過眠症の症状の原因と治療ができる病院

医師

過眠症にはどのような症状が伴うのでしょうか?

過眠症は寝すぎてしまう病気、と思われるかもしれませんが、本当のところは少し違います。過眠症の症状は日中の寝てはいけない場面で居眠りをしてしまうことが特徴的です。会議中や仕事中、食事中、会話中、運転中などに何度も居眠りをしてしまうのです。日中に何度も居眠りをしてしまうという症状があるなら、一度過眠症の検査を受ける必要があるでしょう。

では過眠症はどのようなことが原因で引き起こされるのでしょうか?また過眠症を治療するためには何が必要なのでしょうか?この記事ではこれらの点についてご紹介してみたいと思います。是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

過眠症の原因を突き止める

悩む男

突然居眠りしてしまうという過眠症の原因には色々なことが関係しています。では具体的にどのようなことがあるのかご紹介してみたいと思います。

過眠症の原因その1:うつ病

過眠症の症状はうつ病によって引き起こされることがあります。うつ病は精神疾患として有名な病気です。うつ病によって過眠症になっているなら、まずはうつ病を治療する必要があります。うつ病の治療として行なわれる方法は、しっかり休養すること、抗うつ薬の服用、専門家に悩みを聞いてもらう精神療法などがあります。

過眠症の原因その2:尿毒症

あまり聞きなれない名前の病気かもしれませんが、尿毒症も過眠症の症状が出る原因となります。尿毒症は腎不全に伴う症状です。血液中の尿素が尿の中にきちんと排出されずにそのまま残ってしまう病気です。この病気になると過眠症のほかにも拒食症や活力の低下、知力減少や昏睡などの症状がみられることがあります。

過眠症の原因その3:ナルコレプシー

ナルコレプシーは脳に異常があるために日中に激しい眠気に襲われる病気です。この病気も過眠症の症状が起きる原因となります。ナルコレプシーの症状には、笑いや喜びによって感情が高ぶった時に突然力が抜けて倒れてしまう、呂律が回らなくなるという症状がみられます。また、睡眠に入る時に現実感が強い幻覚を見ることがあります。また金縛りや、寝ている間に覚醒する、熟睡が困難、などの症状がみられることもあります。

過眠症の原因その4:睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群も過眠症の原因となります。睡眠時無呼吸症候群は何らかの原因で喉の気道がふさがってしまい、寝ている間に息ができなくなる病気です。息ができなくなって苦しくなり何度も目が覚めてしまう、または熟睡できないということになるでしょう。この病気は寿命を縮める原因になると言われていますのでなるべく早く病院で治療することが大切です。

ここまでで、過眠症の原因となる病気を幾つかご紹介致しました。では過眠症を治すためにはどうする必要があるのでしょうか?幾つかご紹介してみたいと思います。

過眠症を治療する方法

過眠症の症状は正しく治療しなければ重大な病気の原因なることがあります。適切な病院を受診して正しく治療しましょう。では過眠症が疑われる場合にはどのような病院を受診すると良いのでしょうか?幾つかご紹介してみたいと思います。

心療内科

過眠症の原因がうつ病などの精神疾患である場合は心療内科での治療が必要になります。診療中で自分の悩みを聞いてもらい、適切な薬を処方してもらうことによって、うつ病が原因の過眠症を治すことができるでしょう。

神経内科

脳障害が原因で過眠症になっている場合は神経内科での診察が必要になります。神経内科では脳にどのような病気があるかを判断し、手術が必要な場合は脳神経外科に行く必要があるでしょう。

呼吸器内科

睡眠時無呼吸症候群が原因で過眠症になっている場合はこの病院を受診する必要があります。呼吸器内科は風邪や、気管支炎、肺炎、喘息の治療を行なう病院ですが、睡眠時無呼吸症候群も呼吸器内科で治療が行われます。

耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科は耳、鼻、喉の病気を扱う病院、というイメージがあるかもしれませんが、実際にはもっとたくさんの疾患を対象にして治療を行なっています。気管や食道、平衡感覚、味覚に関する治療を行なう場合もあります。

耳鼻科では過眠症に関しても治療や診断が行われる場合があります。脳の病気や睡眠時無呼吸症候群が原因で過眠症になっている場合、耳鼻科で診断されて神経内科もしくは呼吸器科に紹介される場合があります。

自律神経にやさしい音楽
メンタル・フィジック
デラ (2007-07-25)
売り上げランキング: 268

まとめ:過眠症の原因を見つけるために色々な病院で診察してもらいましょう

この記事では過眠症の症状の原因となる病気と、過眠症の症状を治療するための病院についてご紹介させていただきました。参考にしていただけたでしょうか?

過眠症の原因には色々な病気が関係しています。過眠症を効果的に治療するためには色々な病院で診察してもらう必要があるでしょう。納得がいくまで検査をしてもらい過眠症の症状を解消しましょう。是非この記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment