花粉症に効く薬の選び方

薬を飲む女性

花粉症に悩まされている方の一番の関心ごとは「どうしたらこの症状が減るんだろう」ということだと思います。花粉症を解消するためには、食生活の改善や空気清浄機の導入なお、様々な工夫が必要になるため一度罹患してしまうと大変です。

そうはいうものの、花粉症を軽減させるための薬も各メーカーから様々な種類のものが発売されています。花粉症は鼻水やくしゃみ、目のかゆみなど様々な症状があるため、それぞれに合わせた医薬品が販売されています。

点眼薬、点鼻薬、内服薬などの他に、空気清浄薬などもあります。

スポンサーリンク

花粉症の薬とは

目薬を指す男

花粉症は花粉やハウスダストなどのアレルゲンによる免疫反応によって引き起こされるアレルギーの一種です。ここではヒスタミンと呼ばれる物質が受容体結合することで様々な免疫反応が引き起こされているのですが、こうした免疫反応を完全に抑えこむことは危険でもありますし、花粉やハウスダストだけの免疫反応を抑える薬などもまだ発明されていません。

つまり、花粉症を完全に治すための薬はまだ開発されていないのです。花粉症を減らすためには、早期治療や初期治療、それから抗ヒスタミン剤などの服用が効果的です。

しかしながら、現在の花粉症薬は症状ごとに対処療法的に利用されるものが非常に多く、症状にあわせた使用が望ましいと言われています。花粉症の場合には市販薬と医療用の薬とで成分が全く異なるといったこともないようです。市販薬でも十分な効果がきたいできるのですが、抗アレルギー剤も様々なものがあり、体にあうものやあわないものがあるようです。

様々な種類がある花粉症の薬

花粉症の薬には様々な種類があります。

  • 内服薬……錠剤や液体などの内服薬。顆粒のものが多く、漢方薬などに多い。現在では最もメジャーなタイプの薬です
  • 点鼻薬……鼻に差し込んで塗布、あるいは噴射するタイプの薬です。鼻の粘膜に直接作用するため、咳や鼻水、アレルギー性鼻炎などに効果を発揮します。医療用のものもあり、病院で処方してくれるものもあります
  • 点眼薬……目薬のタイプです。アレルギーを抑え、角膜保護をする成分が入っています。他のタイプの目薬に比べてやや値段が高めのものが多いようです。こちらも医療用
    の製品があります。
  • 空気清浄材……塩素やアルコールが気化することで除菌を行う空気清浄剤も注意して利用すれば効果があります。花粉のアレルゲンを破壊する効果があるので、特に花粉がひどい時期には効果があります

他にも口にふくむタイプの花粉症薬なども認可されています。多くの花粉症薬では医療用に使用されている成分を含んでいるので、効果も折り紙つきの場合が少なくありません。

アレルギー反応を抑える成分

こうした薬には、アレルギーを抑える成分「抗アレルギー剤」と、免疫反応で大きな役割を果たすヒスタミンと呼ばれる物質が受容体結合してくしゃみや鼻水、目のかゆみなどを引き起こすのを止める「抗ヒスタミン剤」が配合されていることが多いのです。

以前の抗ヒスタミン剤は、眠くなるものが多く寝る前にしか使えなかったり、車の運転前には使えなかったりと様々な問題がありましたが、近年の花粉症薬、アレルギー薬には眠くならない成分が入っていることが多いので、安心して一日中使えるようになりました。

なお、漢方薬については、「花粉症に効く漢方薬」で記した部分も少なくありません。あわせてご参照くださいますよう。

それでは、以下に人気の花粉症薬をご紹介いたします。

アレグラFX

久光製薬の「アレグラFX」はしっかりと効く医療用成分を医療用と同じ量配合したアレルギー専用の鼻炎薬です。「フェキソフェナジン酸塩」が有効成分となり、花粉によるムズムズする感覚を抑えてくれます。眠くなりにくく、口も乾きにくい上、空腹時にも服用できる点がとてもよいですね。

最近では非常に高い評価を受けている薬です。

ウイルスブロッカー

空間除菌ブロッカー、ウイルスブロッカーと呼ばれる固形二酸化塩素剤を使った商品が最近販売されています。「見えないマスク」と呼ばれる通り、塩素の気化をつかった除菌効果を狙ったものですが、効果は人それぞれ。しかしながら、花粉等にもアレルギー反応を減らす効果があるため期待ができます。

ただし、成人で健康な時につかうようにしましょう。その場に置きっぱなしにしたり、ぶら下げっぱなしにしていると危険です。あくまでもあまりにも花粉がひどい時の最後の手段という形で使ってください。また、服を痛めてしまうことがありますので、それも注意したいところです。

まとめ:花粉症の薬は様々。症状にあったものを使いましょう

花粉症の薬は症状や部位にあわせて様々なものが発売されています。それぞれのタイプに合わせて利用してください。「見えないマスク」こと、ウイルスブロッカー等も効果がありますが、使用上の注意をよくまもって使うようにしてください。

花粉症の薬は医療用のものとほぼ同じ成分の物が市販薬でも購入できますので、いくつか試してみるというのもいいでしょうね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment