風邪を引いた時の赤ちゃんの鼻水のケア

赤ちゃん

 
赤ちゃんはしょっちゅう鼻水をたらしています。よだれか鼻水か分からないことも。ただ鼻呼吸だから鼻が詰まっていると苦しくてかわいそうです。また鼻の下が荒れてしまうことも。

こちらでは、風邪を引いた時の赤ちゃんの鼻水のケアについてご紹介します。

スポンサーリンク


赤ちゃんと鼻水

鼻水が出やすいのはなぜ

赤ちゃん

赤ちゃんの鼻は、短くて高さもないため、鼻腔が元々狭くなっています。しかも、鼻粘膜が敏感で、鼻汁は大人と同じくらい出ます。また、鼻やのどなどが未発達なので、ウイルスの侵入などを防ぐ力も十分ではありません。もちろん、自分で鼻をかむこともできません。こうしたことが重なって、赤ちゃんは鼻水や鼻詰まりを起こしやすいのです。

また、赤ちゃんは鼻呼吸なので、鼻づまりは大人以上に呼吸が辛くなります。そして、耳と鼻と喉をつなぐ器官が未発達なので、細菌やウィルスに感染しやすく、中耳炎を起こしやすくなります。赤ちゃんの鼻水をよく観察して、
しっかりした対処をしてあげましょう。

無色透明の鼻水

赤ちゃんは寒いところから暖かいところに移動しただけでも鼻水が出ます。外から室内に入って、鼻水を出す赤ちゃんは気温の変化に鼻が反応している証拠です。気温の変化による鼻水は、色が無色透明で水っぽいサラサラした鼻水です。水っぽいので垂れやすいのが特徴です。

発熱やせきが無く、食欲があるなら気温変化による鼻水かもしれません。他にも機嫌がよく、目立つ症状が無い時は様子を見ます。ただ、鼻水や鼻詰まりのために息苦しくて眠れない時や母乳・ミルクを飲めない場合は、受診して症状を和らげる薬を処方してもらうといいでしょう。

黄色い鼻水

風邪をひくと黄色い鼻水が出やすくなります。赤ちゃんが黄色い鼻水を出す時は、細菌に感染している可能性があります。放置せずに他の症状がないか確認します。咳や熱、元気がない時や不機嫌になっている時は耳鼻科か小児科に行きましょう。1歳前の赤ちゃんにはめったにないものの、副鼻腔炎という細菌感染の病気である場合もあります。放置しておくと慢性化したり、中耳炎を起こす原因になることもあります。

赤ちゃんの鼻水の対処方法

処置方法

鼻がつまって息苦しそうにしていたり、鼻水が喉に入り込んでむせたりするのはかわいそうです。一刻も早く鼻水を取り除いてあげたいものです。

柔らかい布で拭き取る
鼻水は、ごく柔らかいガーゼなどを湿らせて、軽く拭き取ってあげます。1日に何度も拭き取るような時は、固い紙質のティッシュペーパーを使うと荒れる原因になるので、気をつけましょう。

鼻くそは綿棒で
鼻の入口近くにたまった鼻くそは、綿棒を使って引き出します。頭を固定して手早く。奥まで綿棒を入れると、鼻粘膜を傷つける心配があるので、無理をせずに。

蒸しタオルを鼻に当てる
鼻が詰まっている時は、蒸しタオルを鼻に当て、暖かい蒸気を吸わせるといいでしょう。粘膜が潤って、鼻の通りがよくなります。タオルが熱すぎないように注意を。

鼻吸い器を使う
ママが口で吸うタイプの鼻吸い器は、途中に鼻汁がたまるようになっているので衛生的で便利です。使う時は、先端を鼻の入口に当て、軽く何回かに分けて吸い取りましよう。強く吸いすぎないで。

こよりでくすぐる
奥の方の鼻汁や鼻くそを取るには、ティッシュで細いこよりを作り、鼻の入口を刺激してくしゃみを誘発します。くしゃみとともに出てくることも少なくありません。

部屋の湿度を保つ
空気が乾燥すると、粘膜も乾いて鼻詰まりが起きやすくなります。加湿器などで湿度を保ちましよう。

熱がなければ入浴もOK
熱がなく、鼻水や鼻詰まりだけの症状なら、入浴させて構いません。浴室は湿気が充満しているので、かえって鼻の通りがよくなることもあります。

鼻の下のケア
冬はただでさえ空気が乾燥して肌が敏感になる時期です。鼻水ケアをする時は、鼻の下を強くこすらないようにします。鼻の下の皮膚が赤くなりそうな時は、保護クリームを薄く伸ばしてあげましょう。

鼻づまりには縦だっこ
赤ちゃんは鼻がつまっているとき、仰向けや鼻が上になる姿勢を嫌がります。赤ちゃんを寝かせるときや授乳するときは、横だっこよりも縦だっこのほうが楽に呼吸ができます

大変なら病院へ

鼻水を取りのぞく時には無理やり取ろうとするのは避けます。一気に取りのぞこうとすると鼻粘膜を傷つけて、細菌感染しやすくしてしまいます。大変な時は耳鼻科や小児科で取りのぞいてもらいます。

まとめ:風邪の時の赤ちゃんの鼻水をなんとかしたい

赤ちゃんはちょっとしたことで鼻水が出やすいもの。でも鼻がつまったら呼吸が苦しくなってかわいそう。一刻も早く鼻水を取り除いてあげてください。対処方法をおさらいしておきましょう。

  • 柔らかい布で拭き取る
  • 鼻くそは綿棒で
  • 蒸しタオルを鼻に当てる
  • 鼻吸い器を使う
  • こよりでくすぐる
  • 部屋の湿度を保つ
  • 熱がなければ入浴もOK
  • 鼻の下のケア
  • 鼻づまりには縦だっこ

無理にやると鼻粘膜を傷つけてしまいます。大変なら病院へ。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment