血圧に注意が必要な人が飲むのに気を付けたい風邪薬

太ってる男

血圧が高めな人や高血圧症と診断されている人、または逆に血圧が低めの人など、血圧に注意が必要な人は、風邪薬の成分に注意して服用することが大切です。風邪を治そうとして風邪薬を飲んだのに、かえって血圧の値が悪くなったということでは意味がありません。

あらかじめ、薬を処方してもらう時には医師に血圧に心配なことがあると伝えておくことが一番の予防策になります。しかし、市販の風邪薬を飲む時には自分で注意をしておかなければ、自分の身を守ることができません。

そこで、血圧に注意が必要な人が、飲むのに気を付けたい成分が入っている風邪薬について紹介します。心配な成分が含まれていたら、医師や薬剤師と相談してから服用するようにしましょう。

スポンサーリンク

交感神経刺激薬

温度計

交感神経刺激薬は様々な種類があり、いずれも末梢血管を収縮させる作用や心機能を亢進させる作用を持っていますので、血圧を上昇させるおそれがあります。血圧が高めの人は注意が必要です。

塩酸プソイドエフェドリンや硫酸プソイドエフェドリン、塩酸フェニレフリンについては、鼻づまりを楽にする成分として、多くの鼻炎薬に配合されています。鼻づまりがひどいときに鼻炎薬を使用する際には注意しましょう。

また、塩酸メチルエフェドリンや塩酸メトキシフェナミンなどについては、総合感冒薬や咳止めの薬に配合されていることがあります。

塩酸ナファゾリンや硫酸テトラヒドロゾリン、塩酸テトラリゾリン、塩酸フェニレフリンなどについては、ほとんどの鼻炎薬に配合されていますので、過剰使用には十分注意してください。鼻詰まりがかえって悪くなることもありますので、点鼻薬の使用は鼻づまりがひどいときだけにし、長期にわたって使い続けたり、安易に使用したりするのは避けましょう。

麻黄(マオウ)

麻黄も、交感神経刺激薬と同様に、末梢血管を収縮させる作用や心機能を亢進させる作用を持っていますので、血圧を上昇させるおそれがあります。

麻黄は、葛根湯や小青竜湯など多くの漢方薬に配合されています。総合感冒薬や鼻炎薬に配合されていることもあります。生薬成分なのですが、一般の医薬品と同じように注意が必要ですので、総合感冒薬や漢方薬を購入するときには薬剤師に相談しましょう。

抗炎症剤

グリチルリチン酸やグリチルリチン酸ニカリウムなどの抗炎症剤は、ナトリウムやクロル、水分を体内に溜め込む作用、カリウムを排泄作用があり、血圧を上げたり、むくみを生じさせたりするおそれがあります。グリチルリチンを1日400mg以上摂取することで、高血圧が生じたという報告もあります。

総合感冒薬や鼻炎薬、咳止めの薬、トローチ、のどスプレー、口内炎用塗り薬、栄養補助食品など広く配合されています。また、歯磨きのペーストや口腔洗浄剤、リップクリームなど、医薬品以外のものにも入っていることも多くあります。さらに、食品の甘味料として、調味料や魚介加工品、菓子、飲料など、一般的にも使用されています。知らないうちに、重複して摂取している可能性もありますので、注意が必要です。

甘草(カンゾウ、リコリス)

甘草は、グリチルリチンを主成分としていますので、血圧が上昇したリ、むくみを生じさせたりする可能性があります。

葛根湯や小青竜湯、安中散など一般用医薬品として販売されているものをはじめ、多くの漢方製剤に配合されています。また、リコリスティーやリコリスキャンディーなど、リコリスと書かれているものも同様です。漢方薬を購入する時には、薬剤師に相談しましょう。

解熱鎮痛剤

アスピリンやイブプロフェン、エテンザミドなどの解熱鎮痛剤には、ナトリウムやクロル、水分を体内に取り込む作用があり、血圧を上昇させる可能性があります。また、降圧薬の作用を弱めるおそれもあります。

これらの成分は、多くの解熱鎮痛薬や感冒薬に配合されています。常備薬を使用する時には、成分を確認してから服用するようにしましょう。また、解熱鎮痛剤や痛み止めを購入する際は、薬剤師に相談してから買うようにしましょう。

まとめ:血圧に心配なことがある方は風邪薬の成分を確認してから服用しよう

風邪の際に病院で処方される薬はもちろん、身近に販売されている風邪薬や解熱薬にも血圧に影響を与える成分が入っている場合があります。

風邪を治すために風邪薬を飲んでいるのに、その薬を血圧を悪化させては健康になりえません。血圧に心配なことがある方は、自分の身体を守るため、医師や薬剤師に薬の成分を確認してから購入したリ、服用したりするようにしましょう。薬の知識を増やすのも自分の身を守るのに大切なことです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment