顔のむくみはリンパ循環のトラブルかも?リンパによる顔のむくみの改善方法

女子

朝鏡をみてげんなりしてしまうのが「顔のむくみ」。

昨日は別にお酒も飲んでないし、野菜や栄養もとってるのになぁ。そんな風に思っている方はちょっと注意が必要ですよ。顔のむくみは意外な体のトラブルのサインなのかもしれません。

この記事では、リンパ循環のトラブルかもしれない「顔のむくみ」の対処法について書いていきます。

スポンサーリンク

リンパ循環って何? 体の老廃物を担う縁の下のちから持ち

朝

風邪になったときやおたふくかぜの時に「リンパ腺が腫れてる」なんていい方をしますよね。顎の下あたりがぷっくりと膨らんでしまうことからリンパ線はなんとなく顔の下のところにあるのかなと思っている方が多いのではないかと思います。

ところがどっこい。「リンパ線」は体中にあるのです。血液と交流する大きなところを「集合リンパ管」、手先や皮下にあるものは「毛細リンパ管」といいます。

脊椎動物の血液から生まれるのが「リンパ液」といいます。いわゆる「体液」ですね。
人間のリンパ系はとくに複雑で、全身に張り巡らされています。リンパ液は多くは血液のなかの成分、血漿と同じですが、タンパク質が少なく、弱アルカリ性です。
骨や眼球、神経、内耳、脳下垂体、松果体にはありませんが、それ意外の全身にがっちり張り巡らされています。

リンパ液の循環

リンパ液は、それから心臓を介して全身を循環します。
リンパ液の循環については極めて複雑なのですが、以下のような説明が要領を得ているでしょう。

血管系は全体が閉じられた管系で、内部を流れる血液は心臓の収縮活動によって全身の諸臓器に輸送されるが、リンパ系は解放されている循環系といえる。リンパ管は組織細胞の間隙にある袋状の盲端から毛細リンパ管として始まり、徐々に集合して太くなり、諸所で集合リンパ管になり、最後には2本の太いリンパ管、すなわち、胸管と右リンパ本管(右胸管)となり、それぞれが左右の鎖骨下静脈(静脈角)につながる。

胸管(直径3~5ミリメートル)は第1~第2腰椎の前側にある袋状の膨大部(乳糜槽)から始まる左リンパ本幹に相当し、下半身全部と左上半身のリンパ管を集めている。腹大動脈に沿ってその後方を上行して左静脈角に開口する。

右リンパ本幹は右上半身のリンパ液を集める。右側の胸郭、右上肢、右側頭頸部のリンパ液は右頸リンパ本幹と右鎖骨下リンパ本幹の両方に注ぎ、両幹が合して右リンパ本幹となり、右リンパ本幹は右静脈角に入る。

リンパ管の構造は毛細血管、細静脈あるいは小静脈程度の構造で、管の最内壁を構成する内皮細胞は毛細血管の内皮細胞と異なり細胞間隙が広いので、リンパ管の内外の物質(直径8マイクロメートル程度の物質)の往来が容易にできる。(『日本大百科全書』)

このように全身を循環するリンパ液がたまってしまうと「むくみ」となって現れてくるのです。このような、比較的太い「リンパ液の本幹」をマッサージすることで、顔のむくみをとることができます。

顔のむくみをとるためのリンパマッサージ

顔のむくみは、こうしたリンパ循環のトラブルである可能性があります。
心臓から比較的近い位置にある顔は、手先や足先のようなポンプ機能の劣化や筋力不足による血液の停滞や血行不良が原因であることはそれほど多くありません。

もっとも可能性が高いのは内蔵の負担ですが、次の可能性としてリンパ循環のトラブルが考えられるのです。

つまり、リンパ液がうまく心臓まで流れていかずに、皮下でとどまってしまう場合に、顔がむくんでしまうのです。寝起きは特に水分が全身に満遍なくあるため、顔にもまだ水分が滞留している場合がありますが、これは時間が経つと減っていきます。

それではリンパ循環を促進させるためにはどうしたらいいのでしょうか。

温かくして血行を促進する

集合リンパ管は血液との交合地点をもつため、血行を促進させることでリンパ循環を効率化することができます。

軽い運動をすることや、お風呂に入ることで血行を促進させることができ、体を温める飲み物を飲むことなどでもリンパ循環の滞留をある程度は緩和することができるそうです。

リンパマッサージをする

リンパ管を刺激するリンパマッサージも有力な方法です。
リンパマッサージの方法については、顔のリンパ腺にそってマッサージをして、首の下鎖骨のくぼみの箇所までリンパ液をはこぶ事が重要です。ここでも「顔のむくみを解消したい時にするべき食事とマッサージ」などの記事でやりかたを 紹介しておりますので、ご覧ください。

まとめ:顔のむくみはリンパのトラブルかも

顔のむくみの原因として、リンパ循環の滞留があるかもしれないことを紹介しました。リンパ液循環は顔だけではなく全身の疲労を軽減する効果もあります。温浴やリンパマッサージなどで改善できますので、ちょっと「リンパが気になるな」と思ったらリンパマッサージを行なってみてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment