重症化した花粉症を治す方法

広告ロゴ
つらい

花粉症にかかると発症してしまう症状は人によって様々ですが、そのつらさはしょじょうの程度によって随分違います。割合に軽度の症状であればさほど気にすることなく花粉症シーズンを乗り切ることもできますが、住所にもなるとなかなかそういうわけにもいきません。

では、花粉症がそういった症状になると重症と言えるのでしょうか?また、重症になってしまった花粉症を改善するには一体何をすればいいのでしょうか?今回は花粉症の症状が重症になってしまった場合のことについて紹介していきましょう。

スポンサーリンク

重度の花粉症とはどのようなもの?

はじめに、花粉症の症状と共にその症状の重さについて見ていくことにしましょう。

花粉症の代表的な症状

目つらい

花粉症が重症かどうかに関わらず、その代表的な症状というものがあります。どのような疾患においても典型的な症状というものがありますが、それは花粉症にも当てはまります。

具体的にどのような症状かというと主に目の症状と鼻の症状がありますが、どちらもひどくなるとつらい症状ばかりです。

目の症状で現れるものには目の痒み・充血・目ヤニ・涙が止まらない・痛みがある・瞼が張れる・視界が悪くなると言ったものがあります。鼻に現れる症状にはくしゃみ・鼻水・鼻づまり・痒み・腫れなどがあります。

これらの症状が出てくると花粉症の疑いがあるという事が考えられますが、軽度の場合には風邪などの症状ともよく似ていることもありなかなか花粉症と気づくことはないかもしれません。

花粉症が重症と判断できるケースとは

では、このような症状がどの程度出ていたら重症と言えるのでしょうか?

一般的にはくしゃみや鼻水が出て軽い鼻づまりがあったりしても、日常生活に支障が出ていなければ軽度と判断するようです。

中度の症状というのはこれらの症状が原因で鼻で呼吸をしづらくなっている状態を言います。鼻の症状に加えて目の症状においても違和感を感じる状態には中度の症状という事ができます。

花粉症が重症になると、日常生活にかなり支障が出てきます。鼻での呼吸が困難になっていたり、通常の日常生活が送れなかったり、目の症状で車の運転に不安を感じたりするようであれば、少し変な表現かもしれませんが立派な花粉症の重症者という事ができます。

重症になると厄介な事

花粉症が重症に至ってしまうと、日常生活がまともに遅れなくなることのほかにも様々な厄介ごとが出てきます。というのも、花粉症などに代表されるアレルギー反応というのはその程度があまりに重くなると薬などでの効果を得ることが大変難しくなるという事です。

花粉症の症状を抑える薬というのはアレルギー反応を抑制するものが殆どですが、アレルギー反応が強く出ている場合にはこれらの薬にすら反応を示す場合も出てきてしまいます。こうなってしまうと、なかなか花粉症の症状を改善することは難しくなってしまう訳です。

花粉症が重症になった時にどうすればいいか

では、薬の効果も得られなくなるほど花粉症の症状が重症になってしまった場合、一体何をすればいいのでしょうか?

アレルギー反応の原因を確かめる

花粉症を引き起こすのはもちろん花粉症ですが、アレルギー反応は単に花粉のみで発症するわけではありません。もし花粉そのものだけでアレルギー反応を示すのであれば、昔の人も現代人と変わらず花粉症にかかっていたはずです。

現代人は様々な化学物質によって免疫機能が低下していると言われており、その原因には食品添加物や合成石鹸などの石油製品が挙げられます。化学調味料などもその原因として挙げられています。

これらの物質が体内に蓄積されることで免疫機能が低下し、もともと体内にある体内免疫よりも外部から侵入してきたウィルスや細菌などの抗体作用によってできた獲得免疫の方が強くなってしまい、いざ花粉症にかかった時などに獲得免疫が過剰に反応してしまう事でアレルギー反応に至ります。

これらのアレルギー反応は人それぞれ異なりますので、まずは自分にとってのアレルギー源が一体どのような物なのかを知っておく必要があります。

免疫力を高める

人の体の免疫力が正常に働くことで花粉症のような過剰なアレルギー反応を抑えることができますから、自分にとってアレルギー源となるものを遠ざけることがまず第一です。アレルギー源を遠ざけることができたら、次に必要なのは免疫力を高めることが重要になってきます。

免疫力を高めるには、体調を整えることが肝心ですが、アレルギーに対しての免疫力を高めるには腸内環境を整えることが大切だと言われています。腸内環境を整えることで体内毒素をスムーズに排出し、免疫力の源となる様々な善玉菌を活性化することが可能になります。

腸内環境を整えるには色々なものがありますが、基本的には乳酸菌やビフィズス菌などの摂取が効果的だと言われています。

獲得した体内環境を損なわない

腸内環境をせっかく整えることができたとしても、その後の食生活や日常の環境で損なってしまう用の事があっては全く意味がありません。腸内環境を整えるとともに、それを損なう事がないように演繹力を低下させるようなものは日常から遠ざけることが大切です。

例えば、食品にも様々な添加物があることは先述の通りですが、一般的によく料理に使われているマヨネーズやマーガリン、ドレッシングに含まれる油にはトランス脂肪酸というものがあります。このトランス脂肪酸というのは消化分解がとても難しいとされる成分で、他国では食品に使用することを規制していたり禁止している国もあります。

また、健康な体作りのために販売されているサプリメントなどは人工的に生成されたものが多く、そのような物は消化されずに体内細胞に付着したまま酸化することもあるため人によってはこれらのサプリメントが逆に健康被害を及ぼすケースもあります。

自然食品にしても農薬を使っていますし、化学肥料を使って育てた野菜や果物は健康被害の原因になることも近年言われるようになってきています。

このように口にするものを言い出すときりがありませんが、なるべく気を付けていくという事が大切なのです。これはダメあれはダメという風では口にできるものがなくなってしまいますが、これとこれだったらこっちがいいという風に選ぶことをするだけでも日々の積み重ねで大きな違いが出てくるものです。

症状を一度完全に断ち切る

そして、体の環境を整えるという事は最も大切ですがそれと同時に一度アレルギーに侵されている環境を断ち切るという事が必要不可欠になります。

その具体的な方法にはレーザー治療やコブレーター治療というものがあります。レーザー治療を簡単に説明すると、その名の通り患部の粘膜をレーザーで焼くことによって炎症を抑えるというものです。コブレーター治療もれーz-治療とほぼ同じような治療方法です。

麻酔も使いますし出血も左程あるものではありません。また手術にかかる費用も毎シーズン花粉症ケアに要する費用を考えればかえって低コストで受けることができます。

ただし、レーザー治療などを行うにはアレルギー反応を発症していない時でないとその効果が半減して今いますので、花粉症のシーズンが到来する前に受けておく必要があります。

こうしてアレルギー反応を引き起こす環境を遮断することで、初めて体質改善に進むことができますから、毎年重症になるようであればレーザー治療などの治療方法と体質改善を組み合わせた根本的な解決を進めたほうが良いという事ができます。

まとめ:花粉症が重症になる前に対策を

花粉症の症状が重症になってしまうとその改善はすぐにはなかなかできなくなってしまうものです。

対症療法としてその時々の症状に合わせて医薬品を使うのもいいですが、もし重賞に発展する可能性を感じるようであれば、今後の花粉症シーズンを快適に過ごしていくためにも一度根本的な治療方法を考えていくほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。