風邪による胃痛の原因と改善、予防のための方法

風邪で咳する女性

風邪と胃痛には関係があるのでしょうか?

この質問に関しては「ある」と言って良いでしょう。風邪と胃痛には一見関係性がないように思えますが、実は関係があるのです。

とはいえ、風邪を引いたから胃痛になる、また胃痛になったから風邪というわけではありません。なぜなら、どちらか片方の症状のみが表われるということもあるからです。ですから、風邪を引いたもしくは胃痛がするという場合、それが長く続くのであれば早めに病院へ行きましょう。

まれに風邪と胃痛の症状が同時に起きることがあります。そのような場合はどのような病気が原因なのでしょうか?またどのようにそれを改善し、また予防することができるのでしょうか?この記事ではこれらの点についてご紹介してみたいと思います。是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

風邪と胃痛を同時に発症した場合

胃痛の男

風邪と胃痛を同時に発症した場合、幾つかの原因が考えられます。正しい原因を突き止めて治療しましょう。

風邪と胃痛の原因その1:胃腸風邪

風邪と胃痛が同時に発症した場合、考えられる病気は胃腸風邪です。胃腸風邪を発症すると、胃痛がするとともに下痢や吐き気、嘔吐を伴うことがあります。

胃腸風邪に関係する主な病原体のひとつに、ノロウィルスが挙げられます。食中毒として感染する場合と、人から感染する場合の2種類の感染経路があることが知られています。もうひとつはロタウィルスです。こちらはウィルス性の腸炎の原因となります。どちらの病気も冬に流行する胃腸風邪です。

風邪と胃痛の原因その2:薬の飲み過ぎ

薬の飲み過ぎによって、胃痛が起きるということもあります。病院で風邪薬を処方される時に、胃を保護する薬も同時に出されることがありますよね。あの薬は、風邪薬による胃痛を抑えるために処方されるものです。風邪薬や鎮痛剤には胃粘液の層を破壊して、胃を直接傷つけることがあります。

そのため、市販の風邪薬や鎮痛剤を飲み過ぎると、胃痛がすることがあるでしょう。

ではこれらのことが原因で胃痛がするという場合にはどのように改善することができるのでしょうか?次にその点をご紹介してみたいと思います。

胃腸風邪の改善方法

ノロウィルスなどが原因で胃腸風邪になってしまった場合は、まず病院へ行きましょう。また吐き気や嘔吐、下痢があるのであれば、食事を控えるのが望ましいでしょう。また体を安静にして暖かくしておくことも胃腸風邪を治すために大切です。

とはいえ、嘔吐や下痢があると水分も失われてしまいます。水分補給だけは忘れずに行うようにしましょう。経口補水液やスポーツドリンクなどを常温にして、適度に飲むようにしましょう。水分も摂れないほど胃腸風邪の症状がひどいのであれば、病院で点滴をしてもらうことが必要です。

薬の飲み過ぎを防ぐ

薬の飲み過ぎが原因で胃痛がするのであれば、その薬をあまり飲まないようにすることが必要でしょう。とはいえ、風邪の症状が続いたり、頭痛などが続いたりすると症状を和らげるために薬を飲む必要があるでしょう。その場合は医療機関から処方されたものを飲むようにしましょう。

病院では胃を守るための薬が必要であるならば一緒に処方されます。そのような薬を服用するようにするなら、胃を守ることができ、薬による胃痛を防ぐことができるでしょう。

ここまでで、風邪が原因となって起きる胃痛の改善方法についてご紹介いたしました。では、胃腸風邪や薬による胃痛をどのように予防できるのでしょうか?幾つかご紹介してみたいと思います。

胃腸風邪の予防方法

辛い胃痛などの症状を伴う胃腸風邪を、どのように予防することができるのでしょうか?まずは手洗いやうがいをしっかり行いましょう。また胃腸風邪を起こしている人が家族の中にいるのであれば、他の家族が感染しないようにその人だけは専用の手拭や食器を使うようにしましょう。

薬による胃痛の予防方法

胃を弱らせてしまう生活習慣を改善することによって、薬による胃痛を予防できるでしょう。脂物ばかり食べたり、お酒をたくさん飲んだりすることを続けているなら、薬による胃痛を起こしやすい胃になってしまいます。このような生活習慣を改善することによって、胃痛を予防しましょう。

健診・健康管理専門職のための新セミナー生活習慣病
田中 逸
日本医事新報社
売り上げランキング: 7,587

まとめ:普段の生活習慣を改善して胃痛を予防しましょう

この記事では、胃痛の原因と改善方法、予防方法を幾つかご紹介させていただきました。参考にしていただけたでしょうか?

普段から手洗いやうがいをしっかりと行ない、清潔な状態を保つなら胃痛を伴う胃腸風邪を予防できます。また、バランスの良い食事をすることや、お酒を飲み過ぎないことによって、胃を弱めないようにすることができ、薬による胃痛を予防することができます。薬も飲み過ぎないことが大切です。胃痛を予防するために是非この記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment