風邪に効くバファリンの種類と様々な作用

風邪の男

バファリンは風邪に対しても有効な作用をもたらします。バファリンは解熱鎮痛作用が主要な作用ですが、風邪薬として活用することができるタイプのものも数多くありますので、風邪の際には、バファリンを利用されることもおすすめできます。

スポンサーリンク

様々な種類のバファリンについて

風邪の女性

バファリンは非常に広く利用されている市販薬です。ご自宅に常備薬としてバファリンを備えておられる方も非常に多いのではないでしょうか。

バファリンはライオン株式会社から発売されている薬剤であり、主として解熱鎮痛作用があるものとして広く活用されています。

バファリンは非常に多くの種類が出ており、頭痛・生理痛に効くもの(これがもっとも知られているタイプのバファリンなのではないでしょうか)、解熱作用があるもののほか、風邪薬として服用することができるものまであります。

ここでは風邪薬として利用することが出来るバファリンについて用法や特徴などをまとめていきます。

風邪に対して作用が期待できるバファリン

さまざまな種類が出ているバファリンですが、風邪に対する効果を期待することができる種類のバファリンとしては、バファリンかぜEX錠・バファリンプラスS・バファリンA・バファリンジュニアかぜ薬・キッズバファリンかぜシロップS/P/Oなどを挙げることができます。(販売元はすべてライオン株式会社・なお情報は2013年末時点のものですので、今後種類が変わることもあります)。

これらの商品名からお分かりいただけますように、風邪に効果があるバファリンは、直接に風邪薬としてめいうっているものと、そうでないものとがあります。

風邪薬として直接めいうっていないタイプのバファリンでも、解熱鎮痛効果を通して風邪に対する作用を期待することができます。といいますのは、風邪は最終的には体の自然治癒力によって回復することを期待するものです(風邪に対する万能薬は現在発見されていません)。風邪薬は、つらい症状を抑えたり、ウィルスの増殖を抑えるなどしてあくまでも体の自然治癒を補助するものです。

そのため、直接、風邪薬として販売されているバファリン以外でも、解熱鎮痛作用により、風邪に対する症状に効果があるタイプのものもあります。例えば、風邪で悪寒がする場合には、バファリンAを服用してしばらく休まれるという方も多いと思われます。

このようにバファリンは直接風邪薬とめいうっているものとそうでないものとがありますが、直接風邪薬記載されていなくても、その作用から風邪に効果があるタイプのものもあります。

風邪の際に、バファリンを利用されるのであれば、ある程度ご自身の経験や薬剤師の処方・アドバイスに従ってバファリンを利用されることがおすすめできるということができます。

バファリンと他の風邪薬の飲み合わせについて

バファリンは解熱鎮痛作用が主要なものですので、風邪の際にはバファリンと風邪薬を併せて飲むということは、より良い効果が期待できるのでしょうか。

結論としては、バファリンと他の風邪クスリを併せて飲むことは、避けたほうが良いということができるでしょう。先にも述べましたように風邪に対する万能薬は現時点では存在しません。風邪薬はあくまでもかぜの諸症状を緩和するためのものであり、最終的には自然治癒力によって風邪は治ります(そのため、風邪の際にはしっかりと栄養をとって休むということが必要不可欠となります)

そのため、バファリンと風邪薬を併読しても、詳細な作用は異なってもほぼ同じ効果が得られるに過ぎませんので、バファリンを服用された際にはあえて他の風邪薬を飲まれる必要性は少ないということができます。

むしろ、他の風邪薬を併せて飲むことによって、副作用が生じるおそれもありえますのでかえって健康には有害な危険性もあります。

そのため、風邪の際にバファリンを飲まれた際には、あとは栄養のある食べ物やビタミンCを摂取されてゆっくりと休まれることをおすすめすることができます。

ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク  150枚入
ユニチャーム
売り上げランキング: 343

まとめ:風邪とバファリンの飲み方などについてのまとめ

以上、本文で述べました風邪の際に服用するバファリンの飲み方などについてのポイントをまとまめますと以下のようになります。

  • ライオン株式会社から発売されているバファリンは主として解熱鎮痛作用が有名ですが、風邪に対しても効果が期待できます。具体的には、2013年末現在で発売されている商品であれば、バファリンかぜEX錠・バファリンプラスS・バファリンA・バファリンジュニアかぜ薬・キッズバファリンかぜシロップS/P/O などが風邪に対する効果を期待することができます
  • バファリンを含む風邪薬は、あくまでもウィルスの増殖を抑制したり、風邪の諸症状を緩和するなどの作用があるものであり、風邪を治癒するのは体の自然治癒力です。
  • そのため、バファリンを飲まれた際には、重ねて風邪薬を服用されるような必要性は乏しいということができます。むしろ副作用のおそれがありますので、バファリンを服用された際には他の風邪薬を併せて飲まれることは控えたほうが良いということができます

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment