顔のむくみの原因を知り尽くしてむくみを改善する方法

美女

つらい顔のむくみ。朝起きた時に顔がむくんでると一日のやる気も激減ですよね。

顔のむくみを取ろうと顔に温かいタオルを押しても全然良くならない時なんかはイライラがたまりませんよね。

ところがどっこい。顔のむくみの原因はひとつではありません。いくつもある原因が考えられ、その原因に応じた対応を取らなければ顔のむくみはまったくよくならないのですね。

この記事では、顔のむくみの原因をいろいろご紹介しながら、その対策について缶t何にご紹介していきます。

スポンサーリンク

顔のむくみはひとつの「症状」

顔のむくみをとる女性

顔のむくみの原因を紹介していこうと思いますが、その前に心得ておかなければならないのは「顔のむくみは症状である」ということです。

つまり、顔のむくみは何かの「結果」であって、それを解消したところでそのもともとの原因を解消しなければまた顔のむくみは出てしまうのです。

また、顔のむくみは慢性化すると「むくみ」ではなくなって皮膚硬化して標準的な顔になってしまうおそれもあります。

「顔のむくみ」を取ろうと思うのではなく、まずはそのむくみは何による原因なのかを考えた上で、どうして「顔のむくみ」が発生してしまったのかを考えるようにしましょう。

顔のむくみという症状

そもそも、むくみとはなんでしょう。むくみは「浮腫」とも書かれます。

むくみの原因は「水分や老廃物等」が皮下に蓄積されてしまうことです。皮下には様々な体液や細胞の老廃物などが発生しており、血液やリンパ液の交換によって濾過され、腎臓や肝臓などで処理されています。

皮下に蓄積された水分や老廃物は軽く押すことでも移動しますが、圧痕がまったく残らない場合には腎臓の障害であることもありえます。つまり、「むくみ」の原因は大きくわけて三つ考えられるのです。

  • 血行、リンパ循環の障害
  • 腎臓、肝臓などの内臓系の障害
  • 免疫機構の障害

他に薬物による副作用、あるいはアレルギーなどでもむくみがでてくる場合があります。

むくみに関する三つのトラブル

顔のむくみの原因になりやすい大きな三つのトラブルを紹介していこうと思います。

また、「顔のむくみを解消したい時にするべき食事とマッサージ」という記事もあわせてご参照ください。

血行、リンパ循環の障害

血行不良やリンパ循環の障害は最も多いトラブルです。
血行不良やリンパ循環のトラブルが起こると、老廃物や血液の巡りが悪化してしまいます。そうしたいろいろな体内の成分が、皮下にたまってしまうことで「むくみ」となってしまうのです。

こうしたむくみが起こりやすいのが足です。足先は心臓から遠く、血液を押し戻すための機構が脚部の筋肉しかありません。したがって、老廃物や血液のめぐりが悪くなってしまいがちで、足は浮腫みやすくなってしまうのです。

リンパマッサージや温浴などで疲労を回復することで、血行不良やリンパ循環を改善することができます。

腎臓などの内蔵系のトラブル

次に気をつけたいのが内臓系のトラブルです。顔のむくみを手でおした時に圧痕が残らない場合には要注意です。中には水分や老廃物ではなく、粘液状のどろりとしたものが詰まっている可能性があります。

こうした顔のむくみの原因になりがちなのが「腎臓」のトラブルです。腎臓にはネフロンと呼ばれる糸球体の組織が左右で100万個ほど存在しており、血液を濾過してくれます。
ところが、風邪の後や扁桃腺炎などの病気の後には腎臓にきわめて大きなダメージを受けています。

ここから腎炎などに発生していくと、血液濾過がうまく行かなくなり、血液内部の老廃物が皮下にたまってしまいます。これが慢性化すると皮膚硬化がはじまり大変なことになってしまいます。

腎臓をいたわる食事をすることで、このような腎臓のトラブルを減らすことができます。塩分や油分を減らした上で、塩分を排出するためのカリウムなどを積極的に取りましょう。
カリウムはトマトやキュウリなどに豊富に含まれています。とりすぎは危険ですが、サラダなどを一食増やすようにしましょう。

免疫機構の障害

これは、腎臓などの病気とも関係します。免疫機構が働き過ぎてしまうことで、老廃物や膿が大量に生まれてむくみの原因になってしまうのです。

この場合には全身のだるさ、むくみなどが現れます。発熱もある場合には、きっちりと内科の診療を受けましょう。

ufurl 振動フェイスローラー MCE-3623
マクロス
売り上げランキング: 45,962

まとめ:顔のむくみは一過性のものと慢性化するものがある

以上でまとめたように、顔のむくみの原因は様々です。
血行不良などによるむくみは大抵一過性のもので、それほど心配する必要はありませんが、腎臓のトラブルなどから発生するむくみは慢性化するおそれがあります。

また、水分過多や塩分過多、アルコールといった食事もトラブルのもとです。

ただのむくみと侮らないで、場合によっては医療機関の診察をうけまて、直しましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment