子供が風邪をひいて39度以上の熱を出したときの対処法

体温を測る女性

平熱が大人より子供のほうが高いので、多少熱が出ても水分と栄養を摂って安静に休んでいれば熱が下がるということも多いものです。しかし、風邪をひいて39度以上の熱が出たときには、適切な対処が必要になります。39度以上の熱でも脳に異常が表れることはありませんが、風邪に立ち向かう体力が失われたり、合併症を引き起こしたりすることもあります。

子供が風邪をひいて39度以上の熱を出したときにどのように対処すればよいか、適切な対処法を紹介します。いざ自分のお子さんが熱を出しても慌てないように対処の方法をあらかじめ頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク

どんな場合に病院へ連れて行くべき?

風邪の女性

子供は体調の変化などによってすぐに熱を出しますし、生後6ヶ月からは他の赤ちゃんと接する機会も多くなって風邪をひくことも増えてきます。普段からおとなしくしているときに平熱がどれくらいなのか知っておくことが大切です。

熱を出しているという目安は、顔が赤くほてってワキの下や手足が熱かったり、機嫌が悪くて元気がなかったりしているときです。いつも病院に連れて行かなくても家で安静にしていれば下がる熱もあります。

しかし、食欲もなく水分がとれなかったり、咳や鼻水などの熱以外の風邪の症状もあったりするときは病院に連れて行って、診てもらいましょう。また、6ヶ月未満の赤ちゃんは風邪以外の感染症の可能性もありますので、熱が出た場合はすぐに病院に連れて行きましょう。

解熱剤は使ってもいい?

少し熱が上がったくらいなら熱を出すことで体のウイルスや細菌を殺す作用もありますので、解熱剤で無理に熱を下げることで風邪自体の治りが悪くなります。

ただし、39度以上の熱が出ている場合は、熱で体力が消耗し水分がとれなくなったりぐったりしてしまったりするので、解熱剤を使うのもいいでしょう。解熱剤を使う目安として、熱が39度以上ということが1つにあります。普段から平熱が低い子供の場合は、38.5度で使用するのもいいです。解熱剤を使用しても平熱まで下がりませんが、高熱が出て苦しい状態から脱して楽になりますから食欲も出てきて風邪を治しやすくなります。

熱が下がらないときは?

熱が下がらない場合は合併症など、風邪以外の病気にかかっている場合もあります。熱の高さだけでなく、体の状態や水分補給の様子など、熱以外の症状もよく見ておきましょう。普通の風邪なら、39度以上の熱が出ても下がり始めるころに鼻水や咳が出るといった感じで、熱と他の症状が少しずれて表れてきます。しかし、熱がだらだらと長く続いたり、鼻水や咳が同時に長く続いたりするなどという場合には、インフルエンザや気管支炎などの他の病気が考えられます。3日以上熱が続くようなら必ず病院で診てもらいましょう。

家庭でもできる熱の対処法

39度以上の熱が出て病院に行ったり、解熱剤を使ったりして熱を下げるようにしますが、熱を下げる環境を作ってあげることも大切です。

高熱が出ると汗が出てお風呂に入らせたくなるかもしれませんが、湯船につかると体力が奪われたり、逆に熱が上がりやすくなったりしますので、入浴はしないようにしましょう。

部屋の換気や湿度も風邪を治すために大切な要素です。熱があると温かくしてあげたいと窓を閉め切ったままにしがちですが、それでは室内に病原菌やウイルスが繁殖してしまいます。短時間でも窓を開けるなどして、定期的に空気の入れ替えをしましょう。また、部屋が乾燥すると風邪のウイルスがさらに元気になってしまいますので、湿度は60~70%で高めにし、室温は22~23度くらいがいいです。

熱で頭がぼっとしている場合は、冷たいタオルで体を拭いたり、冷却シートでおでこに貼ったりして頭を冷やしてあげると、熱そのものは下がりませんが、気持ちよく過ごすことができます。

熱が出ると同時に汗もたくさんかきます。汗でしめった衣類のまま過ごすと気持ち悪いものです。こまめに清潔な衣類に着替えさせましょう。衣類は汗をきちんと吸ってくれる綿100%のものが一番いいです。また、背中に薄いタオルやガーゼを1枚入れておき、汗をかいたら抜き取るようにすれば、すべて着替えさせなくてもよくなります。

熱が出たときに一番気をつけたいことは、脱水症状です。食欲が落ちていても水分はこまめに取らせるようにしましょう。

一生風邪をひかない体のつくり方 (知的生きかた文庫)
村上 一裕
三笠書房
売り上げランキング: 11,086

まとめ:39度の以上が出たら熱を下げるような対処をしよう

39度以上の高熱は、平熱が高い子供でもつらい症状です。風邪に伴う他の症状を治す体力を取り戻すためにも病院に連れて行ったり、解熱剤を使ったりしましょう。また、風邪や高熱がよくなりやすい環境を家で整えることも大切です。こまめな水分補給や適度な換気、湿度のキープなど、家庭でもできることにも気を配って健康な体を取り戻せるようにしてあげましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment