは、普通の餌を食べたマウスに比べて、およそ30%も中性脂肪が少なくなっていたとのデータがあります。さらに、ビタミンPは、壊れやすいビタミンCを守り、安定化させる働きがあります。ヘスペリジンに助けられたビタミンCは、活性酸素を撃退し、血流を改善する事によって血圧の上昇を防ぎます。

実際にみかんパワーを取り入れてみよう

身体が温まる焼きみかん

先ほど体を冷やすからみかんはダメという話をしましたが、風邪に効くと言われるみかんの食べ方を紹介します。

1. みかんを皮ごとよく洗って水気をふく。
2. そのまま焼き網にのせて、ときどき転がしながら弱火で焼く。皮が黒くなるまで じっくりと。
3 .あつあつの果汁を絞り、しょうが汁少々を加えて飲む。絞らないで丸ごと食べてもいいですね。

みかんの皮のシロップ

材料

  • みかんの皮 10個分ほど
  • 生姜 6グラム
  • 水500cc
  • はちみつ 適量

作り方
1.ノーワックス、無農薬、減農薬など、皮に心配のないみかんを利用する。
2.みかん10個分ほどの皮をお湯でよく洗う。
3.荒くきざんで、風通しのよい日陰で干し(1週間~10日)、密封できる瓶などに入れて保管します。
4. 3の皮と生姜、各6グラムに水500ccを加え、水が半分くらいになるまで煮る。
5. 4の煮汁にハチミツを少量加え、3回くらいに分けて飲む。

みかん風呂

みかんの皮はお風呂に入れてもいいです。食べ終わったみかんの皮をよく洗い、5~6個分をまとめて布袋に入れ、沸かした湯に入れるだけ。みかんの精油成分が毛細血管を広げ、血液の循環がよくなって身体も温まること間違いなし。お風呂の温度はぬるめにし、長時間つかるほうが効果があります。

まとめ:みかんを皮ごと丸々使って風邪を予防しよう

みかんは皮も実も、すごいパワーを秘めた食べ物です。おさらいしておきましょう。

みかんの効能

  • ビタミンCが豊富
  • 健胃剤になる
  • のどの炎症を抑える
  • シミやしわ、アレルギーを抑制する
  • 中性脂肪を減らし血圧の上昇を防ぐ
  • ここに箇条書き内容

焼きだけでなく、みかんの皮でシロップを作ったり、お風呂に入れたり、みかんをまるごと使って健康になってくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment