睡眠の悩みの一つである過眠症の意味とその原因

昼寝する男

睡眠の悩みというと、なかなか眠れないという不眠症を思い浮かべる人が多いですが、過剰に眠いという過眠症も睡眠の悩みとして挙げられます。

過眠症はあまりなじみのない病気の名前ですので、過眠症とはどのような病気なのかその意味を知った上で、過眠症の原因についても紹介します。寝過ぎに悩んでいるという方は、自分に当てはまることがあるかどうかチェックしてみてください。

スポンサーリンク

過眠症とは?

昼寝する男

過眠症は、単なる疲れとは違い、日中に過度の眠気に襲われたり、長時間の夜間睡眠が繰り返されたりするような症状のことです。比較的若い人が多く発病すると言われていて、青年期や若い成人の段階で見られることが多いのですが、それ以外の年代も注意が必要です。

過眠症の場合、夜中に眠れなくて疲れてしまうのではなく、仕事中や食事中、会話の途中など、日中寝るべきではないような時にも、何度も居眠りをしてしまいます。しかし、居眠りをしても症状が緩和されるということはほとんどありません。症状がひどい場合には、家庭や社会生活、仕事などでも、能力が欠落してしまうと言われています。例えば、不安やいらだち、活力の欠乏、落ち着きがなくなる、思考や発声の遅延、食欲不振、幻覚、記憶障害などがあります。

診断基準としては、最低2週間で常に一日10時間以上の睡眠をとっている、または日中に何度も居眠りをしてしまうという場合などに過眠症と診断される場合があります。

過眠症の原因とは?

過眠症の原因には、さまざまなものがあります。
過眠症を起こす病気もあり、代表的なものの中には、ナルコレプシーや睡眠時無呼吸症候群、反復性過眠症、突発性過眠症、むずむず脚症候群、周期性四肢運動障害、概日リズム睡眠障害などがあります。身体疾患だけでなく、精神疾患に伴う日中の過眠や、薬の副作用、不適切な睡眠衛生などが挙げられます。

ナルコレプシーは、思春期から青年期に多く見られる病気で、居眠り病とも言われています。生活の中で耐え難い突発的な眠気に頻繁に襲われる病気であり、眠気だけでなく、金縛りや寝入りばなの幻覚、大笑いしたり興奮したりした時などに突然筋肉の力が抜ける情動脱力発作なその症状があります。ナルコレプシーの原因については、現段階ではまだ解明されていません。

睡眠時無呼吸症候群を患っている日本人は、約200万人いると推定されており、病気の自覚がないまま生活して過眠症を引き起こしている場合があります。睡眠時無呼吸症候群を起こす危険因子の一つとして肥満がよく知られています。

過眠状態が数日間から数週間続く状態を不定期に繰り返す反復性過眠症もあります。まだ、その病態についての研究はあまり進んでいません。

原因が分からない病気がありますが、一方で抗ヒスタミン薬や抗てんかん薬、抗精神病薬などの薬の副作用によるものや、生活リズム・睡眠の質や量に問題を抱えて不適切な睡眠衛生によって過眠症を引き起こしていることもあります。

過眠症をチェックしよう

過眠症かどうかをチェックする方法があります。エップワース眠気尺度を使った自己診断が一つの目安になります。これは、世界中の医療や産業保健の現場でよく使われているくらい信頼性の高いテストです。少しでも気になることがある人は、チェックしてみてください。注意点としては、最近の平均的な昼間の状態を想定して答えるということです。

以下の質問の中で、眠ってしまう状況がありますか。絶対ない場合は0点、たまにあるという場合は1点、よくある場合は2点、いつもある場合は3点で計算してください。

  • 座って読書をしている時。
  • テレビを視聴している時。
  • 会議や映画館など、人が大勢いる場所で座っている時。
  • 他人が運転する車に乗って、1時間くらい休憩なしで乗っている時。
  • 午後、横になって休憩している時。
  • 座って人と話をしている時。
  • 飲酒をしていない昼食後に、静かに座っている時。
  • 自分が運転して、踏切や信号で数分間待っている時。

得点の合計が高いほど、日中の眠気を強く、得点が低いほど眠気は弱いと判断できます。合計得点が11点以上の場合には、眠気が何らかの病気によるものという可能性があります。すぐに睡眠障害の専門医を受診した方がいいでしょう。

ただし、このチェックは主観的なものですので、得点が低くても過眠症が当てはまるということもあります。気になることがある方は、客観的な眠気の検査と合わせて総合的に診断を行ってもらいましょう。

9割の不眠は「夕方」の習慣で治る (SB新書)
白濱 龍太郎
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 149,175

まとめ:過眠が気になる場合には速やかに適切な診断をうけて治療しよう

過度に寝過ぎる状態が頻繁に起こる場合には、過眠症という可能性があります。
過眠症の原因には、ナルコレプシーや睡眠時無呼吸症候群、反復性過眠症などの身体疾患だけでなく、精神疾患に伴う日中の過眠や、薬の副作用、不適切な睡眠衛生などが挙げられます。

過眠が気になる場合には、病気が潜んでいることもありますので、速やかに専門医に相談して、適切な診断と治療をしましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment