子供の風邪でメイアクトが処方される目的

寝転ぶ女性

自分のお子さんが風邪をひいて病院にかかったとき、抗生物質としてメイアクトが処方されたという人も多いのではないでしょうか。メイアクトはどのような目的で処方されているのでしょうか。処方された薬については正しい知識を身に付けておきたいですよね。

そこで、子供の風邪でメイアクト処方される目的を紹介します。お子さんの風邪が早く治るように正しく使えるようにしましょう。

スポンサーリンク

病院で抗生物質が処方される理由

女性

風邪の原因となっているものは約9割がウイルスによるものです。しかし、ウイルスには抗生物質が効かず、抗生物質の効き目があるのは細菌が原因となる風邪の場合です。

では、なぜ子供が風邪をひくと、抗生物質が処方されることが多いのでしょうか。その理由は、風邪をひいて免疫力が低下した体には細菌が入り込みやすいので、新たな二次感染を防ぐために処方されます。

ただし、抗生物質が必要な場合もあり、肺炎や溶連菌、百日咳、マイコプラズマ肺炎などには抗生物質が有効です。医師は、原因となる菌を検査したり予測したりして、菌に対応した抗生物質を処方します。同じような作用を持つ抗生物質が何種類もあることが多く、病院が扱っているメーカーの薬が処方されます。そのため、病院が違うと異なる種類の薬が処方されることがあります。

メイアクトが処方される病気で子供がよくかかるのは?

メイアクトは抗生物質なので、細菌が原因となる病気の場合に主に処方されます。季節性の風邪かと思ったら、細菌が原因ということも多いです。風邪に似た症状で子供がよくかかる病気で、メイアクトが使われる場合について紹介します。

①溶連菌感染症

溶連菌感染症は、のどの痛みと同時に38℃~39℃の高熱が出ます。嘔吐することもあります。1~2日後、かゆみのある発疹が広がって、舌もイチゴのように真っ赤になるのが特徴です。

②百日咳

百日咳は、軽い咳と鼻水の症状が、徐々に特有の咳に変わっていき、その咳が1か月以上続きます。激しく咳き込み、息を吸い込むときにヒューヒューと喉が鳴ります。

③急性中耳炎

38℃以上の高熱が出ることがあり、症状が進行すると中耳に膿が溜まって、鼓膜が破れて黄色い耳垂れが出ます。原因菌としては、インフルエンザ菌や肺炎球菌、モラクセラ・カタラリースによるものがほとんどです。

④細菌性肺炎

風邪をこじらせたときにかかりやすく、高熱や痰が絡んだ激しい咳、呼吸困難などの症状が現れます。原因菌には、肺炎球菌やブドウ球菌、インフルエンザ菌があります。

感染症予防を目的としたメイアクト使用がある

ウイルスに感染して風邪をひいた場合には、メイアクトが直接ウイルスを退治するということはできません。しかし、風邪が長引くと免疫力が低下し、新たな病原菌が体内に入り込みやすくなります。そして、肺炎や髄膜炎、脳炎などの重篤な病気にかかることもあります。そこで、感染症予防を目的としてメイアクトが処方されるということがあります。

メイアクトを処方された時は、風邪の症状がよくなってもきちんと飲み切り、弱った体に感染症が入り込まないようにすることが大切です。

メイアクトは正しい用法・用量を守ろう

最近、薬剤耐性菌が社会問題になっています。これは、薬に対する抵抗力を持った菌のことで、この菌には薬が効かなくなってしまいます。何種類もの抗生物質に耐性を持つ多剤耐性菌もあります。
これらの薬剤耐性菌が発生する主な原因は3つ考えられます。

それは、抗生物質の使用中断や少量の抗生物質使用、長期での同じ抗生物質の使用が挙げられます。

風邪の症状がよくなったからと言って、処方された薬を自己判断で中断したり、抗生物質の量が少なすぎたり、期間が長すぎたりすると、体内に微量に残った菌が生き残り、耐性菌に変異してしまいます。子供に使用できる抗生物質は種類が限られています。安易に抗生物質を使用すると、耐性菌が発生してしまい、肺炎などの病気にかかった時に薬が効かなくなる可能性があります。抗生物質の使用は必要最低限にとどめ、医師の指示に従って正しい用法・用量を守るようにしましょう。

ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク  150枚入
ユニチャーム
売り上げランキング: 151

まとめ:メイアクトは風邪で弱った子供の体が感染症にかからないために処方される

抗生物質の一種であるメイアクトは、ウイルスには効きません。ただし、ウイルス性の風邪にかかって体が弱っていると、細菌が原因となる別の感染症にかかるおそれがあります。例えば、溶連菌感染症や百日咳、急性中耳炎、細菌性肺炎があります。風邪以外の感染症にかからないようにするという目的のためにメイアクトが処方されることが多々あります。

しかし、正しい用法・用量を守って服用しなければ、抗生物質が効かない耐性菌を生んでしまう可能性があります。風邪以外の病気にかかったり、風邪をこじらせないようにしたりするために、メイアクトはきちんと飲み切るようにしましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment