風邪をひいた赤ちゃんの咳が激しいときの3つの対処方法

広告ロゴ
赤ちゃん

風邪をひいた赤ちゃんが、夜になって苦しそうな咳をしていてとても心配した・・・こんな経験のあるパパ・ママは多いのではないでしょうか?

昼間に病院に行って、薬も飲ませて、症状も落ち着いてやっと一安心・・・と思っていたのに夜になってまた咳が激しくなる、というのは風邪をひいた赤ちゃんによくあることですね。

本記事では、風邪をひいた赤ちゃんが夜になると咳が激しくなる原因と、その対処方法をご紹介します。

スポンサーリンク

風邪をひいた赤ちゃんの咳が夜に激しくなる理由

月

夜寝付くときになると赤ちゃんの咳がひどくなるのは、寝付くときは自律神経が副交感神経に切り替わるときであるためです。

自律神経には交感神経副交感神経の二つがあります。おおまかに言えば、交感神経は身体を活発に活動させるときに働く神経、副交感神経はこれとは反対に、身体を休めるときに働く神経です。
例えば交感神経が優位なときは、瞳孔散大、血圧上昇、気管支拡張、血管収縮、心機能亢進といった状態となります。反対に副交感神経が優位なときには、胃酸分泌、大量の唾液が出る、腸管運動促進、心機能抑制といった状態です。

眠りにつこうとするときには、副交感神経が優位となり筋肉の緊張が緩みます。これは気道の周囲の平滑筋にもおこる現象で、平滑筋が緩むことによって気道が狭くなります。これが寝付くときに咳が出やすくなる原因です。

このほかにも、赤ちゃんが寝付くときに咳が激しくなる理由としては、以下のことも考えられます。
【風邪の赤ちゃんが寝付くときに咳が激しくなる理由】

  • あおむけになることで鼻水が喉に流れ込み、刺激となって咳が出る
  • 痰が移動して咳が出る
  • 気道の分泌物が多くなるため、痰が増える
  • 体が温まる

風邪をひいた赤ちゃんの咳を鎮める方法

風邪をひいた赤ちゃんの咳は、薬以外にもちょっとした対処で鎮めてあげることができます。ここでは、どのご家庭にもあるもので簡単に行うことができる方法をご紹介します。

赤ちゃんの上体を起こす

寝ている赤ちゃんが咳き込んで苦しそうなときは、背中の下にクッションなどを敷いて、上体が起き上がるような姿勢をとらせてあげましょう。
それでも咳がまだおさまらない場合は、椅子に座らせてあげたり、たて抱っこをしてあげたりして、背中をトントンと軽くたたいてあげるとよいでしょう。

水分を与える

喉を湿らせてあげると咳が落ち着き、痰が出やすくなりますので、お茶や白湯などを少量ずつ飲ませてあげましょう。

また、のどにいい飲み物「大根ハチミツ」も簡単にできておすすめです。以下にレシピをご紹介します。
【大根ハチミツのレシピ】

  • 1)大根7~8cm分を賽の目に切る
  • 2)1)にハチミツをたっぷりかけて一晩置く
  • 3)2)で染み出たハチミツ水に、生姜の搾り汁を加えてお湯で割る

部屋の温度・湿度を調節

咳を鎮めるには、部屋の温度と湿度の調節が大切です。温度は20℃、湿度は60%前後が目安となります。

暖房器具で部屋を暖めた場合は、空気が乾燥しやすくなるので湿度の調節も忘れずに行うことがポイントです。加湿器がなければ、濡れたタオルや洗濯物を室内に干すだけで湿気を与えることができます。

また、入浴も蒸気を吸い込むことによって痰を出しやすくしてくれますので、熱などがない場合には効果的な方法です。

赤ちゃんの咳が長引く場合に考えられる病気

病院に行って、家で十分な対処をとっていても赤ちゃんの咳がなかなか治まらない場合は、風邪以外の病気が原因であることが考えられます。これらのなかには、放っておくと重症になるものもありますので、「おかしいな?」と思ったら早めに病院を受診しましょう。

【赤ちゃんの咳が長引く場合に考えられる病気】

  • 百日咳
  • 気管支炎
  • 肺炎
  • アトピーなど
最新赤ちゃんの病気大百科 (ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ大百科シリーズ)
田村正徳
ベネッセコーポレーション
売り上げランキング: 160,285

まとめ:風邪をひいている赤ちゃんの咳は上手な対処で鎮めてあげよう

風邪をひいている赤ちゃんは、特に副交感神経が優位となる寝付くときに咳がでやすくなります。このようなときは、次のような対処で咳がなるべくおさまるようにすることができます。
【風邪をひいた赤ちゃんの咳を鎮める方法】

  • 赤ちゃんの上体を起こす
  • 水分を与える
  • 部屋の温度・湿度を調節

また、赤ちゃんの咳が長引く場合は、風邪ではない他の病気が潜んでいる可能性がありあす。赤ちゃんの様子に注意をはらい、いつもの風邪と様子が違うと感じたら、病院を受診するようにしましょう。

赤ちゃんは、言葉で自分の状態を伝えることができません。いつも一緒にいるパパ・ママが赤ちゃんの状態をしっかりと把握して、適切な対応をしてあげてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。