風邪なのに気持ち悪い?普通の風邪とは違う胃腸風邪の対処法

気持ち悪い男

なんだか身体が怠くて熱っぽい。風邪の症状に似ているけれど、吐き気が合って気持ち悪い。そんな時は胃腸風邪を疑いましょう。吐き気や実際に嘔吐があったりすると、なかなか病院に行こうとは思えませんよね。吐き気が伴う場合は、ノロウィルスなどに感染している可能性があり、風邪とはまた違った対処が必要となります。

本記事では風邪の症状に加えて、吐き気があって気持ち悪い状態になった時の対処法についてまとめています。胃腸風邪は非常に感染力が強いため、本記事を参考にして二次感染などへの対策も講じておきましょう。

スポンサーリンク

気持ち悪くて吐きそう…それは胃腸風邪

おじさん

いつもの風邪の症状に似ているけれど、食事を摂ったら吐いてしまった。ただの風邪だけでも辛いのに気持ち悪くて吐いてしまうのでは、その辛さは輪をかけて酷いでしょう。そういった症状が現れた場合、胃腸風邪を疑いましょう。胃腸風邪はロタウィルスやノロウィルスに感染すると起こる症状で、吐き気に加えて腹痛や下痢も伴うことがあります。こうした症状は体内からウィルスを排出しようとする身体の防衛反応なので、すべて出し切るまでは無理に止めない方が良い場合があります。

ウィルス性と細菌性

こうした吐き気で気持ち悪い症状がある場合は胃腸風邪を疑いますが、その治療はウィルス性か細菌性かで分かれます。細菌性の場合は抗生物質による治療でかなり改善しますが、ウィルス性だった場合は、残念ながら特効薬がありません。中にはどのウィルスを調べる場合もありますが、それはインフルエンザかどうかというもので、胃腸風邪そのものを治すための検査ではありません。

どのくらいで治るの?

症状や個人差によって、治るまでの期間はまちまちですが、早い人なら半日、遅くても2日ほどで治ることが多いようです。嘔吐や吐き気で気持ち悪い状態は、すべて吐ききってしまうとかなり楽になります。もう吐き出すものが無いにも関わらず気持ち悪い、吐きそうな場合には、吐き気を止める薬が処方されます。辛いのはわかるのですが、すべて吐ききることが、回復への近道なのです。また、下痢に関しても、すべて出してしまうのが回復への近道です。

胃腸風邪の場合は気持ち悪くて口から摂取できない場合があり、激しい下痢が続いている場合は水分が急激に失われてしまい、脱水症状の危険があります。ゆっくり胃を刺激しないように水分を摂れればいいのですが、まったく受け付けない場合は点滴などで水分を補給する必要があります。

無理に食べたり飲んだりしない

吐き気がある時は、無理やり食べたり飲んだりしない方が良いでしょう。胃腸を使わず、ゆっくり休ませることにもなるため、無駄な体力の消耗を防ぐことが出来ます。しかし下痢が続いている場合は水分が失われてしまうので、水分を摂取することを試みてみましょう。市販の経口補水液やイオン飲料などが好ましいようです。

食べ物に関しては、嘔吐が治まったあとも粘膜が荒れており、それが修復されるまでには数日かかります。嘔吐が治まったからと言っていきなり普通の食事を摂るのではなく、うどんや白パンなどの消化の良いものを、少しずつゆっくり食べるように心がけましょう。

二次感染に注意

これら胃腸風邪の原因となるロタウィルスやノロウィルスは、非常に感染力が高く、患者が吐いた嘔吐物や排泄物に大量に含まれています。看病をしている家族などが、これに触れて感染してしまうこともあります。また、しっかり片付けたとしても、拭き取れ切れなかったものが乾燥し、その後に風で舞い上がったりすると、空気感染の可能性もあります。

それらを防ぐためには、処理をする人は手袋をし、ロタウィルスやアデノウィルスはアルコール、ノロウィスルは塩素系の消毒液で消毒をします。ノロウィルスにはアルコールが効かなかったりしますから、アルコール消毒液を付けたからと言って安心してはいけません。汚物の処理を行ったあとは、しっかり石鹸を付けて30秒以上、流水で洗い流すようにしましょう。

味の素 玉子がゆ 250g×9個
味の素
売り上げランキング: 1,125

風邪なのに気持ち悪くなったら…胃腸風邪を疑う

風邪の症状に加えて吐き気や嘔吐、気持ち悪い感じがしたら、それは胃腸風邪の可能性があります。嘔吐や下痢は病原体を排出する身体に備わった機能ですから、すべて出し切るまでは止めない方が良いでしょう。すべて吐き出してしまえば、比較的回復までには時間がかかりません。しかしその際には水分が大量に失われますから、脱水症状を防ぐためにも、水分の補給には注意が必要です。

早く治る可能性があるとは言っても、重症化することが無いとは言えません。特に乳幼児や高齢者の場合は、医療機関での受診は必須です。また、これらの症状を引き起こすウィルスは非常に感染力が高く、高齢者や乳幼児に至っては特に重症化しやすいため、汚物などの処理をした場合は、入念に手洗いを徹底する必要があります。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。