忙しいあなたに試して欲しい!仮眠を効果的にとるための5つのポイント

仮眠する男

私たちは毎日睡眠をとります。しかし毎日忙しく、なかなか睡眠が十分にとれていないという方も多いのではないでしょうか。睡眠不足が続くと、必ず昼間眠たくなります。そして寝てはいけない!と眠気をこらえる方がほとんどだと思います。眠たいときに眠れないことほど辛いことはありませんよね。そのようなときに効果があるのが、仮眠です。

実は仮眠は、脳の働きがアップすることが今日の調べでわかっているんです。本記事では、仮眠がどれほど私たちに効果があるのか、そして仮眠を効果的にとるための5つのポイントをご紹介します。昼間いつも眠たくなるという方は、本記事をご参考に仮眠を生活に取り入れてみてくださいね。

スポンサーリンク

昼間眠たくなる理由

仮眠の男

私たちが昼間眠たくなるのは、睡眠不足がまず1番の原因といえるでしょう。前日、眠るのが遅くなってしまったら、次の日がしんどくなるのは当然です。しかし睡眠不足以外にも、眠気があなたを襲うのには理由があるんです。

私たちは、1日24時間のサイクルの中で生活していますよね。その中で大体23時から24時くらいに眠たくなり、睡眠をとって朝起床し、1日の活動がまた始まるという毎日かと存じます。眠たくなるのも、この「24時間」という時間に沿っています。しかし、この24時間とは別に、私たちには12~15時間のサイクルも存在するんです。もし夜24時に就寝したとすれば、大体昼間の12~15時くらいにまた眠気があらわれるのです。昼間に眠たくなるのは、ごく自然な私たちの体の仕組みだったのですね。

そして昼間に眠たくなったとき、無理に我慢するのはよくありません。仕事や勉強、家事が手につかなくなってしまい、精神的に疲れてしまうこともあるでしょう。実は昼間眠たくなったとき、少しの仮眠をとるだけで脳の働きがアップするんです。次に、仮眠の効果についてみていきましょう。

仮眠の効果

かの有名なトーマス・エジソンもよくとっていたという仮眠、実はさまざまな効果があるんです。次の5つが、その効果としてあげられるものです。

  • 注意力のアップ
  • 判断力の向上
  • 記憶力のアップ
  • 目の疲れの回復
  • 情報処理能力の向上

睡眠が、脳を活性化するということは有名ですが、少しの仮眠も同じことです。眠気と戦うよりも少しの仮眠をとったほうが、その後の活動を効率的かつ正確に行うことができるといえるでしょう。ですが、ただ仮眠をとればよいというわけではありません。仮眠の方法を間違えると、余計眠たくなってしまったり、夜眠れなくなるということを引き起こす可能性もあります。次に、仮眠を効果的にとるための5つのポイントをご紹介します。

仮眠を効果的にとるための5つのポイント

仮眠を効果的にとるための5つのポイントとは、次の通りです。

  • 仮眠をとるのは20分を目安に
  • 仮眠する前にカフェインを摂取する
  • 体は冷やさないようにしておく
  • なるべく静かな場所で
  • 目覚ましをセットしておく

では次に、上記の5つのポイントについて詳しくみていきましょう。

仮眠をとるのは20分を目安に

仮眠をとるのは大体20分を目安にしましょう。私たちの睡眠には、浅い眠りから深い眠りまで4つの段階があります。浅い眠りである1、2段階の状態で目を覚ますとスッキリ目覚めることができます。この1、2段階の眠りが約20分なのです。深い眠りである3、4段階の状態で目覚めてしまうと、頭がボーっとして疲労感が残ってしまうので注意してくださいね。

仮眠する前にカフェインを摂取する

カフェインは、脳を覚醒させる作用があります。そしてカフェインは、摂取してから約20分後にその効果があらわれます。つまり、カフェインを摂取して仮眠を20分ほどとると、目覚めると同時にカフェインが脳を覚醒させスッキリと起きられるのです。カフェインが含まれているものとしては、コーヒーや緑茶などがあげられます。

体は冷やさないようにしておく

20分の間でぐっすりと眠るためには、体を温めてあげましょう。冷えないように、ブランケットを軽く肩にかけるとよいですよ。また足元を冷やさないように、ひざかけなどをひざの上に乗せておくなど、ちょっとした工夫をすると、より快適に仮眠をとることができるでしょう。

なるべく静かな場所で

にぎやかな場所で熟睡するのは、よっぽど眠たいときしかできません。なるべく静かな場所で仮眠はとるようにしましょう。やむおえず、にぎやかな場所で仮眠をとらなければいけない場合は、アイマスクや耳栓などの安眠グッズを使用するのも1つの方法です。

目覚ましをセットしておく

ほとんどの方が、仮眠をとるとしたらお昼休みかと存じます。寝過ごさないためにも、目覚ましをしっかりとセットしておきましょうね。ご自宅で仮眠をとるという方も、前述で述べた通り20分以上寝てしまうと、体は熟睡モードに入ってしまいます。そのためにも、目覚ましは必ずセットすることをおすすめします。

Dream Essentials 立体型アイマスク Sweet Dreams ブラック
Dream Essentials
売り上げランキング: 435

まとめ:20分の睡眠で脳の活性化と眠気を予防

本記事では、仮眠がどれほど私たちに効果があるのか、そして仮眠を効果的にとるための5つのポイントをご紹介してきました。もう1度、その5つのポイントをおさらいしましょう。

  • 仮眠をとるのは20分を目安に
  • 仮眠する前にカフェインを摂取する
  • 体は冷やさないようにしておく
  • なるべく静かな場所で
  • 目覚ましをセットしておく

昼間眠ると、夜眠れなくなるかもしれないと仮眠を控えてしまう方もいらしゃるかもしれません。また、昼間休みの最中はあまり眠くないという方もいらっしゃるでしょう。しかし、20分の睡眠はあなたの脳を活性化し、午後からの眠気を予防することができるのです。ぜひ、本記事でご紹介したポイントをおさえて仮眠をとり、その効果を実感してくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment