赤ちゃんが風邪を引いた時の離乳食

赤ちゃん

 
寒くなってくると、赤ちゃんは普段よりも更に体調を崩しやすくなります。したがって、風邪をひきやすい季節には、十分な注意が必要です。風邪を引いた時の離乳食について悩むママも多いようです。決して無理をして離乳食を食べさせる必要はありません。でも早く治す為にはしっかり栄養も摂ってもらいたいですよね。

こちらでは、赤ちゃんが風邪を引いた時の離乳食のポイントをご紹介します。

スポンサーリンク


風邪の時の離乳食

赤ちゃんが風邪を引いた時

赤ちゃん

かぜをひくと発熱と軽い下痢を伴うことが多いので、水分とビタミン類の補給が必要です。離乳食は、栄養価の高い消化のよいもの(おかゆ、おじや、煮込みうどん、ポタージュ、すり流し汁など)を控えめに与えます。食欲がかなり落ちることもありますが、ふつうのかぜなら1週間くらいで回復するので、あまり心配せず、食事を無理強いしないようにしてください。また、水分補給が大切ですので、水分はできるだけ与えましょう。

咳があるとき

のどが痛そうな時、せきのひどい時は刺激の少ないのどごしのよいトロミのあるものを与えます。一度にたくさん食べると吐くことがあるので、少量ずつ回数を多くして、温かい飲み物を添えるようにしてください

熱のあるとき

食事はいつもよりやわらかめにして、味もうす味にしてあげましょう。ただ食欲が減ってはいても、食べられる赤ちゃんには少しでもエネルギーになるものを食べてもらいたいですよね。おかゆや煮込みうどんなどのほかに、動物性たんぱく質が大丈夫ならポタージュやプリンなど、口当たりがよくカロリーもあるものがおすすめです。

熱で水分が失われますのでこまめに十分な水分補給をしてあげましょう。発熱時、赤ちゃんは少し冷たい飲み物を好みます。あまり冷たいものを多量に摂取するのは望ましくありませんが、赤ちゃんが好むのであれば、適度に冷たいものをあげると赤ちゃんも喜ぶでしょう。普段ミルクをあげている赤ちゃんには、少しだけ薄めに調乳すると、消化もよく、水分補給にもなります。

嘔吐と下痢の場合

赤ちゃんは風邪をひくと、嘔吐や下痢の症状が良く見られます。下痢や嘔吐のときの食事は、その月齢の離乳食よりワンステップ前に戻して、食べやすく消化のよいものにしてあげるとよいでしょう。下痢のときには繊維の多い食材(豆類、さつまいも、キャベツ、小松菜、にら、ねぎ、もやしなど)や油脂類は避けます。

吐き気が強いときは、水分補給だけにし、離乳食はやめます。このような時は、胃の能力も低下しているため、離乳食を食べさせる必要はありません。下痢や嘔吐が続く場合には、「脱水症」が心配されますので、水分は十分に与えましょう。母乳、ミルク、赤ちゃん用イオン飲料、麦茶やリンゴジュースなどを少しずつ何度かに分けてあげましょう。赤ちゃん用イオン飲料は下痢で失われた電解質が含まれているのでこんなときはおすすめです。このとき常温程度のものがよいでしょう。また、柑橘系の果汁はおなかをゆるくする作用や吐き気を促すことがありますので、避けましょう。

また、嘔吐のときには水さえ吐いてしまうこともあるので、医師の指示に従ってください。病院で点滴をしてくれると思います。吐き気がおさまってきたら、水分を飲ませますが、いきなり大量に与えないように。少量を少しずつ何回にも分けて飲ませるのがコツです。

回復期には

熱が下がったら
熱が下がったら、体力回復のためには、たんぱく質を十分にとること。白身の魚や、卵、豆腐などの良質のたんぱく質を使って元気の出る離乳食を工夫してあげたいですね。ビタミン類も熱によって消耗されているので、緑黄色野菜、果物で補給してあげましょう。

下痢、嘔吐がおさまったら
これらの症状がおさまってきても、いきなり普通の食事に戻すのではなく、少しずつおかゆの濃さを高めるなどして戻しましょう。離乳期を1つ前に戻して、あせらず3日くらいかけて普段の食事に戻していくといいでしょう。1日一食しか食べられなくても心配はありません。できるだけ胃を休ませてあげましょう。病気完治後に離乳食を再開する場合は、ぬるま湯をスプーンですくうくらいの量で構いません。状態が良くなってきたら、野菜スープや味の薄い味噌汁などを少しずつ与えて、量も増やしていきましょう。下痢を引き起こす要因になるので、オレンジジュースは止めてください。

風邪の時オススメの離乳食

すりりんご

繊維も細かくなっていて消化にもよく、のどごしもいい一品「すりりんご」
材料

  • りんご 1/12個
  • 水   小さじ2

作り方

  • 1.りんごは皮をむいて、すりおろします
  • 2.小鍋に1と水を入れ、弱火でひと煮立ちして出来上がり!
  • 3.冷ましてからあげてくださいね

皮をむいて放置すると、酸化して色が変わってしまうので、新鮮なうちに与えましょう

スープのくず煮

材料

  • かぶ、かぶの葉 1/2個分
  • にんじん   1/6本
  • キャベツ   1/4枚
  • 水   1カップ
  • 片栗粉   小さじ1/2

作り方

  • 1. 野菜をそれぞれ細かく切り、小鍋に入れ水を加え15分程つけておきます
  • 2. 小鍋を中火にかけ20分位煮て野菜をこして野菜スープを作ります
  • 3. こした野菜の一部をすり鉢ですりおろして小さじ1のすりおろし野菜を作る
  • 4. 小鍋に野菜スープ1/4カップとすりおろした野菜小さじ1、片栗粉を入れ混ぜて火にかけ、時々混ぜながらトロミがつくまで弱火で煮ます

片栗粉を使用すると冷めにくいので十分に冷ましてから食べさせます。

まとめ:風邪を引いた時の離乳食のポイント

赤ちゃんが風邪を引いた時、離乳食に悩みますよね。食欲がかなり落ちることもありますが、あまり心配せず、無理強いしないようにしてください。ポイントをおさらいしておきましょう。

  • 水分とビタミン類の補給が必要
  • 栄養価の高い消化のよいものを控えめに
  • のどが痛そうな時、せきのひどい時は刺激の少ないのどごしのよいものを
  • 下痢や嘔吐の時はその月齢よりワンステップ前に戻して
  • 回復期は3日ほどかけて戻す

あまり神経質になり過ぎず、ママもお疲れを溜めないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment