風邪でバイトを休むのは悪いこと?バイトの休暇のとり方

広告ロゴ
バイト中の男

風邪やインフルエンザが流行る冬では、体調を崩さないように日頃からうがいや手洗いなど、予防を心がけなければなりません。しかし気を付けていても、ふとしたタイミングで風邪をひいてしまうこともあります。

バイトをしている人は、風邪をひいても身体が動くうちは仕事に行くかもしれません。しかし、咳や鼻水が止まらなかったり、熱があって頭がぼーっとしてしまうような状態だと、仕事の効率は上がりませんし、一緒に働く人に迷惑をかけかねません。こんな状態でバイトを休むのは悪いことなのでしょうか?

スポンサーリンク

風邪をひいてどうしても体調がつらいときは、休むのがマナー

風邪の女性

少しくらいの風邪なら、バイトに行くという人は多いですが、高熱が出ていたり、咳がひどかったりするのに無理してバイトに行くのは逆に迷惑になってしまいます。なぜなら、風邪で体調が悪い中仕事をしても思うように仕事が進まなかったり、ミスをしてしまったりして、かえって一緒に働く人に迷惑をかけてしまうからです。同僚に風邪をうつしてしまう可能性もあります。特に飲食店や接客業であれば、風邪でつらそうな人が接客をしているお店にいるのは、お客様にとっても気持ちがいいものではなく、お店の印象も落としてしまいます。

あまりにも風邪がつらくて体調が悪い時には、無理をせず、バイトを休むのもマナーです。

バイトを休む時の職場への伝え方

バイトに行く前から体調が悪い場合は、バイト開始時間の10分前までには電話を入れるようにしましょう。無断欠勤は、絶対にしてはいけません。

最近はメールが普及していて何でもメールで連絡をするという人もいますが、メールで休むことを伝えるのはよくありません。メールはすぐに読んでもらえるという保証がありませんので、事前にメールをしていても読んでもらえなくて連絡の行き違いとなる可能性が高いです。メールで連絡するというルールのある職場以外は、必ず自分で直接電話するようにしましょう。

理由もきちんと話し、今日の仕事について代わりにやってもらう必要があれば、その内容についてもキチンと伝えるようにしましょう。バイトも助け合いですから、他の人が風邪で休んだ時には自分がその人の代わりにシフトに入ったり、仕事内容を任されたりします。日頃からお互いさまで助け合っているという姿勢でバイトをしていれば、自分が風邪で休むことになっても、それほど角が立たずに休むことができます。

バイトで働いている人にも有給休暇の制度がある

有給休暇とは、労働基準法で定められている働く人の権利の一つであり、ある一定期間働いた人が休んでも給料がもらえるという休暇があるという制度です。そのため、ある程度長く働いた人は、風邪のときに休んでも有給を使って休めば、お給料はそのままもらえるということなのです。

ただし、アルバイトで有給をもらうには一定の条件を満たしていなければもらえません。例えば、働き始めて6カ月以上たっていないと有給はもらえません。それに合わせて、8割以上出勤した人が取得対象となりますので、頻繁に休んでいる人は有給取得の対象から外れている場合があります。ちなみに、この8割とは、労働契約の時に最初に職場と約束をした労働日数の8割ということになります。

バイトで働く人がもらえる有給休暇の日数は、週に何日働いているかで異なります。働いている期間が6カ月の人は、週1日勤務だと有給休暇は1日、週2日勤務だと3日、週3日勤務で5日、週4日勤務で7日です。また、勤務期間が長いほど有給休暇の日数も増えます。

ただし、有給休暇は事前に申請して取得するのがルールになっていますので、突然風邪で休むから有給をくださいと言ってももらえない可能性が高いです。そのため、有給で休もうと思っている方はできるだけ早めに連絡をするようにしましょう。

ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク  150枚入
ユニチャーム
売り上げランキング: 212

まとめ:風邪がひどい時にはバイトを休むのもマナーです

日頃から風邪をひかないようにきちんと予防をしておくのが基本ですが、体調を崩して風邪をひいてしまうこともあります。どうしても風邪がひどくてバイトの仕事に支障が出てしまうという状況なら、無理せず休むのがマナーです。自分にとっても一緒に働く人にとっても、思い切って休んだ方が迷惑がかからないということも考えられます。

休む場合には、必ず自分で電話連絡を入れるようにします。メールで連絡するというルールになっている職場以外は、メールでの連絡はしてはいけません。

少し前から体調の回復が思わしくなく、休むことが分かっているなら、有給休暇を使うという方法もあります。一定の条件を満たしていなければなりませんが、バイトで働いている人にも有給休暇の取得の制度がありますので、これを利用するのもいいでしょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。