子供が咳をし始めたら?風邪以外で咳が出る病気の種類

子供

子供が咳をし始めたら、真っ先に風邪を疑いますが、風邪以外にも咳が出る病気があります。咳以外の症状にも目を向けて、子供の病気にできるだけ早く気がつき、早期治療ができるようにしてあげたいですね。

そこで、子供がよくかかる、風邪以外の咳が出る病気の種類を紹介します。症状が軽いうちに正しい治療を行い、早く治るようにしましょう。

スポンサーリンク

子供の咳

くしゃみ

咳は発熱と同じくらい、子供の病気の代表的な症状です。元々、咳とは口から肺につながる気道のどこかに外部から侵入した風邪のウイルスやほこりなどの異物があると、その異物を排除しようと反射的に起こる人間の自然な防御反応です。

しかし、咳の症状の背後には原因となるさまざまな病気が隠れている場合があります。子供の場合、よく見られるのが風邪などの呼吸器感染症や気管支炎喘息、副鼻腔炎などがあります。子供の咳は、身体の中に何らかの異常があることを伝える合図ですから、咳が出始めたら、軽く考えず注意深く見守りましょう。

咳の種類

咳といっても、さまざまな種類や特徴があります。

咳き込むときの音を聞いてみると、軽い感じの「コン、コン」といった乾いた感じの咳である乾性咳嗽や、痰が絡んだ「ゴホン、ゴホン」といった湿った感じの咳である湿性咳嗽があります。まれですが、ケンケンと犬が吠えるように聞こえる犬吠様咳嗽という種類の咳もあり、呼吸困難につながる重症の病気の症状であることがあります。ひどくなると、入院して治療を受ける必要があります。

咳が続く期間もポイントです。3週間未満で落ち着く急性の咳や、3~8週間続く遷延性の咳、8週間以上続くような慢性の咳と区別することができます。

子供の咳が続く期間や、咳の様子を知ると、咳の裏に隠れている病気を見つける重要な手がかりとなります。

咳の原因となる病気の種類

子供の咳の原因としてよく見られる病気には、ウイルスや細菌に感染して起こる呼吸器感染症や気管支喘息、副鼻腔炎などがあります。一般に、咳の続く期間が短い場合には、急性の感染症を起こしている可能性があります。

咳と発熱が主な症状である子供の代表的な感染症を紹介します。

①風邪症候群

よく「風邪」と呼ばれている感染症です。鼻からウイルスが感染して、3日程度で鼻水や鼻づまりとなり、その後、咳が始まるということがあります。子供から大人まで誰でもかかる病気です。

②グループ症候群

「ケン、ケン」と犬がほえるような咳が特徴です。喉の奥が炎症で腫れて、呼吸困難を起こす危険な病気です。幼児によく見られ、風邪の症状に引き続いて起こります。ほとんどがウイルス性によるものですが、ひどくなると入院による治療が必要になります。

③急性気管支炎

気管支に炎症が及んだ状態で、発熱や乾いた咳が始まり、だんだん痰を伴う湿った咳へと変化していきます。原因はウイルス感染によるものが多く、原則は咳止めや痰を出しやすくするような薬などで様子を見ます。高熱で膿状の痰がある場合には、細菌感染も考えられますので、抗菌薬を内服します。子供に限らず、どの年齢の人にも見られる病気です。

④肺炎

発熱や咳、多呼吸などが主な症状です。子供の肺炎の原因は年齢によっても違います。新生児期にはB郡連鎖球菌、大腸菌などの腸内細菌が主な原因となります。1~2歳では、多くのウイルス、肺炎球菌・インフルエンザ菌などの細菌が多いです。2~6歳では肺炎球菌やインフルエンザ菌、肺炎マイコプラズマ・肺炎クラミジアが多く、学童期以降では肺炎球菌やインフルエンザ菌が減り、肺炎マイコプラズマ・肺炎クラミジアが主な原因となり、抗菌薬を投与することが推奨されています。

⑤百日咳

特徴的な咳や長引く咳がある病気です。百日咳は、ジフテリア・破傷風・百日咳の三種混合ワクチンの接種率が向上したことで、患者数は少なくなっていますが、地域的に小流行を起こしています。予防接種率が低下すると再び流行する感染症の1つです。乳児に多い病気とされていましたが、最近では学童以降や成人でもかかるということが分かっています。治療には抗菌薬を投与します。

咳止めの薬の使い方

咳を止めるための鎮咳薬がありますが、咳によっては止めてはいけないものもありますから、安易に咳止め薬を使うのはよくありません。例えば喘息発作の場合、薬によって咳を止めてしまうと、痰を排出できなくなり、溜まった痰が気管支の内側をさらに狭くし、余計に苦しくなってしまいます。このような時には咳止めを使用せず、痰を取り除く薬や、気管支を広げる薬を使います。

呼吸器感染症の場合には、咳の症状があれば必要に応じて咳止めを使います。

大切なのは、咳の原因となっている病気を治すことです。症状が進行して肺にまで炎症が広がると、細菌感染症を起こしている可能性が高く、症状が重くなります。

お母さんに伝えたい子どもの病気ホームケアガイド
日本外来小児科学会
医歯薬出版
売り上げランキング: 14,908

まとめ:子供の咳は、身体の異常を伝える合図

子供の咳は、たかが咳と侮らず、咳の様子や期間をよく観察して、咳に隠れている病気を正しく突き止める必要があります。咳止め薬を使うと逆に症状が悪化してしまう病気もありますから、身体の異常を伝える合図である咳からのメッセージを正確に受け止め、根本治療をするようにしましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment