Home / 健康 / 健康全般 / 風邪 / 1日少しのチョコレートで風邪予防!?チョコレートは健康食品
チョコレート、ケーキ菓子
チョコレート、ケーキ菓子

1日少しのチョコレートで風邪予防!?チョコレートは健康食品

チョコ

風邪の本格的に流行る時期ですが風邪予防はされていますか?

風邪の予防には手洗いやうがいはもちろんですが他にも色々な方法があります。

私たちの生活に馴染みの深い食品やお茶の中には強い抗菌作用を持つものや咳止めの効果を持ち風邪に有効的なものが意外に多くあります。

特に最近注目されているのはチョコレートの健康効果と風邪に対する効果ではないでしょうか?

日本では風邪と言えばお粥や生姜湯などがお馴染みですが、これは日本に限った話。文化が違えば風邪の時に食べる食べ物も変わってきます。

フィリピンでは風邪の時にはチョコレートを食べると良いと言われているそうです。

この風邪にチョコレート、どのような効果があるのでしょうか。

スポンサーリンク

チョコレートの栄養成分

チョコレートを食べる女性

甘いイコール体にあまり良くないとは言い切れないものです、チョコレートには風邪に良いとされる成分以外にも健康維持に必要な栄養成分が沢山含まれています。

ビタミン、ミネラル

チョコレートにはビタミンEやカルシウム、マグネシウム、亜鉛など脳の代謝に必要な成分が沢山含まれています、他にもカテキンやアントシアニンなどボケを防止するといわれる成分も豊富に含まれています。

食物繊維

意外にもチョコレートには沢山の食物繊維が含まれています。食物繊維は便秘解消、肥満防止に効果的です。

ポリフェノール

チョコレートの主な原料であるカカオには沢山のポリフェノールが含まれています。ポリフェノールは体内の活性酸素を除去してくれるので生活習慣病予防に効果があります。

テオブロミン

このテオブロミンという成分には大脳を刺激し活性化させる作用があります。集中力や記憶力、思考力を高めるのにチョコレートは効果を発揮します。学生の皆さんは風邪チョコレートで成績アップを図ってみてはいかがでしょうか。

ブドウ糖

さらにチョコレートには脳のエネルギーとなるブドウ糖が含まれます。また脳の伝達物質の生成も助けてくれます。チョコレートは正に勉強にもってこいの食品と言えます。

何故チョコレートが風邪に良いのか

チョコレートの主成分と言えばカカオですがこのカカオにはテオブロミンという成分が含まれています。自然界でこのテオブロミンを含んだ食べ物はカカオのみといわれています。

テオブロミン、どんな物質?

テオブロミンは1878年にカカオの種から初めて分離されました。カフェインに似た構造を持つこの成分はチョコレートやココアの苦み成分でもあります。

ちなみにこのテオブロミン、咳止めの薬で有名なコデインの3倍近くの咳止め効果を持っていると言われています。これがチョコレートが風邪に良いとされる理由ではないでしょうか。

テオブロミンには以下のような作用があります。

  • 自律神経の調節によるリラックス効果
  • 血糖値の降下作用
  • 利尿作用
  • 大脳皮質の刺激による集中力や記憶力の増大
  • 強心作用

チョコレート、風邪だけでなくなんだかとっても体にいい気がします。ちなみにカカオの学名はTheobromaと言うそうです。これはギリシャ語で神の(Theo)食べ物(broma)に由来するとのこと。チョコレートやココアの原料であるカカオは昔神の食べ物と言われていたのですね、チロルチョコも5円チョコもなんだかとってもありがたく思えてきます。

テオブロミンの驚くべき健康効果

風邪の咳止めにとっても効果のあるチョコレートの成分テオブロミンですが先にご紹介した以外にも色々な健康作用を持ちます。

ダイエット効果

テオブロミンには毛細血管の血流を上げる効果があります、血流が上がり体温が上昇すると言う事はエネルギーの消費を促す事になります、結果ダイエット効果が期待できます。しかし市販のチョコレートには糖分も沢山含まれています、ダイエット目的の方は糖分の少ないビターチョコレートを選ぶようにしましょう。

冷え性改善

血流が上がると言う事はもちろん冷え性改善にもなります、また利尿作用と代謝の活発化によってむくみ解消にも繋がります。

リラックス効果

先にもご紹介しましたがテオブロミンにはリラックス効果があります。テオブロミンはカフェインに似た構造を持っていますが興奮作用はカフェインよりもずっとマイルドです。脳内神経伝達物質のセロトニンに働きかけて幸福感をもたらすと言われています。

食べ過ぎに注意!

体に良い成分を沢山含んでいるチョコレート、鉄分も多く含むので鉄分の不足しがちな女性にもとっても優しい食べ物なのですが。。風邪のウィルスは増殖するために鉄分を多く必要とします。熱がある時などにチョコレートを沢山食べてしまうのはかえってウィルスに餌を与えるようなもの、適切なタイミングで適量を食べるようにしましょう。また、糖分の摂りすぎにも注意してください。

本来は風邪で咳がひどい時にビターチョコレートを少量というのが一番いいのでしょうが、気がつくと板チョコまるまる一枚食べてしまっているのもまたチョコレート。。。我慢して風邪予防に毎日少しずつ食べましょう。

みんなのおやつ しみチョコスナック 52g×12個
ギンビス
売り上げランキング: 18,115

チョコレートで風邪予防のまとめ

  • チョコレートには沢山の栄養成分が含まれているが、その中でもカカオにしか含まれないテオブロビンの効果は絶大。
  • テオブロビンには風邪の時の咳を止める効果がコデインの3倍近くあると言われている。
  • 色々な栄養素を含むチョコレートは健康維持や風邪の予防にも最適。
  • 食べすぎにはくれぐれも注意しましょう。

スポンサーリンク

Check Also

月夜

風邪の症状が辛くて寝れない時の対処法

風邪を早く治したいと思って早め …

One comment

  1. Right here is the right site for anybody who really wants to find out about this topic. You realize so much its almost hard to argue with you (not that I personally would want laugh out loud). You definitely put a brand new spin on a topic that’s been written about for a long time. Excellent stuff, just great!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です