漢方薬でも風邪は治らない?免疫力を引き出す漢方薬の正しい使い方

元気な男

風邪を治す薬を開発したらノーベル賞ものと言われるように、風邪を根本的に治す方法と言うのは現在ありません。西洋医学に基づいた薬は、風邪の諸症状を抑える対処療法に過ぎず、副作用も心配です。そんな中、注目されているのが漢方薬です。

本記事では漢方薬が風邪を治すために用いている考え方や、症状ごとに対応する代表的な漢方薬を紹介します。ただし、漢方とは言え薬です。服用に際しては医師や専門家に相談するなど、自分に合ったものを見つけるようにしましょう。

スポンサーリンク

漢方薬が病気を治す仕組み

飲む男

西洋医学に基づいた風邪薬は、身体に現れた症状に対して、その症状を抑え込む対処療法的な考え方によって作られています。しかし、風邪をひいたときの諸症状は、風邪を治すために免疫機能を働かせるために必要なものです。

むやみにこれらの症状を押さえつけてしまうと、かえって風邪の治りが遅くなってしまうことがあります。それに対して漢方薬は、身体が持っている免疫機能を活性化し、自力で風邪を治せるようにサポートする目的で使われます。しかし、どちらにしても、風邪の根本的な原因であるウィルスを殺すことはできないのです。

使用すべき漢方薬は症状によって異なる

風邪の引き初めには葛根湯。よく聞くフレーズですが、葛根湯が風邪の引き初め、それも悪寒がある風邪に限って効果があるとはあまり知られていません。とりあえず葛根湯を飲んでおけばいい、というのはあまりにも安直な考えです。

漢方薬は身体の状態やその時に現れている症状、その他の要因によって、処方されるものが変わってきます。西洋医学の薬のように症状を抑えるのではなく、漢方薬は自力でウィルスと戦える状態を構築するのが目的ですから、身体の状態に合わせたものを服用しなかれば効果が期待できないのです。

手っ取り早くて確実なのが専門家に相談すること

仕事や家事が忙しくて病院に行く暇がない、というのが多くの人の現状でしょう。そんな時には自己判断で市販薬でやり過ごそうとしていませんか?身体が熱を出して体力を消耗しているとき、無理して仕事をするのは自殺行為です。中には状況が許さないという場合もありますが、無理を重ねれば風邪をこじらせて、さらに長期間にわたり周りに迷惑をかけることにもなります。

風邪を早く治すには西洋医学にしろ漢方にしろ、早めに医師や専門家の診察を受けて、適切な治療を行う事が最も近道です。いくら効き目がある薬や漢方を服用したところで、自己判断で使うのではその効果も疑問です。時間とお金を節約するためにも、風邪を引いたら一刻も早く医療機関などを受診しましょう。

漢方における風邪の分類

漢方の考え方では、風邪には二種類があります。悪寒があるものを傷寒中風(しょうかんちゅうふう)、悪寒が無いものを温病(うんびょう)といいます。これらの分類のなかでも、風邪の段階ごとに処方が異なります。有名な葛根湯については傷寒中風における初期症状に良く効くとされています。

しかし自分では初期症状と思っていても、漢方の専門家が診ればそうでもない場合があります。また、症状的には合致していても、その時の身体のコンディション(胃腸が弱っていたりなど)があると、その漢方では強すぎるということも考えられます。実際に漢方を使って風邪を治そうとする場合は、身体に負担をかけず、かつ症状に合ったものを使いたいですよね。そのためには素人判断ではなく、やはり専門家の判断を仰ぎたいところです。

味の素 玉子がゆ 250g×9個
味の素
売り上げランキング: 1,285

漢方薬も万能ではない

副作用が比較的少なく、安心して使えるという印象がある漢方薬。しかし使い方を間違えれば風邪が治るどころか胃腸などに負担を与え、体力を奪い取ってしまう危険性があります。とは言え、身体の免疫機能を抑え込む薬ではないため、本来の風邪からの回復過程を支援する方法となります。ですから、正しく使えば根本的な回復は早くなるでしょう。

風邪を薬で根本的に治療することがほぼできない現在、自分の身体の免疫機能を活性化して風邪を治すという方法は、最も理に適っている方法とも言えるのです。そうした漢方薬の素晴らしい効果を充分に発揮させるためにも、自己判断で使ったりせず、医師や漢方の専門家に相談し、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment