衝撃!風邪薬を飲むと太るメカニズム

薬を飲む女性

「風邪薬を飲むと太る」という話をご存知でしょうか。比較的最近発見されたことですが、実は科学的な根拠があり、信ぴょう性がある説です。風邪薬を飲むと太るというのは一体どのようなメカニズムなのでしょうか。また、(風邪薬を飲まないわけにはいきませんので)

その対策はどうすれば良いのでしょうか。

スポンサーリンク

NHKで放送された・風邪薬が太る原因に

風邪の女性

風邪をひいてしまった時には誰でも風邪薬を飲んで早く治るようにすることでしょう。風邪薬は風邪をひいてしまった時には必要不可欠となる「アイテム」ということができます。

しかし、実は、風邪薬を服用することが太ることにつながってしまうという、大変ショッキングな研究が近時あります。しかも、この風邪薬が太るということはNHKでも放送されました。(2011年9月28日・NHKのニュース番組「朝イチ」)

風邪薬が太る原因というのは一体どのようなことなのでしょうか。

風邪薬で太る原因は抗ヒスタミン

風邪薬が太る原因となるという点については、ヒスタミンという物質が関連しているそうです。

ヒスタミンは体の血液や組織の中に存在し、アレルギー反応や炎症などに関係する物質です。風邪をひいてしまった場合には、風邪のウィルスの働きによりアレルギー反応(くしゃみなど)や炎症が激しくなるので、このヒスタミンの働きを抑える必要があります。そこで、多くの風邪薬には、ヒスタミンの働きを抑制する「抗ヒスタミン薬」が含まれています。

このように風邪の際にはヒスタミンの働きを抑えてアレルギーや炎症を抑えることが必要です。

しかし、同時に脳内に存在するヒスタミンには満腹中枢を刺激するという働きがあります。つまり、脳内にヒスタミンが多いと満腹中枢が刺激されやすく、食べすぎにならないということになります。

しかし、風邪薬に含まれる抗ヒスタミン薬がヒスタミンの働きを抑制して食欲を増進させてしまうということになります。これが風邪薬を飲むと太ると言われるメカニズムです。

この風邪薬(抗ヒスタミン薬配合のもの)→ヒスタミンの働きの抑制→食欲増進・太るというメカニズムを研究された医科大学の名誉教授の方は、風邪にかかってしまい風邪薬を飲んだ赤ちゃんにミルクを与えると、ミルクをいつもよりも多く飲むという現象から風邪薬になにか食欲増進作用があるのではないかと考え、その成分を分析した結果、抗ヒスタミン薬の働きに気づいたとのことです。

抗ヒスタミン薬は風邪薬だけではなく、花粉症の薬や抗うつ剤などにも配合されています。極論を言えば、風邪薬に限らず、抗ヒスタミン薬が配合されている薬であれば食欲を増進させて太る可能性があるということになります

対策は食べ物を良く噛むこと

抗ヒスタミン薬が食欲を増進させて太る原因となるからといっても、だからといって風邪薬(あるいは花粉症の薬・抗うつの薬など)を飲むことをやめるわけにはいかないでしょう。

では、どうすれば抗ヒスタミンの作用により太ることを防止することができるのでしょうか。

もっとも手軽な方法として挙げることができるのが、食事の際に食べ物を良く噛むという方法です。具体的には、一口で30回程度噛むことによって太ることを防止することができます。

先に書きましたように抗ヒスタミン薬によって食欲が増進して太る原因となるのは、満腹中枢がなかなか刺激されなくなってしまうことに原因があります。そのため、他の方法で満腹中枢を刺激すれば、太ることを防止することができるということになります。

よく言われるように、食べ物を良く噛むことで満腹感を得やすくなります。(具体的には
咀嚼の刺激が脳の結節乳頭核という部分に届き、ヒスタミンが増えやすくなります。)

そのため、風邪の際にはヒスタミン配合の風薬を飲んでも、食事を良く噛むことで太ることは十分防止することができます。

このようにヒスタミン配合の風邪薬(あるいは花粉症その他の薬など)が太る原因となり得るとしても、太るのを避けるために風邪薬を飲まずに風邪を悪化させてしまっては何の意味もありません。

太るのを避けるために風邪薬等を飲むのを嫌煙するということは決してせずに、よく噛むことによりヒスタミンを増やすということがおすすめできます。

小林製薬の栄養補助食品 熟成黒にんにく黒酢もろみ 90粒
小林製薬 (2009-10-07)
売り上げランキング: 360

まとめ:風邪薬で太ることを避けるためには

以上、本文で述べました風邪薬と太るということの関係についてのポイントをまとめますと以下のようになります。

  • 風邪薬の服用で太るというのは、風邪薬に含まれる抗ヒスタミン薬がヒスタミンの働きを抑制してしまい、食欲を増進させるためです。抗ヒスタミン薬は風邪薬だけではなく、花粉症や抗うつ剤などにも含まれています
  • 風邪薬(あるいはそれに含まれる抗ヒスタミン薬)による食欲増進によって太ることを防止するためには、食べ物を良く噛むことがおすすめです。よく噛むことによって脳のヒスタミンが活性化するためです。具体的には、一口で30回程度噛むことがおすすめです
  • 抗ヒスタミン薬を避けるために風邪薬などを飲まないということは、本来治したい症状が治らないことになりますので、そのような方法はとってはいけません

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment