快眠におすすめのアロマを使って不眠解消!

アロマキャンドル

私達は、職場、家庭、学校など様々な環境でストレスを感じながら生活をしています。ストレス社会と言われているように、現代ではそれぞれがその解消方法を模索しながら生きていかなければいけません。

中でも、ストレスによる不眠という症状はもっとも辛いストレスとも言えるでしょう。通院しながら、又は薬局で購入した薬に頼りながらそれらを乗り切る人も多いでしょう。十分に眠らないと朝もすっきり起きられず、さらに精神的に悪循環となります。薬は身体にも負担を掛けてしまいますし、できることなら身体に負担を掛けずに快眠を取り戻す方法があれば良いですよね。

そこで今回は、身体に優しいアロマで快眠を取り戻す方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

快眠におすすめのアロマを知ろう

寝ている男

そもそもアロマテラピーって何だか知っていますか?

アロマには色んな種類の精油があり、それらを香らせてアロマテラピーを楽しむには様々な方法があります。その方法も紹介していきますが、まずは快眠に効果的な香りの精油を紹介していきましょう。

ラベンダー

うつ、ストレス症状やショック状態、神経の緊張、不安を和らげて安眠を誘う効果があります。一般的に用途が多く、香りにも癖がなく使いやすいオイルです。殺菌作用、鎮痛作用もあり、虫刺されや火傷の手当にも使用することができます。

カモマイル

不安や怒り、緊張、恐怖などの心を和らげてくれる力を持ったオイルです。リラクゼーションを促し、気苦労を和らげ、忍耐心と平安をもたらしてくれます。香りはフルーティな甘いりんごのような香りがします。

ゼラニウム

神経性の緊張、不安や抑うつを鎮めてくれます。にきびや湿疹、火傷や皮膚炎にも良いとされています。薔薇の香りに似ており、甘い中にもミント調のフレッシュな香りがします。

ネロリ

不安、うつ症状、神経の緊張、ショックやストレス症状、情緒不安を和らげます。交感神経を鎮静させるのでゆったりした気分になります。香りは、さわやかで甘いフローラル調の香りです。

マジョラム

極度の緊張、神経性の緊張、不安、精神的外傷などを和らげます。また衝動的、自己抑制がきかない時など心を安定させてくれます。香りは、温かく木質のスパイシーかつカンファ―調のナッツのような薬草のような香りです。

オレンジ

暗く、抑うつ的になったときに、心に光が差し込んだような明るい気分になります。神経性のストレス症状や緊張を和らげます。また、胃痛や腸の働きも助けてくれます。香りは、柑橘系のさわやかでフルーティな強い香りです。

アロマを使用した快眠方法を知ろう

様々な快眠におすすめのアロマオイルが分かりましたね。

では、それらを使用した快眠方法とは一体どんなものなのでしょうか。数々の方法を紹介していきましょう。

眠りを誘うアロマ・バス

上記に紹介したお好きな香りのアロマオイルを、38℃前後のややぬるめのお湯を張ったバスタブに最大6滴まで垂らします。肩までしっかりつかりましょう。お風呂は副交感神経も優位になりますので、緊張や不安といった気分を鎮めてくれ、快眠をいざなってくれます。

浅い眠りに効果的なアロマ吸入法

上記のアロマオイルは、神経の高ぶりを鎮めてくれます。お好きな香りのオイルを、眠る予定時刻の1時間ほど前に、ハンカチやティッシュ・ペーパーに染み込ませます。眠るまでに香りを楽しんで、眠るときは枕元に置いてかすかな香りを感じましょう。

マグカップアロマで快眠へいざなう

マグカップに90℃のお湯を入れて、そこへオイルを3滴ほど垂らします。マグカップの中の香りを楽しんでください。香りは短時間しか持ちませんが、香りを嗅ぐだけで気分も随分と違ってきますよ。

また、朝すっきりとした気分で目覚めるには朝に柑橘系のオイルでこの方法を使っても良いでしょう。柑橘系の香りのオイルは、フレッシュな気分になり朝気持ちを引き締めるのに最適です。オレンジのオイルは明るい気分にさせてくれますので、朝のオイルには丁度良いでしょう。

まとめ:アロマをじょうずに楽しく使用することで快眠生活を手に入れる!

薬を使用せず、好きな香りを使って快眠へと神経をいざなえる方法が、アロマテラピーで可能になることが分かりましたね。

では、快眠におすすめのアロマをもう一度、確認してみましょう。

  • ラベンダー
  • カモマイル
  • ゼラニウム
  • ネロリ
  • マジョラム
  • オレンジ

そして、アロマを使用した快眠方法のまとめです。

  • 眠りを誘うアロマ・バス
  • 浅い眠りに効果的なアロマ吸入法
  • マグカップアロマで快眠へいざなう

いずれもとても簡単な方法ですので、就寝前にぜひ取り入れてみてください。

オイルを購入する際は、雑貨屋でも構いませんが、精油の品質の高さなどを考えると、アロマ専門店などで購入されることをおすすめします。

そして、効能も大事ですが、自分がリラックスできる香りのものを選んでください。気分がリラックスできることが一番大切となってきますからね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment