子供の風邪の看病をするときのポイントとその注意点とは

風邪で寝込む女性

子供の風邪の看病をする場合には、病院へと連れて行くタイミングや看病時の接し方などが大切なポイントとなります。子供が風邪を引いた場合には、心配からついあわててしまいがちですが、冷静に様子を見ることが大切です。本稿では、主として小学校入学前の子供が風邪をひいたときの看病のポイントについてまとめています。

スポンサーリンク

心配になる子供の風邪

子供

子供が風邪を引いてしまうととても心配になるのはどの親御さんでも同じです。特に高熱が出ていたりすれば、気持ちも慌ててしまい、一刻も早く病院に連れていきたいと焦ってしまうこともあるでしょう。

なにより、子供の風邪の場合には、自分自身の風邪の症状を正確に伝えることができません。例えば「少し良くなってきた」など自分自身の体調を伝えることが小さな子供であればあるほど困難です。子供の風邪の重さ・程度は親御さんが十分に推察して看病してあげなければなりません。

子供の風邪を看病する際にはどのような点に配慮することがポイントとなるのでしょうか。

病院に連れていく前に様子を見るべき場合・すぐに病院へ連れていくべき場合

子供が風邪をひいてしまうと、心配ですぐに病院へ連れていくことを考えてしまいたくなるかもしれません。しかし、まずは看病をしながら子供の様子を見ることが大切です。
具体的には水と食べ物を摂ることが出来るかどうかを看病をしながら確認することが大切です。

水と食べ物を摂ることができる具合であれば、少し落ち着かせて、可能であれば病院の予約を取るまでは家で看病をし続けてあげることが良いと言えるでしょう。というのは、飲食が可能な状態であれば風邪とはいっても、急激に様態が急変することはほとんどないということができるためです。

同時に、病院へすぐに連れて行っても、待合室で待たされている間に帰って風邪が悪くなってしまうこともありえるためです。

反対に食事、特に、水分を取ることができないような状態(例えば胃腸風邪で嘔吐が激しい場合など)であれば、家で看病をするよりも早急に病院へ連れていくことが大切です。

水も飲むことができない状態の場合、脱水症状によって臓器などに大きな負担がかかってしまうことが考えられるためです。また、インフルエンザの季節に急な高熱を発した場合にも、家で看病をする時間を取らずにすぐに病院へ連れていくことが大切です。

子供がインフルエンザにかかってしまった場合には、インフルエンザ脳炎・インフルエンザ脳症という命に直接関わる病気になってしまう可能性があるためです。

このように、子供が風の症状を呈している場合には、その調子・様子を見ることで家でしばらく看病をしたほうが良いかすぐに病院へ連れて行ったほうが良いかを判断することが大切ということができます。

子供の風邪の看病にあたっては精神的なリラックスを与えてあげることが大切

子供を病院へと連れて行き、風邪薬を処方してもらったあとは、しっかりと子供の看病をしてあげることが大切になります。親御さんがしてあげる子供の風邪の看病としては、子供が精神的にリラックスをすることができるようにしてあげること
がもっとも大切ということができます。

風邪は栄養をしっかりとりつつ、安心した気持ちでゆっくりと眠ることで体の自然治癒力によって回復します。そのため、子供を看病してあげる際には、子供が精神的にリラックスをして安心して眠ることが出来るようにしてあげることが何よりも大切です。子供の風邪の看病に際して医学的・看護技術的なケアではなく、精神的な面でケアしてあげることができるよう看病をしてあげることが何より大切です。

具体的には、お話を聞かせてあげること、背中やお腹をさすってあげることなどが看病の際には大切です。

ご自身の経験に照らして、子供の頃に安心することができた看病の仕方をしてあげることが良いと言えます。

なお、子供の看病に際してご自身が風邪にうつることがないように配慮することも欠かせません。看病はとても近い距離で行いますので、完全に風邪の感染を防ぐことは困難と言えますが、看病の合間にこまめにうがいや手洗いを励行することなどが重要です。

元気な子どもを育てる!保育園の食事&健康だより
芽ばえ社
売り上げランキング: 159,773

まとめ:子供の風邪の看病のポイントのまとめ

以上、本文で述べました子供の風邪の際の看病のポイントをまとめますと以下のようになります。

  • 子供が風邪をひいてしまった場合にはすぐに病院へ連れていくかどうかはケースバイケースです。食事をすることができる程度に体力があるのであればすぐに病院へ連れて行って待合室で長い時間を待つよりも、病院の予約を取っておき、しばらくは家で看病をしておくほうが良いということができます。 
  • 一方で水すら飲むことができない場合には、脱水症状の恐れがありますので家で看病をすることは適切ではなく、早急に病院へ連れていくことが大切です。また、インフルエンザの季節に急な高熱を出した場合もすぐに病院へ連れていくようにされてください。
  • 子供の風邪の看病に際しては、子供が精神的にリラックスをすることができるように配慮し、ゆっくりと眠ることができるようにすることが最も大切ということができます

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment