犬の風邪は人にうつるの?身近な疑問と犬の風邪や感染症について

犬

あまり「犬の風邪」なんて言葉は耳にしませんよね。
寒くなり、風邪の流行する季節になってくると、一緒に生活している犬は風邪をひくのか、犬の風邪は人にはうつらないのかといった疑問は出てこないでしょうか。

本記事では、犬が風邪をひくのか・どんな症状なのか・人には感染するのかなどの日常で気になることを詳しく紹介していきます。

ペットは日々疲れた心を癒してくれる、心強い家族です。犬に対する正しい知識をもち、ペットとの快適な毎日を過ごしていきましょう。

スポンサーリンク

犬の風邪

犬の鼻

風邪とは「急性の上部気道炎(喉から鼻までの炎症)で主にウイルス感染が原因であり、発熱、鼻汁、喉の痛みや咳などの症状がみられるものの総称」と言われています。

犬にも風邪によく似た症状がみられることがあります。この症状、人には感染するのでしょうか。

犬の風邪はうつるのか

研究によると、風邪の症状をおこすウイルスには多くの種類があると言われています。また人と犬の感染するウイルスの種類は違うため、犬の風邪は人には感染しないことがわかっています。

犬の代表的なウイルスは以下の通りです

  • アデノウイルスⅡ型
  • 犬パラインフルエンザウイルス
  • 犬ジステンパーウイルス
  • 犬ヘルペスウイルス
  • ボルデテラ・ブロンチキセプティカ(気管支敗血症菌)

犬に風邪のような症状があらわれたら?

それでは、犬に風邪のような症状が現れるのはどんなときなのでしょうか。

咳がみられる場合
ケンネルコフ、犬ジステンパー、フィラリア症、気管虚脱など
くしゃみや鼻水がみられる場合
ケンネルコフ、犬ジステンパー、伝染性肝炎、アレルギーなど
上記に発熱がみられる場合
ケンネルコフ、犬ジステンパー、気管支炎、肺炎など

この中のケンネルコフは数日で治るなど比較的軽症で、人間の風邪とよく似ています。ただし、体力のない子犬や老犬などは重症化の恐れもありますので、注意が必要です。

また、犬ジステンパーなどの命にかかわる病気も含まれています。安易な気持ちで寝かせておかず、きちんと動物病院で診察してもらいましょう。

犬が風邪にかからないためには

ワクチンなどで予防する
アデノウイルスⅡ型、犬パラインフルエンザ、犬ジステンパーウイルスに関しては、混合ワクチンで予防が可能です。また、フィラリア症は定期的な投薬により予防することができます。動物病院へ行くと詳しく説明をしてもらえるので、わからない場合は獣医師に聞いてみるとよいでしょう。

清潔な環境をつくる
ケンネルコフは伝染性の呼吸器の病気です。不潔なブリーダーやペットショップなどの大量に犬の集まる場所でよくみられるため、犬の生活環境を清潔にすることが大切です。

乾燥と寒さに気をつける
人の風邪のように、犬も冬のほうがかかりやすいと言われています。
なぜなら、多くのウイルスは乾燥と低い気温で繁殖しやすくなるからです。また空気の乾燥により気道粘膜の働きが鈍くなるのとともに、寒さによって犬の体力も低下することも冬にかかりやすい要因となります。

犬から人にうつる病気

それでは、犬から人にうつる病気はないのでしょうか。
人と犬の間には、「人と動物との間に共通で感染する感染症(人畜共通感染症)」が存在します。有名なものでは小説や漫画にも出てきた狂犬病がありますね。そういった病気の種類と予防方法を紹介していきます。

犬から人に感染すると言われている病気を下記に集めました。

  • 狂犬病・レプトスピラ症・パスツレラ症・ブルセラ症・サルモネラ症・ノミアレルギー・瓜実条虫症・エキノコックス症・疥癬症・皮膚糸状菌症・Q熱

これらの病気の多くは健康な人には発症しない、もしくは軽度ですむと言われています。ただし抵抗力が低い場合や、重症化する病気にかかる場合もあります。感染リスクを抑えるために予防への意識を高めていきましょう。
大事な家族なのですから、むやみに怖がらずに正しい知識を持って対処していきましょう。

犬の感染症に対する予防法

  • 狂犬病の予防注射を受ける
  • キスや口うつしなどの濃い接触を避ける
  • 犬の周りや触れたものを清潔にする
  • ノミやダニを駆除する

家族で体力や抵抗力の落ちている病人・こども・老人がいる場合は接触に気を配りましょう。

まとめ:犬と人がともに生活するために

今では家族としていなくてはならない存在となった犬。彼らとともに生きていくためには、犬に対する知識と行動が必要です。お互いに元気で過ごせるよう、下記に注意点をまとめました。

  • 犬の風邪は人にはうつらない
  • 犬の風邪は治らないようなら動物病院へ
  • 犬から人へうつる感染症もある
  • 適切な対処で感染症は防げる

犬は、いいときも悪いときも共に過ごしてくれる大切なパートナーです。「犬との生活が赤ちゃんの感染症発症割合を低くする」といった研究報告も出されています。彼らとずっと一緒に過ごせるよう、本記事を参考に犬の風邪や感染症について一度考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment