間違ってませんか?!風邪を引いた時の栄養ドリンクの正しい飲み方

栄養ドリンク

 

風邪を引いた時、栄養ドリンクを飲む方って結構いると思います。風邪薬を飲む代わりに高い栄養ドリンクを飲むと効く、という人や、中には風邪薬を栄養ドリンクで飲むという人まで。確かに栄養ドリンクは病中病後に良いとうたってありますが、好き勝手に飲んで大丈夫なものなのでしょうか。

こちらでは、風邪を引いた時の栄養ドリンクの正しい飲み方についてご紹介します。

スポンサーリンク


そもそも栄養ドリンクとは

栄養ドリンクとは

風邪の女性

栄養ドリンクとは、肉体疲労や病中病後などの栄養補給を目的とするドリンク剤です。ビタミン類やタウリン、カフェイン、生薬などが処方されているため、体が疲れているときなどに効果を発揮します。薬ではなく医薬部外品のものが多く、茶色のビンに入っていて、100ml前後の栄養ドリンクが一般的です。この茶色のビンは、成分劣化を防ぐため、さらには薬のような存在をアピールするためのものと言われています。

栄養ドリンクの効果

栄養ドリンクの効果は配合されている成分によって、肉体疲労や風邪などに効果があるとされています。基本的にはビタミン群や生薬、タウリンなどが中心となっています。ビタミンの一般的な効果は体調不良を整えます。タウリンの一般的な効果は肝臓の機能を高め、血液中のコレステロールを下げてくれます。生薬は、ニンジン、ローヤルゼリー、イカリ草などが主で強壮強精、食欲増進などの作用があります。

ただし、栄養ドリンクを飲んですぐに効果があるけど時間が経つとどっと疲れが出る、というのは栄養ドリンクに含まれているカフェインやアルコールのせいだといわれています。一時的にシャッキっとした効果が得られますが、持続性がないとも言われています。今すぐ元気を出したいという人はアルコールが含まれている栄養ドリンクを飲むと良いでしょう。

副作用はある?

栄養ドリンクには副作用はないと言われています。しかし毎日のように栄養ドリンクを飲んでいると少し弊害があるようですので注意しましょう。まず、栄養ドリンクにはコーヒーの10倍とも言われる強いカフェインが入っています。このことから依存性が高くなり、もともと多量摂取はよくないとされるカフェインなだけに注意が必要です。最近ではカフェインの入っていない栄養ドリンクも登場しています。さらに栄養ドリンクには頭がすっきりする効果のために糖分が多く含まれているため、毎日飲み続ければ糖尿病になる可能性も高くなっていきます。しかし、栄養ドリンクに含まれているビタミンは水溶性のもので、多量に摂取したとしても尿で出てしまうので問題はありません。ここぞという時の1日1本にとどめておくのが必要です。

風邪と栄養ドリンク

栄養ドリンクは風邪に効く

風邪薬というのは、発熱や咳や鼻水など出ている症状を抑える「対処療法」でしかありません。そして風邪を元から治すのは、本人の体力です。風邪の時はただでさえ体力が落ちている上に、発熱などで余計に体力を奪われます。栄養ドリンクには栄養素が豊富に含まれています。栄養ドリンクを効果的に活用することで風邪による、体力の低下を補ったり、基礎体力を増強させることで、体調が回復することをサポートしたいものです。

栄養ドリンク剤の成分には熱を下げたり(炎症をとる)、体力を増強させたりという効果のある生薬「牛黄」が入っているものもあります。また栄養ドリンクによく配合されているイノシトールやニコチン酸アミド、ビタミンB6などのビタミンB群により、疲れをとることも期待できます。なので栄養ドリンクは飲んだ方が、風邪が治りやすいのは事実です。

風邪薬と栄養ドリンクの併用の注意点

風邪薬とドリンク剤を一緒に服用しても問題はありません。但し、風邪薬の中にカフェインが入っているものもあります。カフェイン入りのドリンク剤と併用すると、カフェインの量が過剰になる恐れがあります。 カフェイン含有の風邪薬を服用する場合は、ドリンク剤はノンカフェインのものを選びましょう。

また、栄養ドリンクには一種の興奮剤のようなものとしてアルコール入りのものがあります。アルコールと風邪薬を一緒に飲むと薬の効き目が強く出たり副作用が多く出てしまったりすることがあるので注意が必要になってきます。風邪の時に栄養ドリンクを飲む時はノンアルコールタイプの栄養ドリンクにしましょう。

チオビタドリンク 100ml×50本
大鵬薬品工業
売り上げランキング: 402

まとめ:風邪を引いたら栄養ドリンクを飲もう

風邪薬は、風邪に伴う症状を抑える薬です。大切なのは本来持っている自然治癒力です。そのためには体力をつけることが大事ですので、栄養ドリンク剤を飲んで体力をつけると風邪も治りやすくなりますよ。注意点をおさらいしておきましょう。

栄養ドリンクを飲む際の注意点

  • ノンカフェインを選ぶ
  • ノンアルコールを選ぶ
  • 1日1本にとどめておく

上手に栄養ドリンクを利用して、ツラい風邪を早く治してくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment