「風邪で熱のある赤ちゃんは水風呂に入れなさい」って本当??

広告ロゴ
風呂

「西洋では、熱がある赤ちゃんは水風呂に入れて熱を下げる」って話、聞いたことがありませんか?「でも、風邪をひいている赤ちゃんはお風呂に入れたらいけないんじゃないの?」・・・一方ではそんな声も聞こえてきますね。

赤ちゃんが風邪をひいているとき、お風呂はどうしたらいいのでしょうか?本記事では、風邪をひいている赤ちゃんの体の状態お風呂のメリット・デメリットに着目して、考えてみましょう。

スポンサーリンク

風邪をひいた赤ちゃんの状態

手

赤ちゃんが風邪をひいている場合、風邪の程度にもよりますが次に挙げるようなことが起こることが考えられます。
【風邪をひいている赤ちゃんの状態】

  • 熱が出ている
  • 熱により、汗をたくさんかいている
  • 体力を消耗している
  • 鼻水が出る
  • おなかの痛みがある
  • 体調の悪さから、ストレスを感じている

風邪をひいている赤ちゃんをお風呂に入れるか、入れないか?これを考えるときには、上記のような赤ちゃんの状態から、総合的に判断することが大切です。

お風呂に入るメリットとデメリット

風邪をひいている赤ちゃんをお風呂に入れるかどうか判断するときには、お風呂に入った場合のメリット・デメリットを頭に入れておくと、判断がしやすくなります。以下に、お風呂に入ることのメリット・デメリットをまとめてみましょう。

お風呂に入るメリット

お風呂に入ると、大人でも一日の疲れを流してリラックスできますね。お風呂のメリットにはまず、体が温まることによるリラックス効果が挙げられます。また、体を温めることによって、血行がよくなり老廃物の循環がスムーズに行われる、といった効果もあります。風邪をひいて一日中お外に出られなかった赤ちゃんには、よい気分転換にもなるでしょう。

次に、お風呂では体の汚れをきれいに落とすことができます。風邪で熱のある赤ちゃんは汗もたくさんかいていますので、これを放っておくと皮膚の弱い赤ちゃんの場合は湿疹などが出てしまう場合もありますね。

また、お風呂で体を温めると、腹痛を軽減する効果もあります。

そして、お風呂の湿気により鼻づまりを解消するといったメリットも考えられます。
【風邪をひいた赤ちゃんがお風呂に入るメリット】

  • リラックス効果
  • 体の汚れをきれいにする
  • 腹痛を軽減する
  • 鼻づまりを解消する

お風呂に入るデメリット

では次に、デメリットについて考えてみます。

お風呂は高い温度で入ると、脈拍数、血圧が上昇します。このため、高温のお風呂に入ることは、運動をするのと同じくらい体力を消耗することなのです。

また、お風呂で長時間遊んでしまったり、お風呂から上がった部屋の温度が低かったりすると、体が冷えてしまうことにもなります。体が冷えることは、体力の消耗につながります。昔の人がよく「風邪をひいた赤ちゃんはお風呂には入れない」というのは、このためです。日本の昔の家は、お風呂が外にあったり、木造で風が通りやすく、お風呂で体が冷えやすかったりしたのですね。
【風邪をひいた赤ちゃんがお風呂に入るデメリット】

  • 体力の消耗
  • 体が冷える

風邪をひいている赤ちゃんのお風呂について判断する基準

ここまでに見てきた「風邪をひいた赤ちゃんの体の状態」と「お風呂のメリット・デメリット」を併せて考えると、お風呂に入れるか入れないかの判断ができますね。

風邪をひいた赤ちゃんをお風呂に入れるか、入れないかを判断する大きなポイントは、赤ちゃんの状態です。

風邪をひいていても、それほど体力を消耗していないような場合は、お風呂に入るメリットを優先すればよいでしょう。しかし、高熱や嘔吐・下痢などで体力の消耗が激しい場合は、入浴は控えた方がよさそうです。

まとめ:お風呂に入るときは、赤ちゃんの風邪の状態を把握する

風邪をひいた赤ちゃんをお風呂に入れるかどうか迷ったときは、まず赤ちゃんの状態をしっかりと把握することが大切です。赤ちゃんの状態とお風呂のメリット・デメリットの両方を考え合わせて、判断しましょう。
お風呂の判断のポイントとなる赤ちゃんの状態

  • 熱が出ている
  • 熱により、汗をたくさんかいている
  • 体力を消耗している
  • 鼻水が出る
  • おなかの痛みがある
  • 体調の悪さから、ストレスを感じている

お風呂に入るメリット・デメリット

  • <メリット>
  • リラックス効果
  • 体の汚れをきれいにする
  • 腹痛を軽減する
  • 鼻づまりを解消する
  • <デメリット>
  • 体力の消耗
  • 体が冷える

赤ちゃんが風邪をひくと、パパ・ママはどうしたらよいのか色々と迷うことが多いですね。しかし、子育てに「鉄則」は意外と少ないのかも知れません。大切なのは、赤ちゃんのことを一番よく知っているパパ・ママが、「どうするのが赤ちゃんにとってよいことか」を考えることではないでしょうか。

本記事が、色々と悩みながら子育てをがんばっているパパ・ママに、少しでもお役に立てば幸いです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。