体のツボを押して快眠する!快適に眠るためのマッサージ

夕焼け

体には快眠効果があるツボが体の随所にあり、この快眠効果があるツボを刺激することで
ゆっくりと眠ることが期待できます。

ツボ治療の効果は、確かに科学的には証明されてはいません。しかし、東洋医学の長い歴史と私たちの経験により、ツボを刺激することで健康に良い影響を与えることが経験的にわかっています。そして快眠に効果があるツボもあります。

本稿では、快眠効果があるツボの紹介を中心としつつ、とツボ刺激以外の方法によっても快眠効果が期待できる方法をまとめていきます。

スポンサーリンク

ツボ治療の経験的根拠

ツボ

ツボ治療は東洋医学で経験的に確認されているものです。

ツボは東洋医学では正式には、経穴(けいけつ)と呼びます。ツボ治療は、西洋医学をベースとしている現在の医学では根拠が完全に解明されているものではありません。身体の神秘などとして、疑問視する向きもあります。

しかし、長い年月と経験によってツボ治療の効果は、その価格的根拠は判明していなくとも、効果があるものとして認知されています。また、鍼治療もツボに対して刺激を与えるものです。また、ツボ治療は自分で手軽に行うことができるという意味でも魅力的です。

ツボ治療には不眠症をはじめとした睡眠障害にも効果があるものがあります。快眠に効くツボとしてはどのようなものがあるのでしょうか。

快眠に効果がある様々なツボ

快眠効果があるツボは体の随所に存在しています。例えば、眉と眉の間にある印堂(いんどう)というツボは快眠効果があります。この印堂というツボを100回程度こすりながらマッサージすることで快眠を助ける効果を期待することができます。

また、頭のてっぺんにあるのが百会(ひゃくえ)というツボです。百会も刺激することで快眠効果を期待することができます。百会の刺激はお風呂で頭を洗いながら、睡眠前にベットの上で座りながらなどの姿勢で頭を揉みしだくようにマッサージをすれば自然に刺激をすることができます。

頭部や顔以外にも快眠効果があるツボとしては、手にあるツボが効果的です。手のひらの中心にある労宮(ろうきゅう)というツボは気持ちを落ち着ける効果があるので、快眠を援助します。また、中指の爪の付け根(親指の方)を刺激することも快眠効果を高めます。このツボは中衝(ちゅうしょう)といい、こちらも気持ちを落ち着けます。

その他、足などにも快眠効果を期待できる様々なツボがあります。このように体中に点在している様々な快眠効果があるツボを刺激することで、手軽に安眠することができるようになることが期待できます。

ツボ刺激以外の手軽な快眠法

このようにツボ刺激による快眠取得方法は、手軽で即効的な快眠効果を期待することができます。ただ、ツボ刺激だけに頼るのではなく、他の方法も併用することでより一層の快眠効果を期待することが可能となります。

ツボ刺激以外の方法による快眠方法としては、例えば、足を温めるという方法があります。具体的には40度前後のお湯を利用して足を温めると体全体の血行が良くなり、快眠効果を促進させます。また、よく言われる方法ですが、睡眠前にホットミルクを飲むということも快眠のためには効果的です。睡眠前にクラシックなどを聞くということも快眠効果を高める方法として有名です。

さらに睡眠時間を調整することで快眠効果を期待することも可能です。つまり、深夜10時から2時までは睡眠のゴールデンタイムと呼ばれ、この時間帯に睡眠をとることで成長ホルモンが分泌され、快適な睡眠をとることが可能となります。このように快眠効果を得るためには、ツボ刺激に加えて、他の方法も併用することで、快適に睡眠をとることが可能となります。

なお、快眠ができない場合、まれではありますが、精神的・身体的な疾患が原因となって、快眠をとることができないというケースもありえます。例えば、睡眠時無呼吸症候群とよばれる状態に陥っている場合には、睡眠中の呼吸が十分ではないことから、安眠をすることができず、すっきりとした快眠を味わうことができないというケースがありえます。

快眠することができない場合には背後に病気の可能性があることは十分に注意されることが必要です。

ウッドマッサージ棒 握りタイプ
ウッドマッサージ棒 握りタイプ
posted with amazlet at 13.10.22
BAGUS(バグース)
売り上げランキング: 610

ツボ治療と快眠効果のまとめ

以上述べましたように、ツボを刺激することで快眠効果を得ることが可能となります。本文で述べさせていただいた快眠のための具体的なツボは以下のようなものとなります。

  • 快眠のためのツボ1:印堂・眉と眉の間にあるツボ。揉むようにして100回程度刺激をする
  • 快眠のためのツボ2:百会・頭頂部にあるツボ。頭全体をマッサージするような形で刺激をする
  • 快眠のためのツボ3:労宮・手の中心部。
  • 快眠のためのツボ3:中衝・中指の爪の間(親指側)

これらのツボを刺激するとともに、音楽や飲み物の摂取など他の方法も併用しつつ、素敵な快眠を取ることができることを願っています。また、万が一、快眠することができない原因が何らかの疾患にある場合には早めに専門医の治療を受けられてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment