風邪の症状と似ている高温期が続く妊娠初期の兆候

風邪の女性

微熱が続く、何となく身体がだるいなど、風邪の症状のようなものを感じていたら、実は妊娠初期の兆候だったという話をよく聞きます。少しでも妊娠の可能性がある場合は、風邪薬を飲む前に妊娠検査薬でチェックする必要があります。

妊娠を経験されている方なら、何となく妊娠と気づけるかもしれませんが、初めての妊娠だと風邪と勘違いしがちです。そこで、風邪の症状と似ている、高温期が続く妊娠初期の兆候について紹介します。

スポンサーリンク

風邪と勘違いしそうな高温期について

風邪の女性

月経周期には、排卵期を前後して低温期と高温期があり、月経前の2週間ほど高温期が続きます。妊娠にしていなければ、やがて基礎体温が下がり、月経がきますが、妊娠していると高温期が続きます。これは、受精卵のベッドをふかふかに整える黄体ホルモンの分泌が増えるからです。

月経が順調な女性なら、高温期が3週間以上続く時には妊娠が考えられます。妊娠初期の基礎体温は、月経前の体温に比べて、高めの体温になります。人によって体温は異なりますが、37度を超えるような微熱またはそれ以上となり、熱があると自覚できるくらいの体温になります。

そのため、熱っぽいとか、身体がだるい、疲れやすい、気分が悪い、頭が重いなどの風邪によく似た症状も出やすくなります。このときに、妊娠に気付かず、風邪と勘違いして風邪薬を服用してしまうこともありますので、気を付ける必要があります。

風邪の症状に似ている妊娠初期の症状

風邪の症状と勘違いしそうな妊娠初期の症状を挙げてみました。

①寒気や微熱

微熱とともに、寒気が現れることもあります。寒気は夏でも寒く長袖でないと過ごせないくらいの人や、冬に暖房をいくら付けても寒くてたくさん着込むほどの人もいます。妊娠していると分かっている場合には、市販の風邪薬を服用することはないと思われますが、我慢できないほどの寒気や妊娠初期症状だけど熱っぽくて辛いという時には、産婦人科で相談することをおすすめします。

まれに、膣に細菌が発生して、発熱することもありますので、気になる場合には受診しましょう。

②めまいや頭痛

基礎体温が高温になり、血液の循環がよくなりすぎて頭痛やめまいが起こるということがあります。妊娠初期には、貧血にもなりやすいですから、めまいなのか貧血なのか、判断しにくい場合には医師に相談しましょう。

頻繁にめまいがする場合には、日頃から足元に注意し、ヒール付きのパンプスや厚底の靴は履かないようにしましょう。めまいでふらついた時に、足元が不安定だと転んでけがをしたり、お腹を打ってしまったりすることがあります。妊娠初期でのお腹の強打は危険ですから、十分注意しましょう。

③眠気やだるさ

基礎体温の高温期が続くと、身体が温まって眠気や身体のだるさが現れます。

④吐き気

黄体ホルモンが吐き毛を起こす脳の中枢神経を刺激して、吐き気をもよおすことがあります。朝の空腹の時が一番ひどく、食欲がなくなり気分が悪くなります。また、普段嫌いだった食べ物が食べたくなるなど、味の好みが変わることもあります。

匂いにも敏感になり、神経質になりやすくなりますが、このような症状は妊娠5週目から始まって、約3カ月後からはだんだん治まってきます。

妊娠初期の兆候を見逃さない方法

間違って風邪薬を飲んでしまわないように、妊娠初期の兆候を見逃さない方法としては、普段から基礎体温をつけるということが挙げられます。基礎体温を付けていると、体温の変化が分かりやすく、妊娠の可能性がある場合には自己診断をする時の大きな基準となります。普段の高温期の基礎体温を把握することで、体温や期間の違いに気づくことができます。

妊娠初期に注意したいこと

妊娠初期かなと思ったら、注意したいことがあります。
それは、人が多く集まる場所は避けるということです。妊娠初期は流産の可能性が高い時期ですから、風邪や風疹、感染症などのウイルス性の病気にかからないように注意する必要があります。そのため、大勢の人がいる場所は避けましょう。

また、タンパク質や葉酸、カルシウムをしっかり摂ることも大切です。胎児の脳が急激に発達する時期ですから、良質のたんぱく質をたくさん摂りたいです。動物性タンパク質は、胎盤の成長と胎児の血液、筋肉など、身体の組織を構成する元になりますので、肉や魚、豆類の良質たんぱく質をしっかり摂りましょう。
葉酸は、DHAを合成し、脳の機能を正常に発達される役割があります。骨髄の重要な成分にもなりますので、細胞分裂の際には必要不可欠です。ほうれん草などの緑の野菜や雑穀、カキ、鮭、牛乳に多く含まれていますので、積極的に摂取しましょう。

はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!
A.Christine Harris 竹内 正人
永岡書店
売り上げランキング: 382

まとめ:日頃から基礎体温をつけて、妊娠初期の兆候を見逃さないようにしましょう。

妊娠初期の高温期が続く状態の時には、熱っぽさやだるさ、吐き気など風邪の症状に似た状態が現れます。そのため、勘違いした風邪薬を飲んでしまうと、胎児に影響がありますので、上手く見極める必要があります。

妊娠初期の兆候を見逃さないために、日頃から基礎体温を付けて、自分の身体の変化にいち早く気づけるようにしましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment