風邪をひいて血尿が出た時の原因と対処法

トイレ

風邪をひいて血尿が出るという経験をしたという人もいるのではないでしょうか。ただでさえ体調が悪いのに、さらに血尿まで出ると自分の身体にかなり不安を覚えます。

では、風邪をひいて血尿が出た時にはどのような原因が考えられるのでしょうか。また、対処についてはどのような方法があるのでしょうか。これから紹介します。

スポンサーリンク

風邪をひいて血尿が出た時の原因

トイレ

風邪の症状の中でも、咳や鼻水のような風邪であれば、血尿との関係はとても薄いと考えられます。しかし、発熱がみられる場合には、血尿と関係がある場合があります。

血尿が起こる原因には、腎炎や膀胱炎、尿路系のガン、尿路結石などが挙げられます。腎炎や膀胱炎は、尿道口から侵入した細菌が膀胱や腎臓に感染し、炎症反応が起こった状態のことです。炎症反応とは、身体の防御機能の1つであり、侵入してきた異物を体外に排出したリ、免疫細胞の働きや熱によって撃退しようとする反応のことです。そのため、感染がどこかで起こると、身体全体の温度が高くなって発熱という状態になることがあります。特に、腎炎の場合は高熱になる傾向があり、風邪と勘違いすることもあります。高熱と血尿、さらに鈍い腰の痛みがある場合には、腎炎の疑いがありますので、出来るだけ早く病院で診てもらうようにしましょう。

血尿だけでなく、頻尿や残尿感、痛みなどがある場合には、膀胱炎を発症している場合があります。

風邪が長引いている場合には、尿の色がいつもより濃くなっていることがありますが、これは一過性血尿の可能性があります。赤色でなくても、血液が含まれていると血尿と診断されます。気にならない程度なら風邪が治まれば自然に治っていきますから多くの場合問題がありません。ただし、風邪の血尿から慢性腎炎になる人もいますので、異常を感じたらたかが風邪と軽く見ず、受診しておきましょう。

尿路系の感染では、咳や鼻水は見られません。理由は、これらの症状は病原体が気道に侵入しようとした時に見られる防御反応だからです。このような症状とともに血尿が見られたとしても、別の病気の可能性が高いと言えます。ただし、風邪をひいている時は、免疫力が低下している場合が多いので、同時に尿路系が感染するということがあるかもしれません。

風邪をひいて血尿が出た時の対処法

痛みや肉眼で確認できる血尿以外に症状がない場合には、泌尿器のガンの可能性もあります。血尿が確認出来た時には、すぐに泌尿器科の診察を受けるようにしましょう。また、肉眼で確認できない血尿もありますので、尿量が減少したり、痛みを伴ったりするときにも診察を受けましょう。

腎炎の疑いがある場合には、水分をたくさん摂って、尿量を確保することが大切です。このことによって、腎臓に感染している細菌を洗い流すことができます。

血尿の予防法

日常生活からできる血尿の予防法がありますので、血尿にならないようにできることから始めましょう。

①動物性たんぱく質とアルコールを控える

血液が酸性に近くなると結石ができやすくなります。そのため、鶏卵や牛肉などの動物性たんぱく質や塩分、ビタミンCの摂り過ぎには気をつけましょう。
尿中のカルシウム濃度を低下させる働きがあるクエン酸を多く含む、酢やかんきつ類を積極的に摂るようにしましょう。結石ができやすくなるアルコールは極力控え、飲酒する時には一緒に水分を摂取して尿が濃くならないようにしましょう。

②細菌の膀胱感染を防ぐ

細菌の膀胱感染を防ぐには、トイレを我慢しないことと水分の補給が大切です。また、身体を冷やしすぎないように、温かい飲み物をとることもしましょう。
外陰部は常に保つ習慣をつけることもポイントです。生理用ナプキンやおりものシートは、3時間を目安にこまめにとりかえましょう。

③定期健診を受ける

ほとんどの血尿は、肉眼では確認することができません。気がついた時には病状が進行していたということがないように、毎年定期的に健康診断を受け、尿検査をしてもらうようにしましょう。

まとめ:風邪で免疫力が落ちている時には血尿が出ることもある

風邪をひいて免疫力が落ちていると、膀胱に細菌が感染しやすくなり、炎症を起こして血尿が出る場合もあります。ただし、風邪の時の血尿は、一過性のものですから風邪の症状が治まれば自然に治っていきます。

しかし、発熱を伴った血尿の場合には注意が必要です。腎炎や膀胱炎、尿路系のガン、尿路結石などが起こっていることも考えられます。尿量が減ったり、痛みがあったりする場合には、すぐに泌尿器科を受診して適切な治療をしてもらうようにしましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment