風邪の時に解熱剤を使わずに熱を下げる方法

薬を飲む男

風邪をひいて発熱するのは、熱に弱い風邪のウイルスを撃退するために身体が熱を作り出して起こります。そのため、かなりの高熱が出ている時以外は解熱剤を使って無理やり熱を下げない方がいいと言われています。しかし、発熱をしている状態は体力を奪われますし、苦しく感じるものであり、早く熱が下がって楽になりたいと思うものです。

それでは、解熱剤を使わずに熱を下げる方法はあるのでしょうか。風邪の時に解熱剤を使わずに熱を下げる方法を紹介します。

スポンサーリンク

身体を温めて汗をかく

仕事する男

風邪を治すには汗をかくことが大切です。汗をかくことで皮膚表面についた汗が蒸発するときに、一緒に熱も奪っていき、熱が下がります。

風邪をひくとどうしても寒気が出てしまいます。そのような時には、身体を温めてゆっくりと過ごすといいでしょう。ココアなどの好みの温かい飲み物でもいいですが、身体を温める効果をより得るなら、生姜がおすすめです。
生姜紅茶などが市販されていますので、それにはちみつを入れて飲むと、心も身体も温まってリラックスできます。

足湯も身体を温めるのに効果のある方法です。足湯をしながら後頭部と首の後ろをタオルなどで温めると、より早く温まります。

適度に身体を冷やす

汗をかいて風邪を治すという方法が一番いいのですが、時間がかかるのも事実です。一晩でよくなるとは言い切れません。どうしても熱を下げたいという時は、一時的でも熱を下げる方法があります。ただし、やりすぎると逆に身体が冷えて悪化してしまいますので、適度に行うようにしましょう。

用意するものは、氷か保冷剤、保冷剤を包むガーゼです。保冷剤は、よくケーキを買った時についているものであれば大丈夫です。なければ、ビニール袋に氷を入れて、水が漏れないようにしたものを用意しましょう。ガーゼが自宅になければ、タオルハンカチでも構いません。氷が直接身体に触れないようにするためのものです。

方法は、保冷剤やビニール袋に入れた氷をガーゼで包み、身体の動脈部に乗せます。熱を下げるには、大きな動脈がある場所を冷やすと効果があります。
動脈がある場所は、脇、両足の付け根、両首などが挙げられます。高熱の時にこの部位を冷やすと効果的です。ただし、冷やすのは脇か両足の付け根までにしておきましょう。首を冷やすのが最も効果的ですが、脳に送られる血液が冷やされるのでおすすめできません。どうしても熱が下がらないという時だけにしましょう。

解熱に効くツボを押す

身体には解熱に効くツボがいくつかあります。安静にした状態で行いましょう。

①関衝(かんしょう)

関衝のツボは、薬指の爪の下の小指側にあります。このツボを刺激することで解熱作用や頭痛、目の充血などに効果があります。

②合谷(ごうこく)

親指と人差し指の根元が交わる手の甲側にくぼみがあり、そこに合谷のツボがあります。押したい側の手を支えながら、親指を使って刺激をします。親指は垂直に立てるように押すと、効果があります。発熱やストレスなどに効く万能のツボです。

解熱に効果のある食べ物を摂取する

食べ物に含まれる解熱効果を利用して、身体の中から熱を下げるようにしましょう。

①レタス

レタスには、解熱作用や食欲を増進させる働きがありますので、体調回復を助けてくれます。そのため、熱のある患者が食欲のないときに食べることをおすすめします。

②生姜

生姜の辛みと香りには、強力な発汗作用や解熱作用があります。生姜を湯呑に入れて、熱い番茶を注いで飲むと飲みやすいです。

③ゴーヤ

ゴーヤにはビタミンAやC、カリウムなどが豊富に含まれており、解熱作用の効果があります。

こまめな水分補給

発熱して汗をかくと、身体の水分が失われますので、こまめに水分補給をしましょう。発熱だけでなく、嘔吐や下痢を伴う場合にはミネラルも流出してしまいますので、積極的にミネラルドリンクを飲むようにしましょう。ただし、子供に大人用のスポーツドリンクを飲ませると、濃度が濃すぎるため逆に脱水症状を起こす場合もありますので、注意が必要です。子供用のスポーツドリンクを飲ませるようにしましょう。

また、カフェインは利尿作用があり水分が逃げてしまいますので、避けた方がいいでしょう。

一生風邪をひかない体のつくり方 (知的生きかた文庫)
村上 一裕
三笠書房
売り上げランキング: 18,589

まとめ:自然に熱が下がるように、身体を温めて汗を出すようにしよう

解熱剤を使わないで熱を下げるには、身体を温めて汗を出すという方法が、一番自然に熱が下がる方法です。しかし、仕事があってどうしても休めないなど、どうしても熱を下げたいという場合には、氷や保冷剤を使った解熱の方法も試してみてください。

解熱剤で無理やり熱を下げる方法を行う前に、熱が出ている理由を考えて自然に熱が下がるように身体を温めましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment