気持ち良いけれど風邪の温床になってしまうこたつのうたた寝に注意!

こたつ猫

こたつで眠ると風邪をひきやすくなってしまいます。こたつで眠ると体内のリズムが乱れるなど体調に悪い影響を与えてしまうためです。こたつで眠るとどうして風邪をひいてしまうのか、本稿ではその具体的なメカニズムをまとめています。

スポンサーリンク

こたつでのうたた寝は風邪の原因に

風邪の女性

寒い冬はこたつで休むことがとても気持ちが良いものです。家族で団らんの時間を過ごしながら、あるいは忙しいお仕事から帰って来てから、こたつでのんびりと休むことはとても気持ちが良いものです。そしてこたつに入っていると、その気持ちの良さからどうしても眠くなってきてしまいます。しかし、こたつでのうたた寝は体調を崩して、風邪を引いてしまうことの大きな原因となります。

うたた寝が風邪の原因となる理由

こたつで眠ってしまうとどうして風邪をひく原因となるのでしょうか。
一見すれば、こたつは気持ちが良いので、ゆっくりと眠れて風邪とは関係がないようにも思えます。

しかし、こたつでのうたた寝、睡眠は以下のようなメカニズムで風邪をひいてしまう原因となります。

まず、こたつでうたた寝をすると、こたつの熱・あつさによって汗をかきます。この汗は実は非常に不自然なものなのです。つまり、睡眠中はリラックスをつかさどる副交感神経の働きが優位となり、体はリラックスします。血行も穏やかとなり、通常は汗をかくことはありません。

しかし、こたつのあたたかさによって副交感神経が働いている睡眠中でも汗をかき、その汗が気化することで体温が乱れてしまいます。その結果、体の体温調節がうまくいかず、体調のバランスが崩れ、風邪を引いてしまうことにつながります。

また、風邪によるこたつでの睡眠はもうひとつの観点からも風邪の原因となります。こたつでうたた寝をした場合、乾燥してしまい、口内や鼻腔などが乾いてしまいます。そして渇いた喉や鼻に対しては、風邪のウィルスが非常に入りやすくなります。風邪のウィルスは渇いたのどや鼻が大好きで、そのような環境では活発に活動することになるためです。

このように、こたつでうたた寝をしてしまうことは、不必要な汗をかいてしまって体温調節を乱してしまうことや乾燥したのど・鼻からウィルスの吸収を促進してしまうことにより、風邪を引き起こすこととなります。

さらに、ねぞうの問題もあります。こたつは、起きている間であれば、熱いと感じる時は体を動かすなどして適度な体感温度を維持することができます。しかし、こたつで眠りに入ってしまうと、暑さを感じた場合には無意識的に体を動かします。その結果、こたつから出た状態で眠り続け、寒さによって風邪をひいてしまうことにつながります。

もちろん、初めから風邪気味の時などはこたつで眠ってしまえば、風邪をなおさら悪化させてしまうことにつながります。

このように様々な原因によってこたつでの睡眠は、風邪をひいてしまうことにつながることになります。

なるべくこたつで眠らないようにするためには

こたつで眠ることが習慣となってしまっている場合には、こたつで眠るという習慣を急に辞めることは難しいかもしれません。しかし、ほんの少しの意識付けをすることがこたつで眠ってしまい、風邪をひいてしまうことの予防につながります。

まず、こたつで眠ることで風邪をひいてしまった場合のデメリットを具体的に考えてみましょう。例えば、風邪をひいてしまい仕事を休んだ場合、仕事が滞って会社の査定や評価が下がってしまうかもしれません。評価が下がって給料があがらなかったとしたら、どれくらいお金を損してしまうでしょうか?こたつで眠って風邪をひいたばかりに、お給料が減ってしまうかもしれません。

また、こたつで温まる季節は忘年会や新年会などがある季節です。風邪をひいてしまったばかりに、忘年会や新年会で楽しくお酒を飲むことができる機会を失ってしまうかもしれません。

さらに学生の方であれば、センター試験、大学の年度末試験があります。試験によっては人生を左右してしまいます。こたつで眠って風邪をひいたばかりに、試験を受けられず、人生の方向性が変わってしまうかもしれません。

このようにちょっと想像を膨らませてみてはいかがでしょうか。こたつで眠ってしまうことで不利益がいろいろあるとすれば、こたつから出てふとんで眠ろうという気持ちになるのではないでしょうか。

他にも、ふとんにカイロを貼り付けておくなどしてふとんをあたためておくことで、こたつから出ることのモチベーションにもなるかもしれません。

家具調こたつ正方形 CKT‐75BK
ミラノ
売り上げランキング: 4,245

まとめ:なるべくこたつで眠らないことが風邪防止には効果的

以上、本文で述べましたこたつでの睡眠・うたた寝と風邪についてポイントをまとめますと以下のようになります。

  • こたつでうたた寝、睡眠をとることは風邪をひいてしまうことにつながります。こたつで眠ることで体内のバランスの乱れ、のどや鼻の感想などを引き起こすためです
  • こたつで眠ってしまう習慣を脱却するためには、こたつで眠って風邪をひくことで生じる具体的な不利益を想像してみることがひとつの方法としておすすめできます。また、カイロなどでふとんを温めておき、ふとんで眠るという気持ちを起こしやすくすることも効果的です

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment