腹痛の風邪の一種である感染性胃腸炎の原因と対処法

風邪の女性

腹痛があって、急に吐き気や下痢が起こり、身体がだるいという風邪の場合、病院で診てもらうと感染性胃腸炎と診断されることが多くあります。冬の寒さが厳しくなる時期に、ニュースでもノロウイルスの流行が話題になりますが、そのウイルスが感染性胃腸炎の原因の一つでもあります。

腹痛の風邪の一種である感染性胃腸炎とはどのような病気であるかを知った上で、その原因と対処法について紹介します。気を付けて取り扱わなければならないこともありますので、かかった人はもちろんですが、患者の周囲の家族や関係者も正しい知識を身につけて対処できるようにしましょう。

スポンサーリンク

感染性胃腸炎の原因

メガネ女子

感染性胃腸炎の原因としては、細菌やウイルスによる感染が代表的なものです。ウイルスの例では、ノロウイルスやロタウイルス、アデノウイルスなどが挙げられます。

ウイルスは、気温が低くて乾燥している時期に活発になりますので、11月頃~4月頃までが流行期と言われています。

原因の菌やウイルスの種類を調べるための検査等を行う病院もありますが、集団感染の疑いや他の症状が特にないときには、そこまで調べずに問診と点滴と薬の処方だけということも多くあります。

感染性胃腸炎の症状

感染性胃腸炎は、胃腸がウイルスに感染することによって、激しい下痢や吐き気、微熱などのお腹の風邪によく似た症状が起こります。

感染性胃腸炎は突然症状が現れることが多く、なんとなく調子が悪いと思っているとすぐに、吐き気や下痢で身動きがとれないくらいつらい状態になります。そのため、トイレとベッドを往復するのがやっとという人も少なくありません。いざ、感染性胃腸炎にかかってしまうと、症状が治まるまでひたすら待つしかなく、水を一口飲んだだけでも気持ち悪くて吐きだしてしまうこともあります。

大人の場合、最初の1~2日で吐き気と下痢などの症状の山場はおさまり、食欲が出てくれば回復の兆候の現れです。

感染性胃腸炎の対処法

感染性胃腸炎は、症状が落ち着いてきてもまだ身体の中にウイルスが存在していますので、間違った対処の仕方は危険です。

感染性胃腸炎にかかると、嘔吐と下痢を繰り返しますので、水分が急激に失われ、脱水症状になる可能性があります。吐き気が少しでも落ち着いてきたら、お茶や白湯、スポーツドリンクなどを少しずつ飲むようにしましょう。一気に飲むと吐いてしまいますので、無理のない量で何度かに分けて口にするようにしましょう。

食事については、症状の真っ只中の時期には何を食べても吐き戻してしまいますので、半日くらいは食事を摂らない方がいいです。症状が落ち着いて、水分を摂っても吐かないくらいになってきたら、胃腸に優しいおかゆやうどんなどから少しずつ食べ始めるのがいいでしょう。無理して食べないことがポイントです。水分だけでなく、食欲が出てきていても、まだ体内にウイルスが存在しています。しばらくは、バターやチーズ、ヨーグルト、プリンなどの油や脂肪、乳製品、卵製品は控えて様子を見た方が賢明です。

ウイルスによる感染性胃腸炎を治療する薬は、残念ながらありません。そのため、感染性胃腸にかかったら、身体に入ったウイルスを早く身体の外に出すしか治す方法がありません。下痢や嘔吐などでウイルスは外に出ていきます。注意したいのが、下痢止めの薬は絶対に飲まないということです。病院にかかると、胃炎改善の薬と整腸剤を処方されます。抗生物質は、腸内の善玉菌まで傷つけて、逆に下痢を引き起こす可能性もありますので、使用しません。

周りの人が感染性胃腸炎にかかった時の処理の仕方

自分の周りの人が感染性胃腸炎にかかった場合、正しい処理の仕方をしないと感染を広げてしまうことになります。

嘔吐物の中に一番ウイルスが存在しています。そのため、嘔吐物を処理している時に空気中に舞い散ったウイルスを吸いこんで、処理した人が感染してしまうということが非常に多いです。嘔吐物を片づける際は、必ずゴム手袋とマスクを着用して行ってください。嘔吐物のついたものはできるだけ素早く廃棄して、ゴミ袋の口はしっかり結んでおきましょう。そのゴミ袋をさらに別のゴミ袋に入れて、しっかり口を縛って捨てればより確実です。

処理が終わったら、十分泡立てた石鹸で手をよく洗いましょう。洗面所などのタオルは、感染性胃腸炎の患者さんとは共用せず、別々のタオルを使いましょう。

ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク  150枚入
ユニチャーム
売り上げランキング: 151

まとめ:腹痛や激しい下痢・嘔吐がある感染性胃腸炎は対処法に気を付けて治療しよう

腹痛を伴い、激しい下痢や嘔吐が現れる感染性胃腸炎は、風邪の症状とよく似ています。その原因は、ノロウイルスやアデノウイルスなどのウイルスに感染するというものです。治療できる薬はありませんので、嘔吐や下痢を繰り返してウイルスが完全に体外に排出されるのを待つことが大切です。脱水症状が心配されますので、無理のない程度に水分を摂りましょう。

患者の嘔吐物から他の人が感染することも多いので、処理の仕方も重要です。マスクと手袋は必ず着用して嘔吐物を片づけ、使ったマスクや手袋、嘔吐物は素早く廃棄して、入れたゴミ袋の口はしっかりと結びましょう。

正しく対処して、感染を最小限に抑えましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment