風邪と花粉症の見極め方

落ち葉

くしゃみや鼻水が続いている場合、風邪か花粉症か見分け方が難しいと感じる人も多いのではないでしょうか。風邪と花粉症の初期症状はよく似ていますので、花粉症と気づかないうちに対策が遅れてしまうということもあります。

症状をよく観察して、風邪か花粉症か見極められるようにしましょう。

スポンサーリンク

花粉症の原因

日傘

異物が身体に入ると、それに対抗する物質として抗体を作り、異物を追い出そうとする「免疫」と呼ばれる防御能力があります。この免疫機能が過剰に働きすぎるとアレルギー体質となります。花粉症もその一つです。特定の花粉の抗体をもつと、再び花粉にさらされたときに免疫機能が強く働き、花粉を体外に排出しようとするためにくしゃみや鼻水、鼻づまりが起きます。

花粉症の原因として多いのがスギですが、原因となる植物は全部で約60種類あると言われています。一人で数種類の花粉に反応して花粉症の期間が長引いてしまうこともあります。

花粉症の時期

スギ花粉の本格的な時期は、3月上旬~下旬です。しかし、猛暑の翌年は花粉の飛散量が多く、冷夏の翌年には少ないと言われるなど、花粉の量や飛ぶ時期は年によって変わります。

花粉の時期の前から風邪をひかないように注意することが大切です。本格的にスギ花粉が飛ぶ時期までに風邪をひいてしまうと、鼻の粘膜が傷ついて無防備になり、アレルギー反応を強く起こして、結果的に花粉症が長引いてしまう場合もあります。

花粉症の症状

花粉症の症状には、主に以下のようなものがあります。

①くしゃみが続く

花粉症のくしゃみは、何回も続けて出るのが特徴です。ひどい時には一日中止まらないということもあります。

②目がかゆい

ひどい目のかゆみを感じる人が多く、充血したり涙が出たり、目に違和感があるなどの症状も見られます。

③鼻水や鼻づまり

さらさらとして流れるような鼻水が止まらなかったり、なかなか解消されない鼻づまりに悩まされたりします。

④その他の症状

喉の痒みや不快感、咳、吐き気や下痢などの胃腸症状、皮膚のかゆみやただれが見られる場合もあります。

風邪と花粉症の見極め方

花粉が飛ぶ時期は、ちょうど風邪が流行る時期と重なっていますし、症状も似ていますので、きちんと見極めることが大切です。

花粉症の症状は、くしゃみや鼻水、鼻づまりですが、これは風邪のひき始めとよく似ています。風邪の場合には鼻水が数日後から黄色い粘り気のある鼻水に変わり、3日~2週間でほとんどの症状が治まります。しかし、花粉症の場合には、鼻水がいつまでも続き、くしゃみも止まりません。また、目に痒みや充血といった症状を伴うことが多く、重症の場合以外は風邪の代表的な症状である頭痛やのどの痛み、発熱は見られないことが多いです。
これらの点を参照して、花粉症の可能性がある場合は病院でアレルゲンの検査をしてもらいましょう。

①くしゃみの違い

花粉症のくしゃみは回数が多く、連続して起こるのが特徴です。風邪では数回程度のくしゃみで止まりますが、花粉所では鼻の中に入った花粉を鼻の外に出すために止まらなくなってしまい、多ければ10回以上連続で続くことも少なくありません。

②鼻水の違い

花粉症の鼻水は、無色透明の水性で、さらさらしています。粘度の高いものや色が濁った鼻水は風邪の症状と考えていいでしょう。

③鼻づまりの違い

花粉症の鼻づまりは、両穴詰まることが多く、鼻で息をすることができなくなることも少なくありません。鼻をかんでもすぐに鼻がつまるという繰り返しになります。風邪でも鼻がつまることはありますが、花粉症ではさらにひどい詰まり方になると言えます。

④目のかゆみの違い

目のかゆみは風邪の症状にはあまり見られません。花粉症では、目に花粉が付着して目の痒みが起こり、付着した花粉を落とすために涙が出たり、ひどいかゆみが出たりします。

花粉症の受診の仕方

耳鼻科や眼科、アレルギーを扱う内科など、どの科を受診してもいいですが、鼻アレルギーに対しての診断や薬の処方になりますので、アレルギー専門の耳鼻科を受診するのがベストです。

病院に行く時には、どのような症状があるかを明確にしておき、医師に質問されたら答えられるような準備をしておきましょう。花粉症の検査を受けたい時には、検査前数日間は薬を使わないようにします。鼻汁細胞検査をすることもありますので、検査当日の点鼻薬の使用も避けてください。

一生風邪をひかない体のつくり方 (知的生きかた文庫)
村上 一裕
三笠書房
売り上げランキング: 62,440

まとめ:鼻水や鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみの様子をよく観察しよう

花粉症の症状の特徴である、鼻水や鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみは風邪とは違う状態になります。例えば、花粉症では鼻水はさらさらと流れるようなものになりますし、目のかゆみは花粉症特有の症状となります。

いつもの風邪と違うと感じたら、アレルギー専門の耳鼻科を受診して検査をしてもらい、適切な処置ができるようにしましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment