花粉症対策のためにも行きたい病院

病院

花粉症のシーズンがやってきました。花粉症の方にはつらい時期ですね。

また、いままではなんともなかった方でも、花粉症は突然発症することがあります。花粉症の発症はアレルギー反応ですから、花粉症対策を行っておくことで花粉症の諸症状を和らげることができます。

しかしながら、花粉症対策のためにも、治療のためにも一番いいのが病院にいくことかもしれません。レーザー治療はじめ、様々な最新治療があります。最近では花粉症外来とよばれる花粉症の専門外来が設置されている病院も増えてきました。

この記事では、花粉症対策のためにいくべき病院の選び方についてご紹介致します。

スポンサーリンク

花粉症の病院を選ぶポイント

花粉症は80年代から国民病として多くの人を苦しめてきました。海外でも花粉症に類似した症状は広く知られており、花粉症対策は環境省を始めとして様々な医療機関でも行われてきました。

まずは何科にいくべきか

病院

まずは何科にいくべきかという点です。症状が重い方には薬物治療が有効ですが、この花粉症の薬は通常アレルギーに使われる薬とも一致しています。花粉症対策に使われる薬では、薬もよく効いて副作用の少ないものがたくさんあります。

花粉症の治療は、耳鼻科、眼科で行えます。鼻の症状が辛い時には、耳鼻科で診療をうけ、目が痛む場合には眼科にいくのがよいでしょう。一方で、花粉症の症状が重い場合や、とくに鼻炎がひどい場合などには花粉症外来や鼻炎専門外来などがある専門の医療施設にいくのもよいでしょう。ほか、病気においては内科や小児科などでの治療もよいでしょう。妊娠している時には婦人科に行きましょう。

花粉症治療の大原則

花粉症は季節ものですから、症状に応じて通う病院は耳鼻科や眼科で対応できます。最近ではアレルギー治療の方法も様々な学校で広まりましたから、薬の処方も専門医じゃないと処方できないような複雑なものはほとんどありません。

受診する上での注意としては、まず花粉症対策には長い期間の治療が必要となることです。花粉症を完治させる方法はほとんどないのが現状ですので、症状を緩和し、花粉症を軽減させるようにするためには毎年通う必要があります。

また、花粉症以外のアレルギーを併発する可能性も否定できません。日常のこまやかな注意も含めて、自身の「かかりつけ」の医者を見つけたいものです。その点から、なるべく家や職場に近くて、継続して通いやすい医者を選ぶのがよいでしょう。

症状が重い場合の対処法

継続的な症状で、比較的症状が軽い場合や投薬治療で回復可能な場合には、かかりつけの近くのお医者さんでも構いません。しかしながら、症状が重たい場合には花粉症外来などを受けるのもよいでしょう。東京都内などに複数あります。

また、耳鼻咽喉科、眼科、内科、小児科、皮膚科、アレルギー科などで治療が受け入れられますが、どの科にいくのか悩んだ場合には「一番症状がつらいところ」を相談できる診療科での受診を試みましょう。

いつ病院に行くのか

症状が重たくなってから病院に行かれる方が多いと思いますが、花粉症での治療の場合、そして前年以前から花粉症が重たい場合には、花粉症シーズンになる前に相談にいくのもよいでしょう。

なぜならば、通常病院で処方される花粉症薬は効果がでるまでに2週間程度の時間がかかるのです。症状が軽い内に飲み始めると、治療効果も得やすく、副作用の低い弱い薬で治療が可能になります。

こうした治療法を「初期療法」といって、花粉症治療の中でも注目されている治療法です。花粉飛散の前から受診することで、様々な花粉症対策をうつことができます。たとえば、シーズン中に使うマスクなどを大量に安価なうちに入手することができますし、花粉症シーズンに入ってくる前に比較的安価な治療薬をもらうことができます。

最先端治療を受けたい時

最先端治療やレーザー治療を受けたい時には、花粉症に対する治療に実績がある病院を選びましょう。レーザー治療は保険が効きますが、ほかの最先端治療には保険がきかないものもあります。

専門病院に行くなら

花粉症外来や専門病院に行く場合には事前によくHPなどを確認してから行きましょう。
これらの専門病院の選びかたなどについては「最先端治療が受けられる花粉症治療病院の選び方
」でもご紹介いたしました。あわせてご参照ください。

まとめ:花粉症対策は身近な病院でも大丈夫

花粉症シーズンに入る前に花粉症対策のために病院にいきましょう。病院は自分の一番症状が重たいところの科にかかれば大丈夫です。

花粉症対策のために専門外来などにいくのもよいでしょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment