風邪は万病のもとなので注意!こじらせる原因と対策とは

風邪をこじらせた女性

風邪をこじらせると風邪の諸症状が長引くばかりでなく、二次感染によって肺炎などの重い病気を引き起こしてしまう危険性もあります。風邪をこじらせるのは、原因となるウィルスが非常に強い場合のほか、風邪の治療を怠ってしまうことなども原因となります。

本稿では風邪をこじらせることの原因やその防止方法などについてのポイントをまとめています。

スポンサーリンク

風邪をこじらせることを避けるためには

風邪の男

風邪は主としてウィルスの感染によって発症します。風邪は正式にはかぜ症候群といいます。風邪の症状としては、発熱、のどの痛みやはなみず、はなづまり、せきやたん、頭痛、胃腸炎など極めて多岐に及びます。

現在、風邪に対する「万能薬」は開発されてはおらず、風邪をひいてしまったら総合感冒薬などを飲みながら、自然回復を待つこととなります。風邪の治癒までの期間は、おおむね3日から4日程度です。

ただ、風邪は「万病のもと」「百病の長」などと言われるように、こじらせると長引いて症状もひどくなります。風邪をこじらせるのはどのような原因で、その症状はどのようなものとなるのでしょうか。

風邪をこじらせる原因と症状

風邪をこじらせる原因は、第一にウィルスが非常に強い場合というのが挙げられます。ウィルスが強いと体の自然治癒力が追いつかず、風邪をこじらせることにつながります。

また、自然治癒力と関連して、風邪をこじらせる原因に風邪に対する抵抗力が弱い方という場合が挙げられます。ご年配の方や幼児の方などが抵抗力が弱く、自然治癒力が低下しているために、風邪をこじらせることにつながります。抵抗力が弱くなっている方としては、他にも糖尿病などをお持ちの方も風邪をこじらせてしまうことが多いということができます。

次に、風邪をこじらせる原因としては、風邪の諸症状を「甘く」見てしまい、無理をしてしまうことが挙げられます。もちろん、仕事や勉強が忙しくゆっくり休むことができないという方も多くおられると思われますが、風邪は無理をしてしまうとどうしてもこじらせる原因となってしまいます。また、「たかが風邪くらい」として病院にかからないなどの行動もかえって風邪をこじらせる原因となってしまいます。

風邪は、昔の人が言ったように「万病のもと」「百病の長」であり、決して侮るべきではない病気です。

このようにして風邪のもととなるウィルスが強力であったり、風邪対策を十分に施さない場合などには風邪をこじらせる原因となるということができます。

風邪をこじらせると主として以下のように症状が重ねて悪化します。例えば、風邪の症状(熱など)が1週間以上続いてしまったり、せきがずっととまらなかったり、さらに脱水症状などを引き起こすなどが生じます。

また、二次感染という症状も風邪をこじらせると生じます。二次感染は、風邪のウィルスと長期にわたって免疫が拮抗し続けたために、体の免疫力が低下してしまい、さらに別のウィルスの容易な侵入を許してしまうことで発生します。

この場合には、肺炎などの重篤な病気に陥ることもあります。

このように風邪はこじらせると、ひどい症状が続いたり、二次感染により重い病気を引き起こしてしまうなどの症状を呈することとなります。

風邪をこじらせることを防止するためには

では、風邪をこじらせることを防止するためにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか。風邪をこじらせないようにするためには、以下のような点に注意することがポイントとなります。

まず、風邪を治療するためにはどうしても一定時間以上、体を休めることが必要です。体を休めて自然治癒力を高めることが風邪をこじらせることを防止するためにはもっとも重要ということができます。

そのため、風邪をこじらせることを避けるためには、しっかりと睡眠時間を確保することが何より重要です。その上で、ビタミンや水分をとり、体の抵抗力を高め、かつ新陳代謝をより良くすることが重要です。

その他、お風呂は可能な限り控えるということも風邪をこじらせることを防止するためには効果があります。心持ちとして、風邪は「万病のもと」「百病の長」ということを意識されることがとても重要ということができます。

風邪をこじらせることの原因や防止方法についてのポイントのまとめ

以上、本文で述べました風邪をこじらせることに関しての防止などのポイントをまとめますと以下のようになります。

  • 風邪はウィルスの感染によって生じますが、その風邪をこじらせる原因としては、ウィルスが非常に強いものであること、体の抵抗力が低下してしまっていること、風邪の治癒を怠ってしまったことなどが原因としては挙げることができます
  • 風邪をこじらせると、長期にわたって熱が下がらなかったり、せきが続くなどのかぜの諸症状が継続します。また、免疫力が低下してしまうことから、二次感染によって肺炎などを引き起こすことがあります
  • 風邪をこじらせることを防止するためには、しっかりと睡眠時間をとることやビタミンCや水分をとること、お風呂を控えることなどが効果的です。また意識として風邪は万病のもとという意識をしっかりともたれることが重要です

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment