朝の肩こりの原因と解消法としての肩枕の選び方

広告ロゴ
肩コリ

 

人間は二足歩行をするために、もともと首や腰に負担がかかりやすい体をしています。首から肩にかけての筋肉が姿勢を保つために緊張し、血行が悪くなって、重く感じるのが肩こりです。しかし休んでいるはずの睡眠中に肩がこるのは枕が合っていないからだと考えられます。

こちらでは、肩こりを解消する為の肩枕についてご紹介します。

スポンサーリンク

寝ている時の肩と枕

寝ている時の肩

肩女性

普段、肩の筋肉は、重さ4~5Kgもある頭を支えているので、寝ているとき以外は常に、緊張しています。しかし横になっても、意外に負担がかかっています。仰向け寝は寝具と肩との間に隙間ができます。この隙間が直接腕の重さを両肩で受け止めようとするため、肩への負担の原因になります。また、横向きに寝ると、頭の重さが下になった腕に負担をかけてしまいます。肩の負担を軽減するにはどうしたらよいのでしょうか。

肩こりと枕

枕は、肩までかかる大きめのものを選び、素材は固すぎるものを避けましょう。枕の高さは、立っている時の状態が保てるものが最適です。高すぎる枕は首がまがって肩に負担がかかり、気道を圧迫してしまうので避けた方が良いです。また枕が低すぎると、首の骨の自然なカーブがなくなり、首の痛みや肩こりが起こります。また、頭が心臓より低い位置になるので、頭や顔の血液の循環が悪くなります。そのため、朝に顔がむくみやすくなります。

肩こりの原因

肩こりの原因には色々あります。下に挙げてみました。

血行不良
原因として最も多いのは、一部の筋肉を酷使する筋肉疲労による血行不良によるものです。筋肉が過度に疲労してしまうと、筋肉内の血管に疲労物質がたまります。これがコリやハリを生じさせる原因です。

悪い姿勢
筋肉疲労を招く大きな原因の一つには姿勢の良し悪しが深く関係しています。 例えば、デスクワークや細かい仕事などで長時間同じ姿勢を続けたり、前かがみの姿勢でパソコン作業をすると首や肩の筋肉に大きな負担がかかります。

運動不足
運動不足も、血行不良や筋肉疲労を招く大きな原因の一つです。また、精神的なストレスなども大きく関係しているそう。精神的に緊張状態にあると、無意識に首や肩の筋肉の緊張を引き起こしてしまうからです。

その他
眼精疲労、歯のかみ合わせ、食生活の偏り、冷え性など、他にも原因があります。また病気が原因の肩こりにも注意が必要です。頚椎症やヘルニアなどの首の病気、あるいは心臓病などの重大な病気が潜んでいる場合もあります。

眠る時の姿勢
寝るときの癖は人それぞれです。睡眠中に筋肉を疲れさせたり血行を悪くするような姿勢をとれば、疲労が回復されず、翌朝に持ち越されてしまいます。朝起きたときから首や肩が凝っているというのは、睡眠中に筋肉の疲労が十分に回復されていないことの表れです。この睡眠中の姿勢に大きく影響するのがベッドや枕などの寝具です。コリや痛みで悩んでいる人は、寝具に原因があると考えられます。

合わない枕
寝具のなかでも特に枕は、睡眠中の姿勢に大きく影響します。頭や首を直接支えるものなので、枕はとても重要なアイテムです。枕によって睡眠中の姿勢は決まってしまうのです。首や肩に負担のかかる不適切な枕を使用していれば、睡眠中に筋肉疲労が十分に回復できないため、 いつまでも肩こりが解消されない原因となります。肩こりに良い枕は、睡眠中に血行を妨げず、首筋から肩にかけて筋肉をリラックスさせることができなければなりません。

肩枕を使おう

オススメの肩枕

枕を肩幅に合わせることで頸椎に負担をかけず、頭部を全体で支えるので肩こり、首こりを軽減します。特殊な立体形状で圧力のバランスを良くして首にやさしくフィット。肩口の冷えを防止し、寝返りもスムーズ。高さ調節もでき、補充用のパック付です。中身のパイプは消臭加工を施した衛生パイプで、家で洗える枕です。

抱き枕ではなく、『抱かれ枕』のアーチピローは、寝具と肩との間にできる隙間を埋め、腕の重さを受けう肩の負担を軽減してくれる枕です。また、寝返りを打って横向きになった時にかかる下側の腕への負担を『クビレ』のついたアーム部分の下にまわすことにより、腕や肩への圧迫感をなくし、安心感のある寝心地が得られます。

寝具トップメーカー京都西川と浪越指圧アソシエイツの共同開発枕「頚椎・首・頭をやさしく支える健康枕」です。枕を5つの部屋に分け、頚椎から後頭部にかかる負担が偏らない構造。横寝にも対応し、寝返り運動も楽に行えます。高さ調節シートで簡単に高さ調節が出来き、さらに指圧スペシャリストが推奨するセルフ指圧を寝たまま行うことが出来ます。肩こり・不眠に効果てきめん。

まとめ:肩こり解消に肩枕を考えよう

枕というと一般的には頭だけをのせるものをいいます。肩枕は肩まで乗せるものとして肩こり持ちにオススメの枕です。おさらいしておきましょう。

  • 高すぎる枕:首がまがって肩に負担がかかる
  • 低すぎる枕:首のカーブがなくなり、首の痛みや肩こりが起こる
  • 肩こりに良い枕:睡眠中に血行を妨げず、首筋から肩にかけて筋肉をリラックスさせる

睡眠は1日の約3分の1を占める大事な時間です。肩こりをスッキリさせる為には思い切っていい枕を使うのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。