急な腹痛と下痢は胃腸風邪!?その症状や注意したいポイントについて

風邪の女性

胃腸風邪は、急激な下痢や嘔吐といった症状を発症します。胃腸風邪に対しては、下痢や嘔吐など胃腸風邪自体に対する辛さもさることながら、脱水症状には特に注意をする必要があります。胃腸風邪の際には水すら飲むことができない場合もあります。さらに、胃腸風邪に対しては、周囲の方が感染しないように注意しなくてはなりません。本稿では胃腸風邪の症状や胃腸風邪の際にもっとも注意していただきたい点などを述べています。

スポンサーリンク

大変つらい症状を伴う胃腸風邪

風邪で寝込む女性

風邪はウィルスの感染によって起こります。風邪の原因となるウィルスは数百の種類があり、その症状も様々となります。風邪のウィルスに感染した場合に生じる一つのタイプの風邪として、胃腸風邪と言われるタイプの風邪があります。

通常の風邪であれば、悪寒や喉の痛みなどから始まり、気だるさ、熱などという過程で少しずつ体調が悪くなることが多いと言えます。しかし、胃腸風邪の場合には体調は一気に悪くなります。具体的には大変激しい腹痛と下痢、吐き気が生じます。

胃腸風邪の場合、その体調の悪さは急激に起こることが特徴です。何の問題もなく昼食を食べていたのに、午後になったら急に吐き気と下痢が襲って来るということもあります。このように胃腸風邪は、胃腸の悪化とともに急激な吐き気や下痢等を伴う非常につらいタイプの風邪ということができます。

胃腸風邪の際にもっとも注意したいこと

胃腸風邪の場合には、多くの場合、食事をすることは困難となります、食事をしようとして一口食べただけでもすぐに吐いてしまうことになります。また、胃腸風邪の場合、さらに水を飲むことも困難となることがあります。

そして、水を飲むことが困難となってしまった場合にもっとも注意したいのが脱水症状です。脱水症状が進めば、臓器の活動低下など健康に対する深刻な被害が生じることがあります。そのため、い胃腸風邪の際にもっとも注意したいことは脱水症状
であるということができます。

特に子供の場合には胃腸風邪に伴う脱水症状により、水分と電解質がなくなってしまい、胃腸風邪から非常に重篤な症状となってしまうこともありえます。

胃腸風邪の場合で症状がひどく、水すら飲むことが困難な場合には病院で点滴を受けることなどが必要と言えます。特に、子供の胃腸風邪の場合には小児科医の指示をしっかりと聞き、慎重に対応することが重要となります。

胃腸風邪に対する対処法

胃腸風邪にかかってしまった場合の対処方法としては、基本的には、医師から処方された薬を飲みながら下痢と嘔吐を我慢して続けるということしかないということになります。0つまり、胃腸風邪の対処法として特別な治療法はないというのが実際のところです。

よく知られているように、現在、風邪に対する特効薬はありません。そのため、胃腸風邪に対する特効薬も当然ないということになります。風邪はあくまでも体の抵抗力・自然治癒力の働きによって快癒することを期待する以外はないということになります。

また、胃腸風邪に伴う下痢や嘔吐も、その下痢や嘔吐によって胃腸にいるウィルスを体外へ排出するという作用を持つことになります。いわば、体の自然な解毒作用が胃腸風邪の際の下痢や嘔吐です。

そのため、胃腸風邪による下痢が辛いとしても、医師の判断で処方された場合以外は下痢止め薬などを飲むことは控えるようにしてください。

そして可能な限り、水分を補給して脱水症状にならないように注意することが大切です。

胃腸風邪の場合には看病にも注意が必要

ご家族が胃腸風邪にかかってしまわれた場合には、看病をされる家族の方なども注意が必要となります。つまり、下痢や嘔吐などの際にそばにいることで胃腸風邪が感染してしまうことがあり得ます。

特に小さなお子さんが胃腸風邪にかかってしまったような場合には、嘔吐物の処理をしたり、トイレを掃除する必要が生じることがあります。この場合には、必ずマスクをして、可能であればゴム手袋もされるようにしてください

胃腸風邪の原因となるウィルスは大変感染力が強い物もあり、嘔吐物のそばにいるだけでも胃腸風邪が感染してしまうこともあり得るためです。近時、注目されているノロウィルスの流行や感染力をご想像いただければ、胃腸風邪のウィルスの感染力を感じていただけると思います。

胃腸風邪の場合には、周囲の方が感染してしまわないように注意をすることも大切です。

ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク  150枚入
ユニチャーム
売り上げランキング: 261

まとめ:胃腸風邪についてのまとめ

以上、本文で述べました胃腸風邪についてのポイントをまとめますと以下のようになります。

  • 胃腸風邪は激しい下痢や嘔吐の症状を伴う風邪です。胃腸風邪の場合、下痢や嘔吐の症状が急激に発症するという点が特徴的です
  • 胃腸風邪の際に最も注意しなければならない点は、下痢や嘔吐に伴う脱水症状です。水すら飲むことができない状態が長引く場合には病院で点滴などを受けることも重要です。
  • 胃腸風邪については、看病をされる方など周囲の方も注意することが必要です。胃腸風邪は大変感染力が高いケースもあるので、周囲の方はマスクなどで胃腸風邪の感染を予防することが大切です

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment