あなたは経験したことある!?金縛りとそのメカニズムについて

夜中

金縛りは睡眠のメカニズムによって発生します。睡眠中はノンレム睡眠とレム睡眠が繰り返されて正常な眠りのリズムが形成されています。

しかし、疲労やストレスなどがある場合には、レム睡眠状態が続き、体が休んでいるのに、脳は起きているという状態が生じ、そのため、金縛りという状態になります。これが金縛りのメカニズムとなります。

本稿では金縛りのメカニズムについてまとめています。

スポンサーリンク

目は覚めても体が動かない…金縛り

深夜

夜、目が覚めているのに体が動かないといった経験をされたことはないでしょうか。

はっきりと目は覚めていて意識はあるのに、体は全く動きません。その上、なにか幽霊のようなものが見えてしまうといった経験です。このような経験は一般に金縛りと呼ばれています。

金縛りなどと聞くと、忍者の秘術などをイメージされる方もおられるかもしれません。漫画などでは気合で相手を威圧するなどして、体の自由を奪うことをよく金縛りの術などといった形で表現することがあります。金縛りを食らった相手は体の自由が全く効かなくなります。このような金縛りは漫画の中だけではなく、実際に私たちが眠っている間に起きることがあります。しかも多くの場合には幽霊のようなものが見える場合があります。

このような金縛りは怪奇現象なのでしょうか。金縛りはどのようなメカニズムで生じるのでしょうか。

金縛りが生じるメカニズム

金縛りが生じるメカニズムとしては、もちろん、怪奇現象などではありません(仮に怪奇現象で金縛りがあるとしてもそれはおそらく私たちには解明できないものだと思われます)。金縛りが生じるメカニズムは睡眠のリズムによって解明されています。

金縛りが生じるメカニズムは具体的には以下のようなメカニズムが働いていると言われます。

金縛りは睡眠のメカニズムと関係している

金縛りが起きるメカニズムは睡眠のリズムと関連しています。睡眠は深く眠るレム睡眠とそうではないノンレム睡眠とを繰り返しています。通常の場合には、ノンレム睡眠からスタートし、深いレム睡眠へと眠りは進みます。

しかし、疲れがたまっていたり、ストレスが溜まっているなどの場合には、この睡眠リズムが乱れ、レム睡眠が先に訪れます。レム睡眠が先に訪れた場合には、体は眠っていても
脳は起きている状態が続きます。そのため、目が覚めて意識がしっかりしているのに体は眠っているという状態、つまり、金縛りが生じます。これが金縛りが発生するメカニズムということになります。

このメカニズムの場合、脳ははっきりしていますので、体が起きないことに不思議な感じを覚えます。また、体が眠っていることから、意識がはっきりせず不思議なモノを見てしまうような気持ちになります。これが金縛り中に幽霊のようなものを見てしまうメカニズムとなります。

このように金縛りのメカニズムは睡眠後に、いきなりレム睡眠となってしまうことから生じることとなります。

金縛りは睡眠が乱れていることの重要なサイン

このように金縛りのメカニズムは睡眠リズムの乱れということで説明をすることができます。金縛りが起きるメカニズムは決して怪奇現象などではなく睡眠リズムが乱れていることが原因となっています。

このことは金縛りを経験してしまった場合には睡眠リズムが乱れていることを体が示してくれていることを意味しています。つまり、通常の睡眠リズムであれば、ノンレム睡眠からレム睡眠へと入り、金縛りなどを経験することなく健康的な睡眠リズムを維持することができていることとなります。

しかし、金縛りを経験するということはレム睡眠が睡眠時から現れているという、通常の睡眠メカニズムが乱れていることを読み取ることができます。そのため、金縛りを経験した時にはご自身の生活にストレスがないかということや生活リズムに乱れがないかということを検討するきっかけとなります。

なお、金縛りは生涯で4割程度の人が経験することがあると言われています。これはストレスが蔓延してしまっている現代社会において、睡眠のメカニズムが乱れてしまうほど生活リズムに悪影響を与える生活を強いられてしまっていることの表れとして理解することも可能です。

その他、金縛りは時差ボケが生じ、体内時計のメカニズムが乱れてしまった場合にも生じると言われています。このように金縛りは睡眠状態の乱れや体内リズムの乱れなど様々な要因から誰にでも生じる可能性があるということができます。

自律神経にやさしい音楽
メンタル・フィジック
デラ (2007-07-25)
売り上げランキング: 357

金縛りのメカニズムについてのまとめ

以上、本稿で述べました金縛りのメカニズムをまとめますと以下のようになります。

  • 金縛りは怪奇現象などではなく、睡眠リズムによってそのメカニズムを説明することが可能です
  • つまり、睡眠中にレム睡眠が前面に押し出されることによって、体は眠っているものの、意識ははっきりしているという状態が生じ、その結果、金縛りとなります
  • 金縛りの場合には睡眠のリズムが乱れていることやストレスが原因にあることが考えられるため、金縛りを経験された場合には生活リズムやご自身の生活にストレスがないかなどを見なおすなどがおすすめできます

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment